<   2011年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
「豊かさ」とは何か、「貧しさ」とは何か。
派遣された国を豊かにすることを特命とされ
その最前線に立ち向かってボランティア活動をする自分たち青年海外協力隊。

派遣国、職種、要請内容、あるいはボランティア活動を行う本人による違いによって
それぞれのボランティア活動の在り方やアプローチが異なってくるであろうが


  派遣国を『豊か』にする


というとてつもなく大きい目的を共通項として持ち合わせているはず。

であるので
その「豊かさ」とは何か。
あるいはその対極のものとして「貧しさ」とは何か。

について常日頃から考えながら日々のボランティア活動に取り組み
自分のボランティア活動の在り方や自分自身について検証を重ねることが大切。

そしてそういった反芻作業によって
自分が行うボランティア活動の意義を見出し
自分自身が派遣されてここで活動している存在意義を確認することにもつながる。

では青年海外協力隊の共通項としての大きな目的のキーワードでもある
「豊かさ」とは何か?あるいはその対極としての「貧しさ」とは何か?

その「豊かさ」の本質を見極めることで(もちろん教えられた知識でなく、自分で発見することで)
青年海外協力隊として派遣された意義
自分が任地でボランティア活動をしている意義
というものの本質も明らかになってくるのではないだろうか。

このような考えを持って日頃から「豊かさ」についてとことん突き詰めることは
青年海外協力隊としての「特権」でもあり「義務」でもある。

派遣期間中、考えるだけの時間は十分にあるはずだ。
考える努力を怠ってはいけない。

少なくとも自分は青年海外協力隊として派遣されたときから
ずーっとアタマの片隅に置いて考えながらボランティア活動の日々を過ごしてきた。


さて
「豊かさとは何か。」
という自分に課したものに対して自分が導き出した答え。


自分が考える「豊かさ」基準となりうるキーワードは

  『選択肢』

つまり自分が考える「豊かさ」「貧しさ」の基準となるのは
「選択肢」の多さにあると考えてきた。


具体的に例を挙げて説明してみる。


例えば「カネ」。
「豊かさ」を考えるのに
正直「カネ」を棚上げすることはできないだろう。

「カネ」がたくさんあれば
それだけ買うことができるものの「選択肢」は増える。

よって「豊かさ」に基準になる。

もちろん
「カネ」は選択肢が増える「豊かさ」のための手段であって
「カネ」そのものが「豊かさ」のための目的ではないことは
注釈しておかなければならないだろう。

他にもたくさん人生の様々な場面で
この「選択肢」というものが出てくる。


例えば「学習」や「就職」において。

一般に学力考査で入学選抜が行われるにおいては
学力が高ければそれだけ選べる進路の数も増えてくる。
学歴によって選択できる就職先の数も変わるだろう。

自分の進路あるいは生計を立てるための職業を選択すること、
かつ、その選択肢が多いことが豊かさにつながる。

学生のころに学業に精進するのは進学や就職するときの選択肢を増やすための
自らの豊かさを求める努力であるという教育的な考え方もできる。

あるいはタイでは路上で物乞いを見かけることがある。
彼らはもちろん経済的に「貧しい」が
生計を立てるための手段がそういった形で「しかない」というように
選択肢がなくなってしまっていることが「貧しい」という考えができる。


例えば「恋愛」や「結婚」において。

自分の一生を共にして添い遂げるその相手。
それが自分で選べないとしたら。
たくさんいる中で出逢ったからこそ
運命的なものを感じるのではないだろうか。
それが豊かさにつながるのではなかろうか。

余談かもしれないが
モテたい!と思うのは
選択肢を増やすという豊かさを求めての本能的思考
という考え方をするのもおもしろいだろう。


例えば「時間」において。

「時間」があればその時間内にできることが増える。選択肢が増える。
また時間にゆとりがあることで
「今は何もしなくてゆっくりしよう」という「しない」という選択肢もできる。
こういった「選択肢」が多くあるからこそ
時間的に余裕があることがココロの余裕にもつながり
しいては「豊かさ」にもつながるものになるではないだろうか。


