<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
隊員ハウス一斉大掃除
f0204561_22131345.jpgボランティア隊員総会でボランティア一同が会するこの機会に
ボランティア隊員ハウスを一斉大掃除を行う。

半期に1度のまさに総力戦。

自分が割り当てられた掃除場所は3階ユニットバス。

隊員ハウスの中でも
最も派手に汚れている場所の1つに挙げられる。

掃除する範囲は小さいが汚さが凝縮。

狭い部屋にひとり引きこもって黙々と掃除をしていく。


f0204561_2228381.jpg掃除前の洗面台。

この白いのは何だろう?
水アカ?石鹸カス?

手ごわそうな汚れに立ち向かう。



f0204561_22282127.jpg掃除後。

こんなにきれいにしてあげました。

ピカピカに輝いてるし。

きれいになって満足満足。

f0204561_22284384.jpg掃除前のバスタブ。

洗面台と同じく水アカらしき白いものが。

終盤の疲れに負けず
ここまできたらと意地と執念で仕上げる。

噴き出す汗の量と言ったらハンパない。

f0204561_2229597.jpg掃除後。

こんなにきれいになりました。

通販の洗剤のプロモーションに使えるくらいの掃除前後のギャップ。

きれいなお風呂だとシャワーもさぞかし気持ちよさそう。



掃除って
取りかかる前は正直めんどくさーいと感じるけど
やってみるときれいになるのが目に見えて
楽しくなって夢中になってくる。

きれいになると自分の心もスッキリ!


自分の部屋を掃除するときも
これくらい一生懸命になれたらいいんだけど。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-27 23:42
ボランティア隊員総会2日目
f0204561_1435253.jpgボランティア隊員総会2日目。

午前中は
青年海外協力隊どうしで
グループに分かれてのディスカッション。

テーマは
「人生における満足度は高い教育に比例するか」
というもの。

壮大なテーマであると同時に抽象的でもあって難しい。

結局のところ
「満足度」というものは主観的なもので人それぞれちがうもの。
なので
高い教育という尺度で測ることはできない。
と、ひとつの結論。

自分にとってもどのようになれば本当に満足なのか未だ模索中ですから。
今の自分に満足と言えば満足だけど
それが本当に満足なのかどうか・・・とか。
一生かけて探していきます。

f0204561_144335.jpg午前中最後には
講話1:ナショナルスタッフによる講話。
「ナショナルスタッフから見たボランティア」
  ・変わりゆくタイの中で昔と今のJICAや隊員のようすの変化
  ・タイ人から見た日本人
  ・配属先で苦労する点、注意すべき点  など

午後の初めに
講話2:青年海外協力隊OBによる講話
「ボランティア経験を通して思うこと」
  ・アフリカ、アジアの青年海外協力隊の活動
  ・JICA枠国連ボランティア制度について
  ・今までのボランティア活動を通して思うこと  など

最後に
安全対策連絡協議会
その中で交通事故ケーススタディーがあって
大勢の前で自分の交通事故(参照:『交通事故!』)について恥ずかしながら発表。

みんな長丁場で疲れていただろうので
さっさと終わらせた。

2日間にわたるボランティア隊員総会。
みなさん、お疲れ様でした。

自分も疲れました。
でももちろん楽しくて有意義でした。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-26 23:33
ボランティア隊員総会1日目
f0204561_17181469.jpgボランティア隊員総会とは
タイに派遣された派遣期間中の青年海外協力隊員とシニアボランティアが
バンコクへ集まって会議、情報交換、懇親会などを行うもの。

1日目は午後から開会。

ずらずら~っとボランティア隊員活動報告会。


シニアボランティア活動報告
  20年度4次隊 ウボンラチャタニ 看護研究
  19年度4次隊 ナコンラチャシマ メカトロニクス
  20年度短期  バンコク  生産工学
  20年度短期  バンコク  鑑識技術
  20年度短期  バンコク  地震学
  20年度短期  バンコク  地震学
  20年度1次隊 バンコク  鉄道信号
  20年度短期  ウドンタニ 機械技術

青年海外協力隊ボランティア活動報告
  20年度2次隊 ヤソートン 手工芸
  20年度1次隊 ナコンシータマラート PCインストラクター
  21年度1次隊 ノンタブリ 青少年活動
  20年度4次隊 プラチュアップキリカン 電気・電子
  20年度3次隊 チュンポン 観光業
  20年度1次隊 スリン 農業生産技術
  19年度4次隊 チャチュンサオ 日本語教師


f0204561_1718333.jpg合計15名の活動報告をブースを4会場に分け
それぞれ聴講希望する発表を聞いていく。

この活動報告会の準備運営を担当していた自分として
できるだけ発表者の一方的な報告にならないように
ブースを分けて少人数制にしてみたり
双方向的な発表のためにいろいろと考えていたが
実際は自分の思い描いていた通りにはいかず。

それでも
今回、活動報告をしていただいた発表者が
とても分かりやすくて楽しい内容にしてくれていました。
感謝感謝です。

自分も活動報告してみたくなったけど
自分なりに考えている予定としては
満を持しての1年後の次々回。

帰国直前の隊員総会のときにするつもり。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-25 19:22
ボランティア隊員総会実行委員会
f0204561_01256.jpgボランティア隊員総会前日。
チェンマイからバンコクへ上京。

