<   2010年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
踊る大捜査線 青島刑事
f0204561_244233.jpg休日、隊員ハウスから借りてきた
DVD『踊る大捜査線THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 』を視聴。

『踊る大捜査線』劇場版2作目で
劇場版1作目の
「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてんだ!」の名ゼリフに続き
この劇場版2作目では
「レインボーブリッジ封鎖できませーん!」が有名なセリフだが


自分が今回この作品を視聴した中で
最も印象的なシーン及び青島刑事の言葉は・・・


湾岸署管内で婦女暴行事件とスリ事件が発生する。
さらに管内で会社役員の他殺体が発見され
警視庁捜査一課は湾岸署に捜査本部を設置する。

婦女暴行とスリ犯グループに接触して身柄確保しようした青島刑事とすみれさんは
捜査本部に釘を刺された。

結果、彼らが捜査に当たっていた被疑者を取り逃がすことになる。

直後捜査本部管理官から言われた言葉。

  「よく動かなかった。
   婦女暴行だのスリだのはほっといて
   殺人事件を優先しろ。
   そんな捜査なんかしゃなきゃいい。」

と言われる。

それに対して青島刑事。

  「ちょっと待てください!
   
   ならこの仕事はできない。
   俺の仕事をやらなきゃいいと言われるなら
   俺は続けられない。

   ・・・やってられっかよ!」



感情的だと言われ
組織に人の感情は必要ないと言われる。

  「自分がここでしている仕事は
   やらなきゃいいと言われるそんな仕事なのか。」

と自分が誇りに思っている仕事に対して恩田すみれも署長らに訴える。


やさぐれっぱなしの青島刑事だったが
馴染みのミリタリーコートを買ったときのことを語っていく中で
カタルシスに至る。

  「俺たちの仕事の中に
   やらなきゃいいなんて言われるものなんてない。
   たとえどんな小さな仕事でもさ・・・
   いつか、きっと・・・。」


そんな青島刑事の言葉と態度に自分を重ねる。

自分のやることには誇りを持ってやっているし
自分のやることは必要とされてやりたいし。

自分が行うどんなことでも。


そして生きていく上で
特に仕事をしていく上で大切にしていきたいこと。

それは・・・

   「信念」


このシーンに触れて改めて強くそう感じた。


自分の場合
この「信念」というものが諸刃の剣。

やけに強くてまっすぐ頑固な「信念」のせいで
下手クソな生き方、損な生き方をしているようにも思うけど

それでも
自分は自分の「信念」をもって生きていこうと思う。

それが自分の生き方だから。


ついでに言うと
室井みたいな信頼できる上司がいて
和久さんみたいな理解者がいて
すみれさんみたいなロマンスを感じさせる存在がいて
真下正義は・・・まあ・・・置いといて。

そんな職場で「信念」を燃えたぎらせることができたら
仕事人としてこれ以上のものはなかろう。


・・・なんてな。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-30 01:31
ピラミッドとナイル川
f0204561_3321531.jpg発達障害のあるこの子は
まっすぐに自分を見つめてニッコリ笑う仕草が
いつも自分のココロをキュンとときめかせてくれる。

そして
不器用だけれども純粋でひたむきな一挙手一投足が
もはや自分にとってなんとも「ツボ」な存在。


彼とじっくり活動を交わしてくことで
彼が培ったお気に入りなことのひとつ。


   ペットボトルのキャップのピラミッド積み。


自分とふたりでやっていくうちに
彼のお気に入りの活動になっていった。

ペットボトルのキャップが入れられたビニール袋をガチャガチャ鳴らしながら見せると
うれしそうに自分の元へよろこび勇んで寄って来る。


下の方からきちんと順番に。
じーーっと集中したまなざしで。

当初はみんなと同じ活動に参加することが難しかったけど
自分とじっくり関わりながら活動を繰り返していくうちに
だんだんとできることが増えてきたのは彼にとって大きな成長だろう。


f0204561_3324949.jpgさて
彼がこの活動を終えるときに
最後にキャップの数を数えてから袋に片付けるということを行うが

その時に実に興味深いまさに「ツボな」行動に出る。

数えるにあたって
そのペットボトルのキャップを
長蛇の列のごとく整然と並べていく。

少しうねりがあるのも
まさに長蛇の列にふさわしい。

いや。
ピラミッド積みの後にこの線形は
もしかしたらナイル川をあらわしているのか。

深く考えるほど彼の行動は奥が深い。


おそらく彼が数を数えるときに一列に並べるこの作業は
自分と個別に行っている数を数える活動のときに
キャップを並べて数えて行っていることを
忠実に再現しようとしているように見える。
(過去記事:『じっくりゆっくり』参照)


