<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ボランティア報告書 第4号
派遣ボランティアは派遣期間2年間(自分は現職参加なので1年と9カ月間)で
計5回「ボランティア報告書」を定期的にJICAに提出することになっています。

今回は赴任後18カ月の第4号報告書。


1 活動の進捗状況

  基本的にこれまで行ってきた活動を継続して行い、深化・拡充・発展をねらう。

 <基礎学習的活動>
  学力の補てんを図り学習を楽しむ素地・態度や学習習慣を身につけるため
  子どもたちの宿題の学習支援を個別対応で行っている。
  フラッシュ百まい足し算を使って簡単な算数的活動に取り組んで基礎計算能力を身につけるとともに
  自己の記録を目指す意欲、できる喜びや達成感を感じ自信を養うよう支援する。

 <スポーツ・体育的活動、遊びの指導>
  活動先施設で日頃子どもたちが行うスポーツはサッカーかフットサルがほとんどであった。
  それ以外にバスケットボールを取り入れて新たな選択肢をつくり、
  より幅広い子どもたちが楽しめるスポーツとして今後一層の拡大・普及・浸透を図っている。

 <グループレクリエーション的活動>
  集団遊びやペア遊びなどグループワーク、ペアワークに取り組む。
  子どもたちの中に仲間と一緒に楽しむ様子が見られるようになってきた。  
  しかし、自己中心の意識はいまだ強いものの
  集団の一員として仲間とともに協力することや相手をいたわる態度が
  子どもたちから芽生えつつあるのが見受けられることもある。
  これから一層の活動の継続・展開が必要になると考える。


2 課題解決に向けた取り組み・進捗・結果

  前回挙げた課題として
  そもそも赴任当初から自分が子どもたちに行う活動について配属先の関心や協力もなく
  協働で活動を行うという姿勢は皆無であり
  人材としての自分がはたして配属先にとって本当に必要とされているのか疑問の念が拭えない
  という現状を述べた。
  
  活動の対象となる子どもたちのために自分ひとりで地道に活動を重ねていき
  配属先が自分の活動にわずかでも理解・協力することを期待していたが、困難を極めていた。
  
  その折、JICAタイ事務所の担当ボランティア調整員とナショナルスタッフが自分の任地に訪問する機会があり
  自分が日々子どもたちに対して行っているボランティア活動について
  配属先に渾沌と説明して理解と協力を促した。
  もはやとりたててこちらから進んで自分の活動ついて語ることをめっきりしなくなったので
  自分の活動について丁寧に説明してくれたことはとてもありがたかった。
  
  その甲斐あってか、未だ自分の活動に関心・協力の姿勢はないものの
  配属先職員が自分を見る姿勢は少なからず改善された。
  引き続き、子どもたちと活動を行うことで子どもたちの変容を通して
  配属先に自分の活動について真の意味での理解・協力を期待したい。


3 活動事例の紹介

  活動先でいくつか行っている活動から以下の2つの事例を紹介する。

  (1)フラッシュ百まい足し算

  0~9の組み合わせの足し算合計100枚のカードを次々に解答していくフラッシュ百まい足し算を取り組む。
  赴任18カ月目現在、この活動に取り組んでいる子どもたちは100人を超え
  初回の平均タイム4分48秒から取り組みを重ねるごとにつれて
  最高タイムの平均3分43秒まで記録を伸ばすことができている。
  
  基本的計算処理能力の向上や学習を楽しむ素地・態度の涵養という目的以上に
  短縮時間にはそれぞれ個人差はあるものの、自己の記録を更新することで
  できる喜びや達成感を感じ、さらなる自信や意欲を培う手段として貢献している活動である。


  (2)バスケットボールの普及

  施設で子どもたちが行うスポーツ活動はサッカーかフットサルの一辺倒であった。
  
  その中でバスケットボールを導入して子どもたちの中に余暇スポーツとして
  バスケットボールを行うという選択肢が少しずつ浸透普及している。
  
  バスケットボールの裾野が拡大し、
  より多くの子どもたちがいろいろな新しいものに取り組もうとする素地をつくり上げつつある。
  
  今後自分の任期満了後も活動先施設で継続して
  子どもたちによってバスケットボールを行うことができる手だてを考えていく。


4 受入国の人々の変化(活動のインパクト)

  配属先施設がこれまでにも何人か個人ボランティアを受け入れている経験の中で、
  配属先が考える当施設での「ボランティア」という固定観念があるように推察する。
  
  それはJICAや自分自身が考えているような組織的な高次レベルのボランティア活動ではなく、
  子どもたちの身の回りの世話を手伝ったり、ただ単に楽しく遊んだりといった簡易なもののように感じる。
  