例えば「健康」において。

病気になってしまうとなにかと制約が発生する。
つまり行動の「選択肢」が狭められることを意味する。
寝たきりになってしまえば動くことは困難だし
行動範囲・行動選択もぐんと限られたものになってしまう。

「健康」であることはすなわち行動の「選択肢」を維持・増加させるための条件でもある。


また
逆の場合から考える。
つまり
人間にとって「貧しいこと」(あるいは不幸なこと)は何なのか。

それは、自ら生を断つ「自殺」こそ
最も不幸なことであると考える。

自殺はつまり
死ぬ「しかない」と他に「選択肢」がない状況に追い込まれていること。
それしか「選択肢」が「全くない」。
だから「貧しい」「不幸な」ことである。



もう少し「豊かさ」の基準としての『選択肢の多さ』というものを考えてみる。

東野圭吾著『時生』にある一節を思い起こす。

「・・・そら誰でも恵まれた家庭に生まれたいけど、自分では親は選ばれへん。
配られたカードで精一杯勝負するしかないやろ。
・・・たしかにあんたもかわいそうやと思うよ。
けど、あんたに配られたカードは、そう悪い手やないと思うけどな。」


貧しさゆえに母に捨てられたと思って育ってきた
自分の生まれた境遇にやさぐれる主人公・拓実の言葉。

この著作のこの場面を読んだとき
ここで言う「カード」は自分の言うところの「選択肢」を表しているように感じた。


人間は生まれながらに持ち合わせる「選択肢」の多さは違うのかもしれない。

日本で生まれた自分たちと
チェンマイで貧しい家庭で育ってきた活動先施設に入所している子どもたちと
生きていく上でのさまざまな「選択肢」の多さには差はあるだろう。

そういう意味では人間は不平等なのかもしれない。

だが、しかしである。

それぞれが可能性として秘めている「選択肢」は
自分の力で増やすことが可能である。

ここが大事!

自分自身の努力によって
選択肢を増やすことが可能であるのに

自分自身を過小評価してしまったり境遇にやさぐれてしまったりして
あきらめたり、頑張らなかったり、挑戦しなかったり。

自ら「選択肢」を増やすことを放棄している。

小説「時生」の主人公の姿が
活動先入所施設の子どもたちの姿とモロにかぶる。


「豊かさ」つまり「選択肢(の多さ)」は
誰かから与えられるものではない。

決して楽して手に入るものでもないが
だが自分自身の努力によって増やしていけるものである。

それぞれカード、つまり持ち合わせている「選択肢」の多さはちがうが
大事なことはそこから選択肢を増やすために努力すること、努力し続けること。

だからこそ
子どもたちには自らの豊かな生活のために
自分の力で自分の選択肢を切り拓くために
自らの力で自らを高めようと成長しようとするチカラ
すなわち「自己成長力」をつけていくことが大切。

その自己成長力を育むために
成功体験、達成感、意欲、自信、自己肯定感、自尊感情
といったものを育むように手だてが必要なのである。

そのために自分のボランティア活動がある!
だからそのために自分はここにいる!

そう信じる。


「豊かさ」という考えについて常日頃から反芻していき
自分が考えた「豊かさ」の基準に「選択肢の多さ」があるという考えをもとに
自分の青年海外協力隊としてのボランティア活動の在り方について検証していった。

「豊かさ」について自分の考え方がスッキリすると
「派遣国を豊かにする」という大きな目的の元に自分が行ってきたボランティア活動の在り方や
ボランティア活動を行ってきた自分の在り方や存在意義というものが
1つの筋が通ったものとしてより明確に自分の中で納まりのよいものに落ち着く。


以上。
これが自分の「豊かさ」「貧しさ」について考えた答え。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-31 23:21
日本語キャンプ@ムクダハーン
f0204561_10223669.jpgタイのムクダハーン県に派遣されている隊員が日本語指導を行っている
カムソイピッタヤサーン校で行われる日本語キャンプ開催のお手伝い。

