<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ガチのケンカの仲裁
f0204561_846345.jpgどこからか子どもの怒号が耳に入ってきた。

そして声の元から子どもがやってきて
こっちに早く来てと言われた先には
子ども2人が激しい口論を交わしている。

一緒にいることが多い仲のいいふたり。
同じ中学生。

何があったのかよく分からないし、
何を言い争っているのかもよく分からないし。

だけど両者とも泣け叫んでいて言い合っている。
たまに手が出る、足が出る。

小さな子どもがおっかなくなって自分を呼ぶのも無理はない。

けどしばし様子を見て判断。
あえて積極的には仲裁には入らなかった。

正々堂々と1対1のガチのケンカ。

子どものケンカに大人は不用意には介入せず。

ふだん仲のいいふたりなのだから
納得いくまでとことんやった方がいい。

もちろん同じケンカであっても
1対多数であったり
圧倒的に力に差があったりしていたら
話しは全く別ではあるが。

仲裁役として自分がしたのは
お互い危険行為がないように
ふたりのすぐそばでそのケンカの一部始終を見守ること。

まるで格闘技のレフリーのように。


たくさんの子どもたちが見守る中
ケンカは落ち着きを見せひとまず落ち着く。

これだけさまざまな子どもたちが
ずーっと一緒に生活している中で
ケンカのひとつやふたつしたって不思議ではない。

むしろ日常茶飯事的だ。

喧嘩上等。
しかし
いじめ、暴力はいけません。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-30 22:41
打製石器
f0204561_9272586.jpg子どもたちが何やら
ガチッガチッと石で瓦礫を打ちつける。

作っているのか

はたまた

壊しているのか

どちらか分からないけど
とにかくみんな夢中。

一心不乱に打ちつけては打ち…。

子どもたちの発想と工夫次第で
そこら辺にあるのは何でも遊び道具になる。


でもこのあと
散らかし放題で去ったために
どえらく怒られてしまっていました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-29 21:26
タイ国際航空 航空券発券
f0204561_2394392.jpg来月には健康診断のためバンコクへ上京予定。
今回は空路利用可なので航空券を入手。

チェンマイからバンコクへ。
エアアジア航空は格安で行けるのだが
JICAタイ事務所が負担してくれることもあって
せっかくならばとちょっと甘えてタイ国際航空で。

原則として店頭にて現金払いでの購入ということなので
チェンマイ北門(チャンプアック門)すぐ近くのタイ航空オフィスへ。

前日にも行ったのだけど営業時間を過ぎてしまっていた。

カウンターの待ち受けシートを取り、しばし待つ。

自分の番号が無機質な機会のアナウンスで呼ばれる。

ここからすべてタイ語でカウンターの女性と一騎打ち。

発着日時を間違えなく伝える。
もちろんエコノミーで。
往復というのも忘れずに。
価格を一番安い設定で。

事前にネットで下調べした価格よりずいぶん安かった。
これはよかった。

とにかくeチケットと領収書をしっかりと入手。
これで無事バンコクに行けるでしょう。

日本でもめったに空路を利用しない田舎っぺなだけに
まして異国の地での初めての航空券発券はちょっと緊張ものだった。

はじめてのおつかい気分ながら上手くいきました。

おまけに最後に「よくできました」とタイ語でほめられて。

なんか久しぶりに人からほめられたような。

子どもたちをほめてばっかりもいいんだけど
そりゃたまには自分もほめられるのもうれしいもんです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-27 19:05
タイ人がよくする質問FAQ
日常会話でタイ人がよくする質問。

【ゴハンもう食べた?まだ?】
あいさつのように口から出てくる言葉です。
さすがにタイ料理が有名だけあって
会話でもゴハンの話題が中心なんだなと思わせられる。


【どこに行くの?どこへ行ってきたの?】
これもあいさつ代わりのことば。
「どう?元気?」みたいな感じ。
まじめに「どこどこへ行きます。(行ってきました。)」答えることもあれば
「ちょっと外へ」とか「あそこ」とかテキトーに。
それでいいくらいの軽い感じのやりとりです。


【おいしい?】
タイ料理はタイ人の誇りみたいなのかな。
「どうだ?俺の国のゴハンはおいしいだろう」といった感じ。
ほとんどの場合「おいしい」と答える。
めったにないけど、たまに口に合わないときがにあっても
さすがに「おいしくない」とは答えず、
そのときは「食べられる」と答えています。


【暑いなぁ。暑くない?】
タイは年中ほとんど暑いです。


【これ日本にもある?日本語で何て言うの?】
それぞれの子どもごとに聞かれる。
しかも何度も聞かれる。
前にも答えたのを覚えていない。
まぁテキトーなんだぁと。
さすがに何度も聞かれるとだんだん面倒になるんだけど。


【タイ人はきれい?日本人はきれい?】
誘導尋問です。
「きれい」という他にどんな答えがあるのだろうか。
期待通り「きれい」と答えると満足げな表情をしてくれます。
「どちらがきれい?」と応用質問をされると
正直に「日本人」と答えると
ちょっとガッカリした表情になります。


【家族は何人?兄弟姉妹は?】
家族を大切にするタイ人の気質の特徴が表れているんだろうなと。


【恋人はいる?結婚してる?】
恋愛事情にはめっぽう興味があるようで
当然のようにぐいぐい突っ込んだ質問をします。


こんな感じです。


このようなよくある会話のやりとりで
この国の気質なり特徴なりが分かってくる感じです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-26 19:19
水道フィルター
f0204561_9103098.jpg

何これ?!


