<   2010年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧
タイの長雨を眺めてみれば
f0204561_23393655.jpgタイは今や雨季真っ盛り。

タイの雨季と日本の梅雨を比べてみると

日本の梅雨は
しとしと雨が長時間フル続くのに対し

タイの雨季は
雨が降れば必ずどしゃ降り。
日没時くらいにザーッ!と一気に短時間集中して降って
シャン!と止むメリハリぶり。

そんなスコールに出くわしたら
傘をさしたりカッパをかぶったりするより
どこかで雨宿りして雨が降り止むのを待つのが賢明。

というか
自分そもそも傘もカッパも持っていませんが何か。

そんなタイの雨季の雨でもこの日は珍しく
昼前から午後にかけて何時間もの長い雨が降り続いた。

そんな長雨を眺めながらもの思いにふける自分。

静かな雨の降り方にどこかしら日本的な風情を感じる。
わびさび的な趣というかなんというか。

自分はやっぱり日本の心を持った日本人なんだろうな。

そんな豊かな感性を大切にしたい。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-22 22:39
交通事故を目撃
f0204561_8565745.jpg活動先からの帰り道。

いつものように自転車を走らせていると
前方ちょっと離れたところで
ガツーンッ!と大きな音。

交通事故を目の当たりに。

見通しのよい片側2車線の直進道路。
そこを合流しようとしていた自動車と
直進していた自動車が衝突。
といったところ。

警察が来て現場検証と事情聴取。
幸いにもケガ人はいないよう。

にわか野次馬な自分。

ともかく
タイ人の運転マナーは褒められたものではない。

「ゆずり合い」というコトバは薄く
歩行者や自転車は無下にされることが多い。

毎日自転車で走っている自分だって
もちろん他人事ではない。

思い出される8か月前のあの衝撃的な事故。
(過去記事『交通事故!』参照)

タイの道路は危険がいっぱい。

気を付けよう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-21 23:51
ベビーパウダー
f0204561_20555596.jpgタイの日用品の中で
いかにもタイならではの代表的なものの1つに
ベビーパウダー。

日本では赤ちゃんの肌のケアのために用いられることがほとんどだが
タイでは老若男女、広く日常的に使われているよう。

特にタイの子どもたちは大好き。

シャワー上がりに
首元、胸元、顔などにつけていく。

自分はタイに来た当初は
その存在を認知してもどこか敬遠していたが
ついにデビュー。


f0204561_20552283.jpgとりあえずパッケージを見比べて
とにかくスカーッ!として気持ちよさそうな
激ひんやり超クールタイプなのをチョイス。

毎晩シャワー上がりに首元ひんやり。
つかの間の爽快気分を堪能。

すっかりタイ人的な生活に浸かっている自分。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-19 01:45
真剣なまなざし
f0204561_1444968.jpgペットボトルのキャップを積み上げて
集中力アップ!
(過去記事『ペットボトルのキャップ積み』

クリアのノルマをひとまず12個に設定。

このノルマがなかなか絶妙で

あと1、2個・・・
あともう少しでクリアというところで
うまい具合にカタカタ・・・と崩れる。

できそうでなかなかできないストレスを感じるのも
子どもたちには大切な経験に感じる。

キレない。
あきらめない。
そんな情緒面の成長にも大切なもの。

f0204561_1474982.jpg何度かチャレンジしていくうちに
ついに成功していく。

その時の達成感をより引き出してくれるのは
このできないストレスがあるからこそ。

本当に真剣な表情で取り組む子どもたち。

こんな顔つきは普段の生活ではめったに見れない。
とてもアツいまなざし。

集中力をつかさどるノルアドレナリンやドーパミンが
脳内をジャンジャンバリバリ大放出中。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-17 23:43
明日へ続く帰路
f0204561_13767.jpg職場から自宅アパートまでの帰り道。
(行きの通勤は『自転車通勤』参照)

毎日日が暮れてから
それなりに荷物を背負って
車道わきを必死こいて自転車を疾走。

行きは微妙に緩やかな上り坂がだらだらと続いて地味につらいが
帰り道は逆に緩やかな下り坂を進むのでずいぶん楽。

そんな帰り道。

距離にして片道7キロ強。
時間にして25分弱くらい。

自転車に乗りながら
いろいろと頭の中で考える時間になっている。

今日その日のこと。
あれがよかった。あれが悪かった。
うれしさを思い出したり凹んだり。

明日やこれからのこと。
どうやって活動を展開させようか。
この先どうなるんだろうか。

いろいろ考える。

「明日」って
「明るい日」って書く。

素敵な漢字。
この「明日」という漢字をあてた人を
すばらしい感性の持ち主として称えたい。

明日は明るい日だから
明日についても明るく前向きに考える。

往々にして自分がイメージした結果になるから。
失敗を考えると結果もおのずと失敗になる。
だからうまくいくことを考えることだけでもアドバンテージ。

凹むこととあっても気持ちを切り替えて。

明日も明るいよい日でありますように。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-15 23:35
教え合い
f0204561_135544.jpgだるま落としやけん玉に挑戦する子どもたち。