いち、にい、さん・・・・と自分と一緒にひとつひとつ数えながら
最後「45」まで数え切る。

そこで「全部で何個?」と確認すると
何度やっても決まって口から出てくる答えは「10」。

ニッコリ笑顔を見せる彼に
ニッコリ笑顔で応える自分。


よし。
これもじっくりゆっくりがんばっていこう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-28 00:27
切り紙
f0204561_18533110.jpg折り紙とはさみを使って
切り紙の活動に取り組む子どもたち。


指先の巧緻性、器用さを養うとともに
はさみを切り入れることでできる模様をイメージする想像力も養う。


はさみを使い慣れていないためか
折り紙を幾重にも折り重ねているためか
模様を象る切り口の形が複雑なためか

なかなか折り紙にはさみを切り入れるのがぎこちなく
余計に慎重に慎重にはさみを切り入れていく。

f0204561_1855575.jpgときにはうっかり切り誤ってしまって失敗することもある。
それでもあきらめずに出来上がりに思いを馳せて
仕切り直して新しい折り紙にはさみを入れていく。


すべて切り終わり
いよいよ折り紙を開く瞬間がやってくる。

この瞬間が醍醐味。

このときの
ドキドキワクワク感に満ちた顔がたまらない。


f0204561_18574320.jpg
これを開いたらどんな模様になっているのかな。
上手にキレイな模様にできているだろうかな。

そして

ジャーーン!!


と開いてみたときの子どもたちの表情は
まるで楽しいおもちゃ箱を開いたときのような顔。

f0204561_1924139.jpg出来上がった切り紙の作品を
さもうれしげに自慢げに見せてくれる。

それぞれの作品以上に
子どもたちのどうだとばかりのドヤ顔がイイネ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-27 22:26
帰り際の中学数学
f0204561_3175931.jpg子どもたちとの1日の活動を終え
もはや日課となりつつあるランニングで疲れ切ったカラダを労わろうと
ストレッチやら水分補給やらでのんびり構えながら
そろそろ自宅に帰ろうかと考えていると

ひとりの子どもに引き留められる。

数学の宿題を手伝ってほしいと請う中学3年生。


小学生の宿題については
外部からチェンマイの女子大学生がボランティアとして
名目上は学習支援をしてもらえているようなので

自分はそれとは別に
たまに子どもたちから個別に要望があれば引き受けるような
個別オン・デマンド方式で対応している。


今回の宿題の内容は一次関数。
座標上の2点をもとに一次関数の式とグラフを求めるもの。

傾き、切片、座標、代入法、連立方程式・・・。
懐かしい記憶を呼び起こし
昔取った杵柄で学習指導。
幸いまだ錆びついていないよう。


f0204561_328575.jpgというわけで
最初の設問は説明を交えながら
自分主導でひと通りの解法パターンを示す。

ふむふむ、なるほど。
と子どもが解法を消化したところで
残りの問題は見ていてあげるからやってみてごらん。
といった感じで。

設問パターンが変わるたびにこの方式で
次々と練習問題をこなしていく。

足元に蚊の集中攻撃に遭おうとも
帰宅時間がはるかに遅くなろうとも
子どもが宿題に取りかかって正しい解法を導く術を身につけてくれるのなら
そんなこと知ったこっちゃない。


なるほど、分かった。
あとは自分でやってみるよ。
と清々しい顔を見せてようやく解放してもらえる。

女子大学生の学習ボランティアに教えてもらうのではなく
あえて自分を選んだ彼は
なかなかホンモノを見極める眼を持っているのか。
なんて思ってみる自分。

子どもたちから数学ができてスゴイと褒められるが
この自分を見くびってはイカンよ。
と言いながらも
数学は中学程度まででお願いしたい。

高校数学になるとカンペキお手上げ。

微分積分  Σ(シグマ)  数列  漸化式  ベクトル  虚数  三角関数  指数関数  対数関数  ・・・・・。

なんかこういうコトバあったようなおぼろげな記憶だけ。

脳裏によぎっただけで
アタマがパァーーーンッ!てなりそう。

ああ、一次関数程度で面目保ててよかったよかった。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-26 23:45
パズル
f0204561_10282539.jpgパズルに挑戦する子どもたち。


