<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
お寺の清掃作業
f0204561_2333298.jpgチェンマイ少年の家のすぐ隣の位置にある
お寺の清掃活動を子どもたちと一緒に行う。

主に伸び放題になっていた草の草刈りや草取り。

自分も手が青臭くなるほど
ブチブチと草を引っこ抜いたり

子どもたちに勧められて
ブィーンと草刈り機をやってみたり。


不思議なくらい子どもたちは勤勉に作業に取り組む。
その姿には感心させられる。

何かしらやることが分かりやすくはっきりしていると
しっかりその活動に取り組むことができるんだろうな。


お寺での清掃作業を取り組んだだけに
何かご利益がありますように。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-16 22:43
ジグザグドリブルからシュート
f0204561_23461810.jpg子どもたちにサッカー指導。

練習メニューの1つ。
「ジグザグドリブルからシュート」

シュートが上手くならなければゴールは決まらない。

ということで
ドリブルからシュート練習。


子どもたちはシュートが大好きで
練習が始まる前のちょっとした時間から
バイタルエリアからシュートを放り込む練習を自主的にしている。

マーカーコーンを縦に5、6本直線において
それをかわし抜けるようにジグザグにドリブル。

ぎこちないながらもマーカーコーンを避けながら
ボールコントロールしてシュートでフィニッシュ。

とりあえずゴール枠に飛んでくれたらそれでよし。


小学生がほとんどの中で
5号級のサッカーボールは蹴るのにちょっと重たいかな。


それでも子どもたちはお構いなしに一生懸命!
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-14 23:24
折り紙
f0204561_1102436.jpg子どもたちと一緒に折り紙をする。

これが自分が思った以上に子どもたちの食い付きがよい。


折り紙がなんとか完成したときの
子どもたちの満足そうなうれしそうな顔に胸キュン。


子どもたちも自分たちが作ることができる折り紙を教えてくれる。

実にうれしそうに誇らしげに。


その一方で
折り紙で浮き彫りにされた子どもたちの課題。

まず不器用。
というかテキトー。
きちんと紙の端を合わせてしっかり折るってこと
つまりゆっくり丁寧に取り組む姿勢を身に付けよう。

あとは指示を聞かない、手本を見ない。
話が聞けるかどうかの基本的なことを身に付けよう。


折り紙ひとつをとっても
子どもたちの課題克服のためにしっかりとしたねらいのある活動になる。
 「丁寧に取り組む姿勢」
 「指示をしっかり聞いて理解する」

もちろん純粋に「楽しむ」ことが一番大事。


自分も折り紙のレパートリーを増やさなきゃ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-13 23:01
バレーボールのネット
f0204561_194232.jpgバスケットコートのところにバレーボールのネットを張ることに。

高校生がバレーボールの大会があるような感じで話していたので
それならばと言うことで少しはバレーボールをしてみようかと。


見慣れていないその光景になんだか違和感。

これからしばらくバレーボールをしていくうちに
ぼちぼちしっくりくるんだろうけど
正直なんかここにバレーはちょっと似合わない感じ。


さっそくやってみたけど
まぁ、普段やってないんだからそうなるよね。

そんな感じ。

これからバレーボールに触れていくにつれて
バレーボールらしくなっていくのかな。


自分としてうれしいことは
バレーボールのネットを張ることで
またいろいろな子どもたちが参加してくれること。

普段とはちょっと違う表情も見せてくれて
それを見るのがちょっとした楽しみ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-12 23:39
一緒にお勉強
f0204561_043736.jpg学校に行っていない(行けていない)子どもたちと一緒にお勉強。

主に国語(つまりタイ語)と算数が中心。

自分も子どもたちと一緒にタイ語を書く練習に勤しむ。

ごくごく簡単な算数を教えてみたり
たまに自分が子どもたちにタイ語を教えることも。

タイ語を聞いたり話したりすることが普通にできても
読んだり書いたりがあまりできない子どもがいるから。


時々子どもたちと一緒に座って授業みたいなのに参加。
そうすると容赦なく指名の集中攻撃を受ける。

子どもたちも自分がいることで
少しだけでも集中が持続する効果があれば。

とりあえず隣で一緒に勉強するのが
ちょっとうれし楽しいようで。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-11 23:51
社会開発人間安全保障省 訪問
改めて
自分の配属先チェンマイ少年の家を管轄する
社会開発安全保障省が自分の活動や様子を伺いに訪問。