日本語キャンプとは

日本語を専攻しているタイ人の生徒を対象に
日本語や日本にまつわるのゲームをしたり、文化に触れたり、
何より日本人と触れ合って日本語の勉強のモチベーションを上げる

という行事。



f0204561_1027487.jpg今回の日本語キャンプの手伝いに
各地から集まった日本人ボランティア隊員は男女8名。

今回はカムソイピッタヤサーン校で日本語を履修している高校生約80人が
赤、青、黄、緑、水色、茶色、紫、ピンクの8グループに分かれ
グループ対抗で競いながらそれぞれの活動を進めるという形式。


高校生はすでにそれぞれ色チームにグループ分けされていて
日本人ボランティア隊員がクジ引きによって
それぞれの色グループに参入する。

真っ赤な法被を着ていた自分。
8人中7番目にクジを引いて
見事に法被と同じ「赤」を引く。

このオトコ、何か持っている。


f0204561_10241623.jpg日本語キャンプの活動の中で
自己紹介、日本人にインタビューが行われる。

数人のリーダーに依存することなく
ひとりひとりがきちんと日本語を話しているのが素晴らしかった。


お互い初対面の中
子どもたち同士の人間関係をうかがいながら
ひとりひとりの特性を把握しながら
ググッと距離を縮めていく。


f0204561_10294551.jpg日本クイズでは
日本人ボランティアが答えを教えていけないことになっている上
日本人の自分にもムズかしい問題が出題。

そんなこともつゆにも知らないタイ人の学生は
自分を頼りに訴えかけるのが表情から伝わる。

不正解のたびに
子どもたちの落胆の視線が痛かった。



f0204561_10362744.jpg午後は運動会。
玉入れ、障害物リレー、借り物競走。

そして
隊員対抗によるフラフープ徒競走。
フラフープを回しながら走るという荒技。

自分自身初めてフラフープを回す経験をしたが
自分でもコツの呑み込みが早く
なんとか滑り込みで1位獲得。

このオトコ、何か持っている。



f0204561_10365355.jpg夜の部。
日本人ボランティアと高校生による出し物。

日本人ボランティアによるサプライズダンスで盛り上がり
高校生によるダンスでさらに盛り上がる。


早口言葉コンテスト。
日本人ボランティアがタイの早口言葉に挑戦し
タイの高校生が日本の早口言葉に挑戦。

自分がトップバッター。
自分の赤チームの応援がうれしくもあり
その期待がプレッシャーとなる。

1回目 1度は成功と認められるも取り下げられる。
2回目 失敗
泣きの3回目 失敗
最後の4回目 きわどい判定で成功

それに比べて
他の隊員やタイの高校生の早口言葉の上手なこと。

見事なまでに抜群の滑舌の悪い自分。

このオトコ、持ってないな。



f0204561_1041966.jpg翌日2日目。

あっち向いてホイ。

グループ内で練習した後
ひとり代表を選出してトーナメント形式で勝負。

ひとりひとりみんなと勝負して
ジャンケンが強いこと
「あっち向いてホイ」のタイミングがよいこと
の2つの要素と
あとは自分の直感を信じてひとり代表を選ぶ。

ただひとつだけアドバイス。
「あっち向いてホイ」で顔を右を向く傾向があるから
うまいこと顔を向ける方向を分散させるように。

この代表選考の采配とちょっとしたアドバイスがズバリ的中したのか
なんと優勝。

このオトコ、何か持っている。



f0204561_10514622.jpgそして
総合順位。

我らが赤チームは総合優勝!

なんと最後の「あっち向いてホイ」の優勝で逆転勝利。

このオトコ、何か持っている。



1日半にわたる日本語キャンプ。

自分の担当グループがあるとつい血が騒ぐ。
自分のグループを力いっぱい応援するし
率先してグループの盛り上げ役も買って出る。

子どもたちにとっては多くの日本人と接することのできるまたとない機会。
だからこそ楽しい時間にしてやろう、いい思い出にしてやろうと意気込む。

短期間の間でもグループ内の子どもたちの中で
それぞれに日本語キャンプの楽しみ方をもって取り組んでいて
ひとりひとりの個人レベルにおいてもグループとしての集団レベルにおいても
成長する姿がうかがえた。