なんとかレンジャーといった戦隊ものと
ポケットモンスターのキャラクターのイラストのもの。

それぞれ70ピースほどで
小さな子どもたちにはまずこれくらいからがちょうどよいレベルだろうと
自宅近くの大型スーパーで買って来てみた。

本格的なパズルには馴染みの薄いだろう子どもたちに
知育教材として取り組ませてみる。


子どもたちが手こずっているのがじれったくて
ついついこちらから手を出したくなるが
子どもたちのチカラだけで完成してほしいので
グッとガマン、ガマン。

いや、ガマンできなくて
ホントにさりげなくヒントをちょこっとだけ。


f0204561_10305152.jpg三人寄れば文殊の知恵とばかり
仲間と一緒に協力し合って
パズル完成に向かうこともあれば

人を寄せ付けないオーラを漂わせて
意地でも自分ひとりのチカラで
なんとか完成にこじつけようとすることも。

アプローチはさまざまだが
パズル完成を目指して
集中力を高めて
アタマを働かせて
脳みそが活発に汗をかく。


古典的な知育ゲームだが
テレビやパソコンゲームにアタマが毒されるよりかは
こちらをやっている方がアタマにとってはるかに有効薬。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-25 23:02
秋空の下で
f0204561_10393017.jpg熱帯モンスーン気候のタイもすっかり乾季に入り
とげとげした暑さにも角が取れて
時折涼しさを見せることもあるこの頃。

そんな日本の秋を思わせるような空の下で
子どもたちの一緒にサッカーグランドの芝刈り。

この活動先に赴任して以来
幾度となくここのサッカーグランドの芝刈りをしてきた。
(過去記事:『サッカーグランドの芝刈り』参照)


いつもの殺人的な酷暑の中で
カラダの中の水分が搾り出されるような苦行であるが

このような良心的な暑さの中では
だいぶカラダにやさしく感じる。


f0204561_10395212.jpgスカッと澄み切った心地よい風に乗って
刈った草の青々とした匂いを鼻元まで運んでくる。

そんな匂いが記憶を呼び起こす。


昔、草むらで遊び回ったこと。

家族総出で稲刈りをしたこと。

ごく近くの記憶では
所外活動で酪農体験をしたこと。(過去記事:『所外活動1日目』 『所外活動2日目』参照)


またいつかずっと後になって
どこかで草の青い匂いが漂うところで
そのときはここのサッカーグランドでの芝刈りのことを
思い起こすことになるのだろうか。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-24 23:19
ふたり縄跳び
f0204561_0295264.jpgペアを組んで息を合わせて縄跳び。

ペアになると
お互いの失敗をお互いがかばい合う。
もちろん
成功も分かち合う。

といった一蓮托生な一体感、責任感、はたまたプレッシャー
などを感じながら取り組むことがこの活動のねらい。


子どもたちだけのペアでのふたり縄跳びは時期尚早なところがあり
ひとまず子どもたちと自分とのペアになる。

そのため自分にとってはかなりの体力勝負。

子どもたちは交替しながらなので休憩できるが
子どもたちが10人以上入れ替わり立ち替わりで
次から次へと矢継ぎ早にやってくる子どもたちを
自分ひとり休憩なしで相手する。


f0204561_0273250.jpg縄跳びで何度もジャンプを繰り返すので
太もも、ふくらはぎが乳酸たまりパンパン。

まれに自分がうっかり縄に引っ掛かって失敗すると
子どもたちから非難轟々。

子どもたちは自分自身の失敗なんて棚上げして
自分にはかなり手厳しいものである。


自分のためにも早いところ
自分抜きで子どもたちだけでペアが組めるように
子どもたちがふたり縄跳びが上達してくれることを切に願う。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-23 23:23
児童喫煙
f0204561_0411134.jpg飲酒、喫煙は20歳になってから。
これは日本。

それに対して

飲酒は20歳になってから。
喫煙は18歳になってから。
これはタイ。


しかしここ活動先チェンマイ少年の家の子どもたちは
ほとんどが18歳未満にもかかわらず
隠れてこそこそとタバコを喫煙している。


まったく、けしからーん!!


人一倍鼻が利く自分には
タバコの臭いを探知して
誰がタバコを吸ってきたかくらいお見通しである。

その度に個別に呼び出しては
声をかけて注意しているのだが。

10歳くらいからタバコの魔の手に引きずり込まれた子も多く
児童保護施設という生育環境も一因にあるだろうが
自分が思っている以上に児童喫煙の低年齢傾向がある。


実際子どもたちがタバコを吸う姿を見るのは
目をそむけたくなるほどひどく痛ましく惨たらしい現場である。

そんな凄惨な現場を見ると全身が粟立つのを覚える。
背筋に戦慄が走る。

なんだかそういう現場に遭うと
子どもたちに裏切られたような感じがして
それが一番つらく切ない。


施設内のタバコ汚染が子どもたちに拡大する一方だった。

配属先職員にその状況報告を試みるものの
バツの悪そうな表情は見せるが
結局のところはのれんに腕押しの予想通りの反応。


自分ひとりが躍起になって子どもたちに注意したところで
「ハイ、ゴメンナサイ。これからはもうやめます。」
というほどタバコの依存性はそんな容易いものではないだろう。