交換して取り外した施設の食堂の飲用水道のフィルター。


この汚れたフィルターを通った水を飲んでいるのかと思うと
だいぶおっかない。

汚れたフィルターの様子が見えているので
自分は飲むのを拒んでいるが
子どもたちは知ってか知らずか当然のごとく飲んでいる。


水って人間の体にとって不可欠で重要なもの。

毎日口にしている子どもたちのことを考えて
もうちょっと水の衛生状態には気を遣ってもいいんではいかと思うんだけど。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-25 21:56
ななめ45°
f0204561_9391594.jpgバスケットボールのシュート練習。

ゴール下ななめ45°からのセットシュート。

ボードの黒枠に当てる感覚で打つと入りやすいと指導。

シュートの基本中の基本かな。

体の小さく非力な子どもにはボールがなかなか届かないので
ツーハンドシュートを推奨。

素直に聞き入れる子どもたちもいれば
あくまでも自己流を貫き通すこともいる。


ある1人の子ども。(写真)

ゴール下ななめ45°からのセットシュートの指導のあと
シュートが決まるのがよほどうれしくて気に入ったのか
ゴハンの時もバスケットボールをキープしている。
そして自分もそばから離れることを許されなかった。

バスケットボールの楽しさを感じるとともに
バスケットボールに新しい自分を感じているように見えた。

今までとは違う、より高い所にいる自分を見つけたのか。
そんな感じを思わせる。

そんな子どものまっすぐな気持ちを意気に感じ
1日中ずっととことん付き合いました。

彼も飽きることなくひとつ覚えのゴール下ななめ45°からのセットシュートを繰り返す。


シュートを打ちまくることが大切。

打った分だけ上達する。
打った分だけ自信になる。

素直な分だけ伸びるのかな。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-24 23:16
帰り道のゾウ
f0204561_10113126.jpg勤務先チェンマイ少年の家からの帰り道。

ゆっくりを動く巨大な物体に遭遇する。

ゾウ。


どこかのエレファントキャンプから
お小遣い稼ぎでここまで来たのだろう。

さすがはタイだ。

まさかのゾウに興奮。

触りたかったけどあと一歩出なかった。
残念。
でもいつか触ってみたい。


ゾウに遭遇するってなんか縁起よさそう。

いいことあるかな。

もしや『夢をかなえるゾウ』の「ガネーシャ」だったのか?

だとしたらぜひともご利益にあずかりたいものです。


「何かいいことないかなぁ~。」(ため息)

最近の口癖・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-22 22:38
すっごーい!
f0204561_8393813.jpg「すっごーい!」という日本語。

毎日子どもたちを褒めては口にしているので
子どもたちもすっかり定着したみたい。

ちなみに
「すごい」はタイ語では「スッヨーッ(ト)」

音がとても似ているので覚えるのが早いのにも一役買ったのだろうと。


自分もあえて同じように似せて
「すごい」を強調させて「すっごーい!」と言っていたわけで。

「すっごーい!」と言われて褒められると
ホントうれしそうな子どもたちの表情を見ると
こっちもうれしくなります。

いつも子どもたちの頑張りをとらえては
力いっぱい褒めていくようにしています。

それが子どもたちにとってさらなる力になる、自信になる。


逆に子どもたちから自分にも「すっごーい!」と言われることもあって
やっぱり褒める、褒められるのはうれしいね。


今日も声を合わせて
「すっごーい!」
と楽しく盛り上がりました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-21 22:16
タニン市場
f0204561_962467.jpgタニン市場は最寄りの市場(タラート)。

言わば自分の台所のようなもの。

アパートから自転車で5分くらいのところ。

お肉や野菜などの生鮮食品売り場や惣菜屋さんなどが立ち並ぶ。

市場内の通路をゆったりと歩いていると
売り込みのおばちゃんの声が聞こえてくる。

自分はもっぱら
朝食のバナナや食パンを買ったり、
おかずの惣菜やもち米ごはんやソムタムをお持ち帰りしたり、
甘いデザートに手を伸ばしたりする。
食堂が20軒くらい固まっていて
そこでご飯を食べたりもする。

都市化の波が押し寄せるチェンマイでは
ライフスタイルも近代的に変わりつつある現状。

その中でもタイらしい雰囲気を色濃く残す市場は
そんな雑踏の中をウロウロしながら時間を過ごすだけでもなかなか楽しい。


何と言ってもメガストアやスーパーより格段に安いってのが一番の魅力。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-20 19:38
けん玉
f0204561_928529.jpg日本の伝統的な玩具とも言える「けん玉」。
子どもたちに貸し出して遊んでいます。

とりあえずけん玉の基本的な技とも言える
「大皿」「小皿」「中皿」「とめけん」にチャレンジする子どもたち。

グリップの握り方や玉の引き上げ方とか見ると
おそらく実際にけん玉をするのは初めてのよう。

大皿に乗せるだけでもひと苦労な様子。


手本を見せてという子どもたちに
スコン、スコンと技を決めると
「おーっ」というリアクション。

とめけんを見せただけで拍手が起こることも。

飛行機、ふりけん、地球まわし、はねけんとかを見たら
いったいどんな反応を見せるんだろう。


見慣れない日本のおもちゃに興味津々の子どもたち。

上達するかな。
そしたらまたいろいろな技を教えよう。
そのためにも自分もまだ練習しなきゃ。


来るか、けん玉ブーム。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-18 21:23