自分のボランティア活動にまだ焦燥感や閉塞感を抱いている自分としては
何とかこの機会を状況打開のひとつの転機にしたいと臨んだ。

普段は自分のことを聞き入れようとする姿勢があまり見られない配属先だから
ダメ元でも直接上の方にぶっちゃけて訴えてやろうと。


遠慮なしで言ってやろうと思っていたけど
実際切り出すタイミングが難しかった。


子どもたちと一緒に活動するのはとても楽しい
と一応のプラス面を挙げてから

でも正直に言うと…と切り出して

今のところの自分の活動には満足していない。
職場の協力が全くなくて困っている。
最近スタッフルームにいること自体がストレスに感じる。

などなど。

言いたいことの半分くらいは言えたかな。
もっともっと言いたいこと知ってほしいことはあったんだけど。


どれくらい自分のことが伝わったのかは分からない。

どれくらい配属先に響いたのかは分からない。


さぁ、これでどーなるのか。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-09 22:27
日程はお間違えなく
f0204561_0195132.jpg本来は活動日ではないのだが
配属先であるチェンマイ少年の家を管轄している
社会開発人間安全保障省がバンコクから
自分の活動や様子について伺いに訪問すると聞かされていたので
休日返上で出勤することに。

にもかかわらず
午後のちょっとしたくらいにカウンターパートから
「訪問しに来るのは明日の9時から」
と言われたわけで。


おいおーーーいっ!


確か先月にはこの日だって言ったでしょ?
休みだけど来なきゃいけないって言ったでしょ?


今日が活動日ならまだしも
こっちは休日返上でやって来たんだから
たまったもんじゃない。


週に1度っきりの貴重な休日が
こうして吹っ飛んでいきましたとさ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-08 23:11
ラジオ体操第一
f0204561_0027.jpg子どもたちとの活動でやってみた。

ラジオ体操第一。

日本が誇る国民保健体操。


iPodにポータブルスピーカーを接続して音楽を流してやってみる。

それぞれの体操の動きについての説明や解説は抜き。

子どもたちは前に立つお手本の自分を見よう見真似。

子どもたちにとっては体操というより
踊りを踊ってるように楽しんでいる。

体力の向上と健康の保持増進を目的とするとともに
楽しく日本文化に体験的に触れることができて一石二鳥といったところ。

これから毎週恒例にしてみようか。

第二体操は第一体操が落ち着いてからぼちぼち。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-07 22:54
フットワーク強化練習
f0204561_226385.jpg子どもたちにサッカー指導。

練習メニューの1つ。
「フットワーク」

サッカーはボールを「蹴る」スポーツでもあるけど
それ以上に「走る」スポーツでもある。

敏捷なフットワークは
正確なボールコントロールに必要な要素の1つ。

ゲームの状況に応じた走り方をするための基礎。

強靱な足腰やしっかりと地面を踏みこんで蹴るための筋力強化にもなる。

マーカーコーンを10個ずつ置いて
俊敏に小幅でまたいだり飛び越えたりしていく。

そして、ダッシュ!ダッシュ!ダーッシュ!

真面目に一生懸命にすればこれだけでもかなりハードな練習。

タイの子どもたちには不足しがちな「根性」「スタミナ」が身に付くかな。
横着してると練習の効果は激減ですよ。

自分も子どもたちと一緒にフットワーク強化練習。
足がもつれてしまうこともしばしば。

寄る齢波にはまだまだ負けん!
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-06 22:33
芝生の上でまったり
f0204561_125795.jpgいつも平日は時間を持て余すのだけれど

この日は朝からサッカーやらキャッチボールやらバスケやら縄跳びやら
ヘトヘトになるくらしっかり動き回る。

疲れたら子どもたちと一緒に
その場の芝生の上に座ってまったりとした時間を過ごす。

それぞれにお話をしたり
手遊びをしたり
ごろーんと横になってくつろいだり。
(手前で寝ているのは自分ではなく子どもです。)

ゆったりとした時間が流れる。

とても心地いい。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-05 22:44