JICA事務所にて隊員総会実行委員会と調整員とで
明日から行われるボランティア隊員総会の最終打ち合わせ。

今回の隊員総会を実施するにあたって
隊員総会実行委員会になった自分。

各隊次から1名以上選出することで
誰もいなかったらなってもいいと言ってみたら
本当に誰も立候補しなかったので
自分が実行委員になったという経緯。

隊員総会の目的として
 ・隊員相互の親睦を深める
 ・抱えている悩みや問題を共感し合い、打開案やその後の活動の活力を得る
 ・それぞれが持っている有益な情報や知識、経験の共有を図る

という3つの柱を掲げて
よりよい隊員総会を行うために7人の実行委員会で
あーだこーだと知恵や意見を出し合っては思案を重ねてきた。


f0204561_081869.jpg別室では
別の係が集まってタイのボランティア隊員の機関紙「サバイディ」の
印刷・製版作業に取りかかっている。

みんな準備がんばってます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-24 16:52
アルファベットのジェスチャーゲーム
f0204561_16253718.jpg平日に学校へ行っていない子どもたちと一緒に勉強。

意外にも
タイの学校教育カリキュラムには
小学1年生から英語学習がある。

学校に通っていない子どもたちも
英語のアルファベット大文字を勉強してみる。

AからZまでの26文字を覚えられたかどうか
前のホワイトボードに順番に書いていく。

アルファベットが進むにつれて
だんだんと子どもたちの記憶が怪しくなり
他の子どもたちからの救いの手が出る。

でついに最後の方には
他のどこもたちが空に指で書いて教えてもらいながらの
ジェスチャーゲームになってた。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-23 22:27
手裏剣
f0204561_1291664.jpg子どもたちに折り紙講座。

今回は「手裏剣」を折ってみる。

自分が実演を示しながら説明しながら折っていくが
どうもせっかちなのか
気持ちが先走ってしまうのか
きちんと見ずに自分でなんとなく折ろうとする子もいる。

で結局折れなくなって
困って半べそ状態で自分に救いを求める。

あいかわらずだけど
それがまた
どうしようもなくかわいいところでもある。

そんな子どもたち。
それでも
紙の端と端をきちんと折り合わせる意識は
前回よりはるかに増しているように感じる。

ていねいさが身についてきたかな。

出来映えもなかなかのもの。

子どもたちも折り紙に
「もっと折りたい!」
「次は何を折るの?」
と目を輝かせてやってくる。

次は何にしようかと考える自分も楽しみになる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-21 23:19
バレーボールの指導
f0204561_010298.jpg子どもたち(主に高校生中心)にバレーボールの指導。

自分はバレーボールの指導の経験はゼロ。

まして
自分のバレーボールの経験歴と言えば
体育、球技大会、親睦バレー
といったもの。

上手というレベルではないのだが。

だから
バレーボールの指導というよりかは
子どもたちと一緒に練習をする
と言った表現の方が近い。

いつものだいたいの練習メニューは
  アンダーハンド(レシーブ)
  オーバーハンド(トス)
  サーブ
  スパイク
  ゲーム
とか基本的なもの。


まだ自分が子どもたちよりひとつ抜けて上手なもんだけど
子どもたちが上手になって追い越されるのも時間の問題。

伸び代は子どもたちの方がはるかに大きいから。

どんどん伸ばしていくぞ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-20 23:03
ビー玉の遊び
f0204561_23412275.jpg活動先であるチェンマイ少年の家の子どもたちの間で
今週くらいからグググッと
ビー玉を使ったこの遊びが大ブーム。

施設内のあちこちで
子どもたちがこの遊びに興じている姿が見られる。

だいたいの子どもたちは
自分のビー玉をマイボールとして持っているくらい。

自分も子どもたちにまじって参加してみる。

ルールとしては
いわゆるおはじきのような感じなんだけど

はてさて
いつものごとく子どもたちの遊びのルールを理解しきれない自分。

さらに
ビー玉をはじくにはかなり熟練した技術が必要のようで。

圧倒的に上手い子どもたち。
どこからでもパチンパチンと当ててくるのには本当に驚き。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-19 22:56
手芸教室
f0204561_23353199.jpgいつものように子どもたちと一緒に食堂で昼食を食べて
そのままのんびりと食堂で歯みがきをしながらくつろぐ。

そこに同僚職員のおばちゃんが
毛糸でなにやら編んでいたので寄ってみる。

慣れているのかかなり手際がいい。

自分も編んでみろと勧められ
おばちゃんの得意げな指導のもと
手芸教室が繰り広げられた。


決して器用な方ではなく
眉間にシワが寄る自分。


それでも
ちょっとだけのお付き合い程度のつもりが
ついつい没頭してしまった。


のんびりとした食後のひととき。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-18 23:34
お腹のうがい
朝起きて異変を感じる。
カラダがダルくて重たく感じた。

腹痛そして下痢。
しかも超ボス級。

タイに派遣されて丸8カ月近くでの下痢デビュー。

自分は鉄の胃腸の持ち主かと思っていたが
さすがに甘くはなかったか。

最近疲労が抜けきれない感じが続いていたので
抵抗力も落ちていたのかも。


様子を伺いながら出勤するかどうか迷ったが
しばらくすれば治るだろうと思って
ちょっとムリして活動先に出かけることにした。

しかしこの判断は間違いだった。

午前中はなんとかごまかしきったものの
午後から容赦なく迫りくるビックウェーブ!

グッタリKOでほとんど使い物にならない状態。


帰宅してからも下痢フィーバー。
勢いはとどまることなく否応なしに襲撃してくる。

脱水症状を避けるために水分を摂るものの
そのたびにすぐ水分が排出されていく。

まるで
「お腹のうがい」

自分の人生いまだかつてないほどの獰猛さ。

あー、しんどい。
というか、いい加減しつこい!
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-17 22:17