  それまでの「ボランティア」という固定概念を払拭できないため、
  配属先職員にとっては、自分が活動先に赴任することによる影響は少ない。
  
  一方、自分が活動を行う実際の対象である子どもたちにとっては
  自分の活動によってそれぞれに少なからず変容が見られる。
  
  さまざまな活動を子どもたちに対して地道に繰り返し行うことで
  その活動を純粋に楽しむという情操面の涵養に加え
  活動に取り組む集中力の向上、活動をやり遂げようとする意欲、またやり遂げた達成感、
  そしてそこから生まれるさらなる自信など、心情面の大きな成長が見受けられる。
  
  何より自分たちの成長や行動を期待してそばで肯定的に見守ってもらえる存在としてこそが
  この活動先施設の子どもたちにとって今までなくて最も必要としていたものではないかと思う。


5 その他特記事項:「旅行・観光」

  世界でも有数の観光立国と言えるタイ。
  近年タイへの観光客は継続して増加しており、日本からの観光客も多い。
  
  タイには首都バンコクをはじめとして、世界遺産のアユタヤやスコータイ、ビーチリゾートのプーケット、
  グラビ、ピピ、サムイ、パタヤなどの多数の観光地に恵まれている。
  
  旅の楽しみ方としても、タイ料理に代表されるグルメ、世界遺産や古都での寺院・遺跡巡り、
  ビーチリゾートでのマリンスポーツ、美容健康や癒しを求めてタイ式マッサージ、スパなど
  それぞれ多彩で魅力ある観光コンテンツをもつ。
  
  気軽に宿泊できる安価のゲストハウスから高級リゾートホテルまで豊富に揃い、
  旅行スタイルに合わせて選ぶことができる
  
  観光施設のインフラ面の整備充実の他に
  「微笑みの国」のタイ人持ち前のもてなしの心にあふれるホスピタリティーの充実、
  さらにタイの物価の安さも手伝って、
  食事、宿泊、交通なども比較的リーズナブルなことが滞在の満足度を高めている。

  さらに新たに外国人退職者をロングステイ観光客の対象とする長期滞在型観光も促進している。

  このようにタイの観光産業は比較的順調に拡充を見せ
  観光産業がタイの経済に占める地位は一層の向上を進めている。



以上。

次回報告書第5号(最終)は赴任後21カ月(任期終了時)になります。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-22 21:56
残り3カ月の誓い
f0204561_14404157.jpgフラッシュ百まい計算を取り組む彼。

毎日夕食後の食堂に残って
1回2回ほどフラッシュ百ます足し算を取り組むのが習慣になる。

「継続は力なり」と言うように
毎日反復して取り組んでいるので
著しく進歩を見せてくれる。

しかしさすがに壁にぶつかり
伸び悩みを見せる。

念願のフラッシュ百まい足し算のタイム2分切りを
あともう少しというところで立ち往生。

お互いにため息をつく。


そんな膠着した状況を打破しようと起爆剤とばかりに言ってみた。
「自分がここにいるものあと3カ月。
 それまでにはタイムが2分切れるように毎日がんばろうな。」

この言葉を耳にすると
ふと宙を見上げて考える彼。

そして
「できるまでがんばってみるよ。」と誓いの言葉。

ここまで付き合いが長くなると
言葉がなくても何を考えているか理解できる。

フラッシュ百まい足し算のタイムが2分切れるかの算用していたというより
自分とあと過ごせるのが残り3カ月になってしまったのかと
感慨にふけているように映る。


残り3カ月。
彼はきっとフラッシュ百まい足し算のタイムを2分切る。
彼自身が自分に誓ったのだから
自分もここに宣言する。

そうでなければ
とっておきの切り札の言葉は彼にはあげなかっただろうから。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-21 22:33
ムクダハーンマラソン
f0204561_1234384.jpgタイとラオスとの国境の街ムクダハーン。(詳細は前記事:『ムクダハーン』参照)

今回のムクダハーン訪問の主たる目的は
ここで行われる第3回ムクダハーンマラソン大会に出場。
(練習の様子:『ランニング』参照)

ハーフマラソン(21キロ)かミニマラソン(10.5キロ)か
どちらにエントリーしようか最後の最後まで悩んだが
結局前日にミニマラソン(10.5キロ)の部に出場エントリー。