焼け石に水というのは承知の上だが
そんな現状を黙って見過ごすワケにもいかず

性懲りなく叱っていく。

悪いことをしてもバレる
悪いことをしたら叱られる
ということを子どもたちに示していく意味でも
自分は子どもたちの前に立ちはだかる。

その甲斐があってか
以前に比べてタバコの拡大は沈静傾向。
それとも
自分が子どもたちの喫煙に気付いていないだけか。

いや。
自分の鼻を信じたい。
子どもたちを信じたい。


ここの子どもたちにやさしくしているだけではなく
嫌われ役のような厳しい存在も必要だろう。


こういう指導は
叱る方も叱られる方も全くいい気分がしない。

自分だって好き好んで嫌われ役を買っているわけではない。
誰のためにこんなイヤな役をしているのか。

やさしいだけがやさしさではない。
厳しさの中にこそ真のやさしさがある。

それがいつか分かってくれたら。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-22 23:39
単語族
f0204561_2392391.jpg子どもたちとお絵かきの活動をしているとき
(過去記事:『ポケモンお絵かき』 『ポケモンお絵かきのお手本』)参照)
自分が気になっていることは
いわゆる「単語族」の子どもたち。

絵を描くときに子どもたちそれぞれに
筆記用具を貸し出しているのだが

子どもたちは
 「紙・・・」
 「鉛筆・・・」
 「消しゴム・・・」
と単語だけでコミュニケーションを成立させようとしている。


確かに言語コミュニケーション運用面上
語用論的な思考がそれぞれに共通して備わっているので
単語だけで子どもたちが言わんとしている通じる。

しかしあえて
 「絵を書く紙を下さい」
 「鉛筆を貸して下さい」
と丁寧に聞かせるように言い直させる。


単語だけで通じるようになってしまっては
子どものコミュニケーション能力は育たない。

幅のある奥行きのある会話ができない人間になってしまうこともありうる。


また
日常的に子どもたちとの会話をするときは
子どもたちの意図や気持ちをこちらが先回りして
話を遮って短絡的に完結させることなく
子どもたちがきちんとしっかり話すようにしていく。

まずは
子どものそばにいる大人が
子どもと気持ちのゆとりを持って会話できる姿勢をとることが大切。


このように考える自分が
舌足らずで口下手なところがあるのが
自分自身も困ったところではあるのだが。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-21 23:16
サンサーイ・イーペン祭
f0204561_104356.jpg旧暦12月の満月の夜に合わせてタイ国内各地で行われるロイクラトン祭の他に
チェンマイではコムローイ(ランタン)を空に放ち仏陀に感謝の気持ちを捧げるイーペン祭が有名。


チェンマイ郊外にあるサンサーイ郡のメージョー大学裏の寺院で
夜空に一斉にコムローイが打ち放たれる光景が有名な
サンサーイ・イーペン祭へ。


会場に足を踏み入れると
キレイな満月が夜空に浮かび
多数の人だかりが敷地を埋め尽くし
その前方の僧侶たちの読経が響き渡る。

祭というより宗教儀式の1つであるためか
参加者も上下無垢純白の装いで
厳かな宗教色を漂わす演出となる。

f0204561_10485472.jpgちなみに自分は何も知らなかったため
白地ではあるが細いボーダー(横縞)のポロシャツ。
邪な自分ということか。

この読経がやたら長い。
長くて長くてコムローイ打ち上げはまだかまだかとかなりじらされる。
このガマンの時間も精神鍛錬なのだろうかと自分を説得させる。


そして待ちに待ったコムローイ一斉打ち上げ。

f0204561_10494621.jpg号令のもとタイミングを合わせて
無数のコムローイが一斉に解き放たれる。


これは・・・っ!


夜空を埋め尽くすほどのコムローイ。

動画を撮影していたにもかかわらず
思わず叫んでしまう。

f0204561_10502275.jpg
「うわぁぁ、すげぇへぇぇぇーー!」


その光景に瞳もココロも全開するほど驚いた。
自分のボキャブラリーの貧弱さにも驚いた。

というより感動のあまりそれ以上に言葉が喉元を通って出てこない。

どんな言葉でこの光景を表現できようか。
むしろ言葉で形容することが冒涜にすら感じる。


f0204561_1052139.jpgしかしココロには伝わる。

コトバでは表現しきれない得体のしれない何かが
自分のココロをやさしくギュゥ~ッと締めつけてくれる感覚が分かる。

瞳に入ってくるものココロに沁み入ってくるもの
すべてが幻のような不思議な夢心地。

想いを乗せた無数のコムローイの夜空をただ眺める。

タイに来てよかった。
チェンマイに来てよかった。

こんな素敵なものを体験させてくれたタイ・チェンマイをスゴイと思った。




[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-20 23:50