まるで10人の自分の学級を持っているような
時折、教師の目線で見る自分がいたりした。

もはや職業病である。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-30 17:53
バスガス爆発 バスガス爆発 バスガス爆発
f0204561_9435298.jpgタイでは庶民の足としてバスがよく利用される。
がしかし
長距離バスと言えども
バスの故障に遭遇してしまうことも少なくない。

今回はそんな話。


日本語キャンプが行われるムクダハーンへ
チェンマイからバスを乗り継いで向かう。

チェンマイからムクダハーンまで直行便はなく
コンケンという都市を経由して行く。


そのチェンマイ-コンケンまでのバス。
発進したバスのエンジン音がやけにふかし気味なので
なんだか嫌な予感が胸に去来。

深夜にガソリンスタンドでいったん停車し
今さらながらエンジン整備して再出発。

でも結局
翌朝には力尽きて無念のストップ。


f0204561_9451998.jpg後続のバスがやってくるのを待つ。

30分ほどでやって来たはいいが
乗車率200%で座るところがなく
ギュウギュウ詰めで根性で立ち続ける。

次第にバスの中が空いてきて
やっと座れると思ったが
ちっちゃな子どもが自分の隣で立っていて

さすがに悩んだ。

3時間以上立ち続けていて
ようやく確保した座席。

泣く泣く譲る。

結局
出発地チェンマイから経由地コンケンまで
定刻なら12時間のところ
5時間遅延の17時間かけて到着。


f0204561_946975.jpgさらに
経由地コンケンから目的地ムクダハーンまでのバスで
バスターミナルを出発するというところで
いきなりストップ。

バスを乗り換える。

やれやれやっと出発かと思いきや
1時間ほど走ったところでまたもやストップ。

またバスを乗り換える。


そして
この乗り換えによって座席を失うことに。

またもや長距離バスで立ち続ける状況に。
足腰の鍛錬にはもってこいだ。


そんなこんなで
経由地コンケンから目的地ムクダハーンまで
定刻から1時間遅延の5時間かけて到着。


実にチェンマイからムクダハーンまで総行程
3回のバスの故障による乗り換え
27時間(バス搭乗22時間)の長旅。


めったにできる体験ではないね。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-29 00:17
苦言を呈する
久しぶりにオトナ相手に苦言を呈する機会があった。

何度か堪えてきたが
ついつい口から漏れてしまった。


叱ることはほめることよりも難しい。
(過去記事:『叱る!』参照)

それがオトナ相手ならなおさら。

個人的には人に苦言を呈することは
できればしたくないものだ。

また、おそらくどことなくそれを避けてきただろう自分。


人はたいてい「ほめて伸びる」タイプの中で
叱って伸ばすのはホントにムズかしい。

誰だってほめられたい。

叱られるのは好きではない。


叱られるのもイヤだが
叱るのだってイヤ。


注意する、指摘するということは
ほめ言葉を言うよりも何倍もの莫大なエネルギーを要するし

その人のためによかれと思って意見しても
苦言を呈することで
 「なんだ、コイツ」
 「あー、うぜえな」
と嫌悪感を持たれたり煙たがられたりするのは本意ではないし

ならばいっそのこと
自分を守るためにも苦言を言わない方が楽。


とりわけ
人の意見には耳を貸さないようなタイプに対して
この人は自分が何を言っても真摯に受け止められる態度を持っていないなと見切ってしまうと
「なら、いいか」とこちらから何も言わないようにしておこうとあきらめることもある。

苦言を呈することをあきらめているということは
その人に対する期待をあきらめていることに等しいだろう。

実際自分も
この人には何を言ってもムダだと見切って
あえて苦言を呈することを避けて
グッと自分の腹で消化しようと努めていたのだろう。



かつて(・・・いや、おそらく今でも)
自分はけっこう叱られてきたように記憶する。

大人になって叱られるのは
たしかにかなり堪える。

たまには腑に落ちないこともある。
自尊心を傷付けられそうになることもある。

でも
ある飲み会で酔った勢いで言われたコトバ。

 「お前は叱り甲斐がある。」


おそらくこれは
最大級の賛辞のひとつになるのではなかろうか。


確かにまだ至らないところはあっただろうが
人からの意見や助言を素直に聞き入れ
軌道修正する資質を持っている。

コイツはもっとよくなると期待して叱ってくれていたのだろう。

今思えばこそ
いろいろな人が自分を思って叱ってくれたことに感謝。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-28 23:35
英語の宿題と自分の正体
f0204561_9563373.jpg子どもたちの宿題支援。