10.5キロの500メートル分が中途半端にも感じたが
フルマラソン42.195キロの4分の1ということで
この10.5キロという数字の距離になったのだろう。

さあ、勝負のときがいよいよ始まる。


f0204561_128475.jpgスタートは早朝6時。

のはずだったが
定刻より15分ほど早く号砲!
いきなりの不意打ち。

そして
スタート直後に後ろから押されてスッ転ぶ。
左手親指と人さし指が擦り剥き出血する幸先の悪すぎるスタート。

このムクダハーンマラソンのクライマックスな魅力は
タイとラオスの国境に架かる友好橋を渡るところ。

この友好橋を渡り切ったラオス側に足を踏み入れイミグレーション付近で折り返す。

そんなとても感動的なところであるはずのだが
もはやそんな感慨に浸っている余裕はすでになく

ただひたすら走る、走る、走る!
走るしかない!


f0204561_1315114.jpg前半のオーバーペースがたたり
後半は典型的なペースダウンで見事に失速。


フィニッシュタイムは
43分08秒。


順位は
5位以内入賞ならず。


残念無念・・・。




f0204561_133383.jpgタイ人は持久走するほど根性はない。
自分くらいの実力でも入賞くらい出来るだろう。
と高を括って入賞を目指していたが
いやはや
タイ人御見逸れしました。

しかし
個人的にはこの大会のためにかなりトレーニングを積んでいただけに
かなりショックは大きい。

しばらく凹んで静かに肩を落としたまま動けなかった。
正直悔しい。

あー悔しい。


f0204561_134186.jpg救護室があったので
スタート直後の左手の指のケガの手当て。
そして
前日釘を踏んで右足母指球のあたりに刺さったところの手当て。

実は右足を着地するたびに激痛が走り
とてもではないがまともに走れる状態ではなかったが
ここまで来て引き下がるわけにもいかず
根性でなんとか走り切ったわけで。

看護係の人には「すぐに病院に行きなさいよ」と言われる始末。
我ながらトホホである。

何かにつけて本番で実力発揮できない自分。
本番に弱い自分を露呈してしまう。


f0204561_1491338.jpgこの大会に5キロの部に出場した他の隊員もフィニッシュ。
炊き出しのごちそうにありついたあと
スタート・ゴール地点で記念撮影。

青年海外協力隊員の絆の深まりを感じさせるさわやかなショット。

他の参加隊員が少なくて半ば憤慨気味にありえないほど残念だけど
この体験はなかなかできないほど
自分の中には充実感に満たされた。

これはいい!気分上々!最高にいい!
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-19 12:41
ムクダハーン(仮)
f0204561_0292212.jpgチェンマイからムクダハーンへ。


1つ前の隊次の先輩隊員である村落開発普及員隊員の任地
ムクダハーンで行われるマラソン大会に出場するため

チェンマイからバスで12時間かけてコンケンを経由し
さらにコンケンでバスを乗り継ぎ4時間かけて目的地ムクダハーンに到着。

長距離長時間移動も慣れたものだ。

f0204561_0314327.jpg
ムクダハーンは
タイとラオスを隔てるメコン川沿いでラオスとの交易で賑わいを見せる街。

対岸にはラオス有数の大都市スワンナケートがあり
タイとラオスとを結ぶメコン川を国境線として架けられた国境橋
通称「第2タイ・ラオス友好橋」によってラオスとの商業道路が開かれ
そこからさらにベトナム・中国までつながる多国籍交易の起点の街。

船着場には
タイ船籍の貨物船(手前)とラオス船籍の貨物船(右側)が
それぞれの国旗を翻しながら仲良く停泊。

タイとラオスとの国を隔てるメコン川を結んで盛んに行き来する。

f0204561_0321812.jpgタイの東北部イサーン地方であるムクダハーン。
タイ北部にあるチェンマイでは見かけない
イサーン地方独特の料理も屋台に揃う。

もっとも有名で屋台どこでも並んでいたのは
ムー・ヨーという葉に包まれた豚肉ソーセージ。
まさにビールのつまみに合いそう。

もち米が大好きな自分のお気に入りイサーン料理は
このカオジー。

もち米をこねてタマゴでコーティングした焼きおにぎりのようなもの。
味はもうひとつ何かもの足りなさを感じるが
外はカリカリ、中はモチモチとした食感が舌妙。



f0204561_034391.jpgムクダハーンで、いやタイ派遣のJOCVの中でも最も有名なタワーである
ムクダハーン・タワー。

タワー上部に据えられている球体のものは
ムクダハーンの「ムック」(宝石の真珠)をモチーフにしたもの。

タワー上部から見える景色は
ムクダハーンの街を全望することができ
隣国ラオスの街並みやメコン川の表情が浮かび上がる。


f0204561_172587.jpg
中国やベトナムの雑貨が立ち並ぶ
インドシナマーケットの露店で見つけた
タイの青年海外協力隊ボランティア隊員の中では一番有名なTシャツを発見。