当初は自分がやり方やコツを説明・指導していたけど
最近では自分が出しゃばることは少なくなった。

というのは
同じことを何度も言うのが面倒臭くなった
というわけではなく

あえて自分が出る幕を譲り
上手にできるようになった子どもにお願いして
まだ十分にできていない子どもたちに教える。

子どもたち同士で
「教える-教わる」関係をつくるように仕向けている。

自分にお願いされて教える子どもも
他の人に教えることでまんざらうれしげな感じ。

他の人に必要とされることで
自分の存在にも自信がつくんだろう。

自尊感情の芽生えにもつながる。

そんな子どもたち同士で教え合っている姿を見るのは
ちょっと好きでちょっといいなと思う。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-14 23:11
オメデタ産休
そう言えば
先月末か今月に入ってか記憶があいまいだけど
配属先の2代目カウンターパートが職場に不在。

青年海外協力隊ボランティアに愛想を尽かし
ついに仕事をボイコット。

というわけではなく(たぶん)

産休に入ったと思われる。

たしか今月が出産予定だったから。

みるみるうちにお腹が大きくなってきていて
いずれはそうなるとは思っていたが。

元気な赤ちゃん産んでください。

さて
というわけで
ついにカウンターパート不在でボランティア活動をするわけになったのだが

今までカウンターパートが協力してくれたり
協働で活動するということは一切なく
ひとりでできることを地道にしていた自分にとっては
カウンターパート不在になるという衝撃的な出来事があっても
実は身辺的にはそんなに変化はないわけで。

さりとて
カウンターパートのこと
自分の今後のボランティア活動のこと

予測不能。
先行き不透明。

実際どーなるのだろうか。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-13 23:04
サクラ
f0204561_2354274.jpg活動先のチェンマイ少年の家の子どもたちが口にする
「サクラ」という言葉。


1つには
もちろん「桜」。
タイの子どもたちの中の「日本」のイメージとして
「桜」というキーワードがしばしば出てくる。


もう1つ。
推測するに
「(日本人的な)色白な若い女性」
というスラング的な意味があるらしい。

子どもたちに
「サクラの写真を見せて」
と言われていたので

「桜」の画像を見せたら
拍子抜けて満足に至らない表情をする子どもたち。

しばらくそのままデジカメ画像を再生し続けて
「これがサクラだよ!きれいでしょ?」
と目を輝かせて示したのが

こないだ撮影したカーオニヤオ美女(過去記事『カーオニヤオ』参照)だったわけで。

なるほどそういうことか。

というか
子どもたちデジカメ画像にかぶりつき過ぎ。

デジカメに興味があるのと
きれいな若い女性に興味があるのと
外の世界に興味があるのと

そんないろいろ興味のある要素が混じり合って

あっという間にこんな状態。

まったく
仕方ないくらい女好きなオトコ連中です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-11 01:25
広告チラシに釘付け
f0204561_040169.jpg子どもたちと折り紙。

大きな紙を使って折り紙をするとき
新聞紙を使うことが多いのだけれど

ほどよい大きさの広告チラシがまとまって手に入ったので
せっかくなので使ってみることに。

んー、何を折ろうかなぁ。
今日はあれを作ろうか。
それともあれを作ろうか。

そんなこんなで考えている傍らで

子どもたちは
広告チラシに釘付け。

折り紙のことは頭から抜けて
しばらく広告チラシに目を奪われる。

あれがいくらだ
これがいくらだ
みんなで楽しそうに言い合っている。

ここの子どもたちにとっては
広告チラシがものめずらしく映ったんだろう。

折り紙の時間
もとい
頭の中で想像ショッピングの時間。


広告チラシの上で子どもたちの想像が広がる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-10 22:52
アルファベットはめこみパズル
f0204561_1123560.jpgアルファベットのはめこみパズルみたいなのがあったので
子どもたちと一緒に遊んでみた。

手にしたアルファベットのピースと
壁に貼り付けてあった英語アルファベット表とじっくり見比べて
試行錯誤しながらはめていく。


ちなみに
タイの学校では小学1年生から
必修教科として英語教育が実施されているらしく。

f0204561_113076.jpgだけど
少なくとも活動先の子どもたちの英語力を見る限りでは
早期から英語学習を進めても
それほど有効でもないような気がする。

外国語を習得するには
やはり本人自身の高いモチベーション次第ということ。

JICA二本松訓練所で実証済み。
最近は勉強サボってタイ語力もガタ落ちだけど。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-09 23:17