以前は大学生ボランティアが頻繁に活動先にやって来て
子どもたちの宿題支援をしていたのだが(過去記事:『キレイなお姉さんが教えてあげる』参照)
最近はパッタリ音沙汰なし。

というより
宿題に取り組む子どもたちの姿も
以前ほどではなくなっているような。
(過去記事:『宿題しよう!』参照)


そんな中でも
自分を頼りに宿題の手伝いをお願いする子どもたちが何人か。

どうやら子どもたちの中には
自分の勉強の教え方がよいと評判になっているところもあり

特に
やけに英語には長けているとようやく分かり始めてきたようで。


1年半以上子どもたちと一緒だが
自分が日本で教職をしているという素性を
取り立てて話すことがないので
日本での自分の正体を知っている子どもたちはきわめて数少ない。


そのこともあってか
英語の発音がおかしいとバカにされることも。

確かに自分が大した英語の発音ではないことは認めるにしても
実際には
タイの英語の発音が非常にクセがあるわけで

そっちの方がおかしいんだよ!
とカチンとくることもあるが
グッと腹に据えて堪える。

子どもたちの英語に合わせてきたおかげで
本来の英語の発音を見失いつつある自分。


f0204561_958971.jpgそんなこともあるが
宿題学習支援をする自分。

短絡的に答えだけを求めがちな子どもたち。
それでは本当の力がつかないと
自分の力で答えが導き出せるために
あれやこれやと回り道もすることもある。

それでも子どもたちが「わかる」まで
トコトン付き合う。
それが指導者の責任。


今回、英語の比較級について一緒に学習する彼。

自分のところに足しげく宿題支援をお願いに来る彼は
勉強の成績がよくなってアタマがいいから
学校の女の子からモテるようになったと自慢げに豪語する。

へえー。
それって自分のおかげだったりするのかな。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-27 00:52
修理中
f0204561_117729.jpgドライバーを片手に
ポータブルスピーカーをいじくる子どもたち。

壊れて音が出なくなった
ポータブルスピーカーを修理しているのだろうが
ドライバーによって徹底的に分解して
見事にバラバラな姿にされた。


タイ人はとかく
修理となるととりあえず分解してバラしてみる。

傍からその様子を見ると
修理しているのか
それとも
とどめを刺して息の根を止めているのか
どちらに見えても不思議ではない。


さらに不思議なことに
とりあえず分解するという
闇雲的な分解・再組立方法によっても
意外なことに修理できてしまうということ。

このスピーカーも
再び音を奏でることを思い出したようで。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-26 23:07
日本への帰国日
JICAタイ事務所からの連絡により
タイから日本へ帰国するフライトが決定。



   2011年3月21日(月)

   全日空NH954便
   バンコク・スワンナプーム空港 8:25発
   成田空港 16:20着



日本帰国翌日から
2日間(3日目は任意)の帰国時プログラム研修、健康診断。

その後、地元に帰郷。
たぶんこのときに帰国したのをようやく実感するのだろう。


おそらくその翌週から職場復帰。
早ければ帰郷翌日か翌々日には
引継業務で職場に顔出しすることも覚悟。

余韻に浸るヒマもなく
即座にスイッチを切り替えないとね。


いよいよ帰国日が近づいてきたわけで。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-25 21:46
ネットカフェ難民生活
f0204561_052817.jpg最近、自宅アパートのネット接続環境が芳しくない。

そんな状況が1週間近く続く。


その期間と同じくして
自分のネットカフェに通う日々。

本来の意味とは違うが
ネットカフェ難民生活を送る。


帰国に向けた準備や
それに関連したJICA事務所からの重要メールや
ボランティアポータルサイトによる帰路届の申請
隊員総会関連の連絡メール
ついでに
ブログ更新。