この第2タイ・ラオス友好橋をモチーフとしたムクダハーンTシャツは
ここムクダハーンを任地にしている村落開発普及員がいつも着ている
まさにこの隊員特権のユニフォーム。

自分がこのシャツを買って着るなんて
惧れ多く滅相もございません。


f0204561_035819.jpgムクダハーンの街並を歩く。

目と鼻の先の対岸には異国ラオスがあり
常に国境を感じながらどこかしら雰囲気ある街並み。

市場の露店に掲げられるTシャツにも
ラオ語がしっかりプリントされている。


手持ちの『地球の歩き方 タイ』では
たった2ページほどしか扱われていない街だけど
実際に足を運んでみると
文字として掲載されていない魅力がそこかしこにある街。


嗚呼、ムクダハーン。
なんてよいところ、一度はおいで。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-18 20:26
ナ~ウ
f0204561_9571055.jpg熱帯モンスーン気候に属するタイといえども
さすがに12月や1月は涼しくなる。

乾季のため空気は乾燥して
日差しも春のようにうららかとして
日にあたってもポカポカ気持ちよいくらい。


今日は乾季には珍しく雨模様。

朝から分厚い雲に覆われ
光を遮断されたされた太陽も1日じゅう休閑中。

代わりにひんやりとしたからっ風がピリッと活躍。


そうなると途端に冷えて肌寒くなる。

と言っても
多少防寒すれば凌げる程度なのだが
半袖半ズボンが基本的な服装の子どもたちには厳しかろう。

あるいは
年中ほとんどが暑いタイで過ごすタイ人は
暑さには強いが寒さには耐性がないのかもしれない。


こういうまれにタイを不意打ちに襲う冷えた日には

  「ナ~ウ」(寒い)

とこの言葉が決まって口々に揃えて出る。


Tシャツを重ね着して
バスタオルにくるまって
なんとか寒さをしのごうとする子どもたち。

タイのこの程度の寒さなら
まったく問題としない自分は常に半袖。

それでもタイにいるせいか
1年前より暑さには強くなったが寒さの耐性は鈍っているのかもしれない。



今頃日本は冬真っ盛り。
しんしんとした雪が自分の街を白く覆っているのだろう。

2年間も雪を見てないと思うと
なかなか日本の雪も情緒があってよいものだと
改めて日本の味わいをはるか遠くからじんわり感じる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-17 19:16
ペットボトルのキャップでクジ引き
f0204561_23494682.jpgペットボトルのキャップ積み上げて集中力を養ったり
(過去記事:『ペットボトルのキャップ積み』 『真剣なまなざし』 『ペア対戦式ペットボトルのキャップ積み』参照)
ちびっ子の足し算練習の導入に使ったり
(過去記事:『ペットボトルのキャップで足し算練習』参照)
ペアやグループを決めるときに使ったり
(過去記事:『色とりどりのペットボトルのキャップ』参照)
・・・などなど。

ペットボトルのキャップは自分の活動では
かなりの万能グッズの地位に登り上がっている。

ボール遊び「はさみ」を行うとき(過去記事:『ボール遊び「はさみ」』参照)
守備役である鬼役2人を決めるのに
ペットボトルのキャップを使って決める。

参加人数に合わせて青色や緑色のキャップと一緒に混ぜたうちの
2つある赤色のキャップを引いた子どもがめでたく当選。


f0204561_23503048.jpgボール遊び「はさみ」の前座的なものとして
このクジ引きだけでも子どもたちの間ではかなり興奮モノで大盛り上がりする。

数学的な確率理論からすれば
アタリを引く確率は順番によって変わらないハズだと思うのだが
子どもたちは我先にと列を先を陣取ろうと勇んで並ぶ。

キャップを入れているズボンのポケットが破れんかというほどの勢い。

当選くじの赤色キャップを引いたときの子どもたちのリアクションは様々。
頭を抱えて大きな声を叫んだり
しばらく固まったり
その子の性格を表しているようで見ていて楽しい。


子どもたちがそれぞれキャップを引き終わって
最後に残ったキャップを自分が引くということになっているが
結構残りモノがアタリということが多いのは自分の役得なのだろうか。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-16 23:03
獅子は我が子を崖から突き落とす
f0204561_10475530.jpg自分で自分の限界を決めつけてしまうと
そこから先に進めなくなってしまう。

真の成長点はその限界を超えるところにある。

自分が「できない」「ムリだ」と思い込んでしまうと
できることも自分で精神的にブレーキをかけてしまう。


そんな自分に甘える子どもたちに
あえて鬼になった自分が限界点まで追い込む体験させる。


縄跳びに挑戦する子どもたち。

縄跳びの回数を20回、40回、60回・・・・というようにビルドアップさせて
どこまでできるか自分自身の限界に挑ませる。

ガチンコ体力勝負!


自分ができるのはここまで。
自分はそんなにできっこない。
と自分について予防線を張るように限界を決めつけてしまう子どもたち。

そんな限界を超えることに臆病になっている子どもたちに
まさに「獅子は我が子を崖から突き落とす」が如く
厳しく見守り後押し応援する自分。

蓄積した疲労で崩れ落ちるように仰向けにひれ返す彼。


彼自身がつくり上げた壁を超えた向こうに見える景色は
どのように映っただろうか。

きっと彼のココロを充足感いっぱいに満たしてくれただろう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-15 22:34
みんなでシールを集めよう
f0204561_117558.jpg自分の活動にがんばって取り組んだ子どもたちに
ごほうび的にあげている「がんばりシール」。

(過去記事:『ごほうびシール』 『おでこにシール』参照)

日本の100均で買ったシールにスマイルの顔をサインペンで書いたものなのだが
子どもたちはこのシールをもらうと無邪気に喜んでこぞっておでこにシールを貼る。

中にはこのがんばりシールを集めることに躍起になって
はりきって自分の活動に参加してくれる子どもたちも。

たくさんがんばりシールを獲得しているはずなのに
意外に子どもたちが集めるのに苦労しているのは
シールを獲得しても集めるうちにどこかになくしてしまうという
管理の不届きによるものが多い。

f0204561_1362415.jpgがんばりシールを20枚集めることができたら
青色ボールペン1本をあげようとニンジン作戦を提言すると
子どもたちのシール集めの熱にさらに火がつく。

フラッシュ百まい足し算、長縄跳び、ボール遊び、ペットボトルのキャップ積み、お絵かき・・・などなど
さまざまな活動の中でがんばりシールを獲得していく子どもたち。

その中で子どもたちにも工夫が見られる。

仲間と結託して
がんばりシールを一致団結協力して一緒に集める同盟を組む。

ある程度予想していたことだが
子どもたちなりに仲間と協力して1つのものを目指して工夫する姿が
がんばりシールにまつわって出てきたのはよい効果と捉えよう。


f0204561_1493035.jpg仲間と協力して今回シール20枚で青色ボールペンを獲得した子どもたち。

そのそれぞれが見せる表情はさわやかな笑顔で満ち溢れて見える。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-14 23:47
ランニング
f0204561_10342683.jpg体力と健康の保持・増進のため
日課としていた帰宅前の活動先でのランニング。


以前は4~6キロ程度で済ませていたが

今週末にマラソン大会(10.5キロの部)に参加することを決めて
「打倒!タイ人!」「タイ人に負けてたまるか!」を旗印にして

最近では
10~14キロまで走る距離を伸ばしていく。

タイムも少しずつ伸ばしていき
走る終わる頃には
息が上がり
貧血気味に腕がしびれ
ふくらはぎがパンパン。

カラダにこれでもかとばかり負担をかけて
まったくカラダに悪いったらありゃしない。


そこまで自分を追い込んで
さらなる高みを目指して己への飽くなき挑戦。

日々、鍛錬です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-13 23:06
かめはめ波!
f0204561_2116136.jpgドラえもん、ナルト、ワンピース、ポケモンなど
タイでも有名で子どもたちの間でも大人気の日本のアニメ。

その中でも
日本を代表する世界的なアニメ漫画と言えば
ドラゴンボール。


子どもたちとドラゴンボールのオープニング曲を聴きながら
『ドラえもんダンス』でへとへとになったカラダを休めていると

次はこの曲でドラゴンボールダンスをしたい
と言い出す子どもたち。


え?
ムチャ振りですか?


そんなこんなで
突飛もなく始めたかめはめ波合戦でごまかして
なんとか子どもたちのムチャ振りをかわそうとする自分。

子どもたちも負けじと大勢になって抗戦。


かーめーはーめー波ぁーーーーー!!
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-12 01:14