今やこの世界はITなくしては厳しいご時世になったわけで。


そんな中
任地チェンマイはネットカフェであふれかえっている。

自宅アパートが学生街ということもあってか
大通りまで抜ける1キロほどの路地に
少なくとも5つは確認できる。


1時間10バーツ(約30円)ほどでリーズナブル。


f0204561_064928.jpgいつも学生でごった返している。

そんなタイ人が向かい合っているPC画面を見てみると
インターネットで情報検索をするわけではなく
ゲーム、ゲーム、ひたすらゲームである。

それだけタイ人の中では

パソコン=ゲーム

なのである。

活動先施設の子どもたちが
みんなパソコンにこぞってゲームに毒されるのも
このタイのパソコンゲーム文化のひとつ。


まあ贅沢なパソコンの使い方なこと。


あー。
早く自宅アパートのネット接続が復旧してくれないかな。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-24 21:10
ペットボトルボウリング
f0204561_22353547.jpg衛生水のペットボトルを使って
ペットボトルボウリング。


タイで日常的に使われるベビーパウダーを使って
テニスボールを転がして狙い当てるという
ボトルの的当てを応用させた遊び活動。
(過去記事:『ボトルで的当て』

ペットボトルを後列3本、中列2本、前列1本と
ボウリングと同じのようにツリー状に6本配置する。

標的となるこのベットボトル群から
ほどよい所に離れた子どもたちは
テニスボールを投げつけてベットボトルをなぎ倒す。

1チーム2人ペアを組んで
1フレーム2人1回ずつ投げて
10フレーム合計本数を争う。


f0204561_22362621.jpg2人ペアで作戦を練りながら
それぞれ狙うコツや投げる順番を考えるのは
これまでのグループ・ペア活動の取り組みの積み重ねによるものだろうか。

標的を狙ってボールを投げるという感覚統合運動を養うこと
ペアで協力してペットボトルを倒すこと
みんなで楽しく遊ぶこと
もちろん勝利を目指して全力を尽くすこと

などといった狙いはもとより

実際やってみると
倒したベットボトルの数を次々に加算していくという
足し算の学習の要素が多分に含まれている。

えーっと・・・とアタマを働かせて
フレームごとに自分たちのチームの倒したボトル数を合計していく子どもたち。

遊びながらしっかり勉強してちょうだい。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-23 23:29
金持ちジャンケン 銀行係
f0204561_18395887.jpg子どもたちと金持ちジャンケンゲーム。

紙幣に見立てた新聞紙を手にして
2人1組でペアを組んで協力して
ジャンケンで勝って所持金を稼いでいくゲーム。
(詳細記事:『金持ちジャンケン』 『握手で宣戦布告』参照)


子どもたちの中でも人気の高い活動の1つで
多くの子どもたちがこぞって参加する。

参加人数が多くなってくると
紙幣に見立てた新聞紙5枚ずつを
それぞれの子どもたちに配る作業に
手間と時間がかかってしまううれしい悲鳴。

そこで誰か子どもにこの役割をしてくれないかと企てたとき
子どもたちの中から率先して手を挙げる立候補者続出。


f0204561_18374776.jpg金持ちジャンケンゲームの重要アイテムである
紙幣を取り扱う銀行係として活動に貢献。

ズルして枚数のごまかしなど横領事件が起こらないように注視しつつも
彼らの仕事ぶりを見るにつれてしっかり任せることができた。

役割をもらい
その責任を担おうとして懸命な子どもたち。
うれしそうでいきいきしている。

役割を責任もって担っていくことは大事なこと。
(過去記事:『役割』参照)

役割を任せられることは信頼の証であり、
だからこそこのように
誰かから信用され頼りにされると感じることは
自己肯定感や自立心を使っていくことにどれほどの強みになるだろうか。

子どもたちに限らず大人だって
誰しも誰かの役に立ちたいと思っているはず。

自分の存在意義を感じるし
そのことで社会は成り立っていくのだろうと。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-22 22:32