<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ラブレター
f0204561_23245374.jpg15歳の男の子がひとりこっそり自分のところへ訊ねてきた。

自分が書いたタイ語の文章を
日本語でどう書くのか教えてほしいとやってきたようだ。

読んでみる・・・。

ふむふむ、なるほど・・・。

一部、分からないタイ語があったんだけど、
文脈から推測してみる。

「これ、彼女の名前?」
「ケンカしちゃったんだね?」
「あ、なるほど。・・・で、仲直りしたいってこと?」

笑顔でうなずいて答える子ども。


ビンゴ!


さすがに年頃だ。
しかも恋愛のことについての日本語を聞いてくるなんて。


  『おこらないで。
   ぼくはきみとなかなおりしたいんだ。
   ぼくはきみのことをあいしているから。』


日本語を書いている自分が照れてしまう。

頑張れ!青春!
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-17 23:21
フラッシュ百まい計算
f0204561_22214685.jpg子どもたちの学力向上と
学習に対する意欲・関心・態度を育てようと
楽しく気軽にできる簡単な計算練習を考案してみた。

100ます計算ならぬ「100まい計算」

ヒントは100ます計算。

プリントでするには紙がもったいないので
0~9の組み合わせの足し算合計100枚のカードにして
子どもたちの解答に合わせて次々とめくっていく。

計算に関する基礎的な技能を身につけるとともに
100マイ計算の活動を通して楽しくすすんで
学習しようとする態度を育てていくことをねらう。

単純な計算を大量に処理させることで
子どもたちに達成感を与えて
学習習慣になじませようと考えているというわけ。

小学生低学年から高校生まで取り組むことができる。
子どもたちの食いつきもよく一生懸命。

でもこれで明らかになった子どもたちの基礎学力の実態の側面。

予想以上に学力レベルは低い傾向。

思いの外、苦戦して時間がかかる子どもたちが多い。


くじけるな!

あきらめるな!

これから何度もチャレンジして
計算力や集中力を高めよう!

自分自身を鍛錬せよ!
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-16 22:15
太陽と地球の距離感
f0204561_21412715.jpg人間関係においてお互いの距離感って大切。

自分の理想としては
例えて言うなら
太陽と地球のような絶妙な距離感。


火星や木星などのように
遠く過ぎてはよくないし

だからと言って
水星や金星のように
近ければいいってわけでもなく

近すぎず遠すぎず、ちょうどいい距離感。

この距離感がムズカしい。

こうしてみると地球って改めてスゴい。
ホントかけがえのない奇跡の星。


子どもにとって太陽みたいな存在
・・・てのはさすがにちょっと言えないけど

ときにたのしく
ときにやさしく
ときに甘えさせ
ときに厳しく。

自分とここの子どもたちとの距離感も
お互いつかめ始めてきたかな。

子どもそれぞれによっても
求める距離感って違ってあるから。

ここの子どもたちには家族から離れて生活している分
自分とは地球よりちょっと近めの距離感の方がいいのかも。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-15 21:35
子どもたちの休日自由時間(2)
f0204561_22511472.jpg休日の子どもたちのはどのような過ごし方をしているか。


  テレビを見る。


休日にだけお披露目される施設内で貴重なテレビに
まるで街頭テレビのごとく子どもたちの人だかり。

子どもたちが見るのは
たいていアニメだったり昼ドラみたいのだったり。

1日中テレビにクギ付け。

そんな子どもたちの様子を見て
こんなテレビ壊れちゃえとか正直思っちゃいます。

テレビに敵対心。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-14 20:23
子どもたちの休日自由時間(1)
f0204561_2155190.jpg休日の子どもたちのはどのような過ごし方をしているか。


  昼寝をする。


どうやらすっかり習慣になっている様子。


確かに食ったら寝るのは心地よくって・・・。


こんな昼間の暑い中では何かしようとする気も失せて。

暑い中でいるだけでバテて疲れしまうし。

寝てしまえば暑さもしのげるし。

・・・といったところだろうか。


でも自分の活動に参加した方が
きっと楽しくて有意義なはず。

そのうち分かってくれたらなぁと信じてます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-13 22:46
チェンマイ動物園引率
f0204561_22271512.jpg小学生から中学生までの子どもたち希望者の
チェンマイ動物園への遠足の引率。

子どもたち総勢46人。

バスの中からテンション上がりまくりの子どもたち。
座席になんて座ってられないほど。

開園9:00に合わせて入園。
堰を切ったかのように
ブワァーっとあちこちへ走りまわる子どもたち。

なるほど。
みんなのシャツがそろってピンクなのは
どこに行ったか分からなくなっても
目立って分かりやすいからだ。

f0204561_22301088.jpg自分も子どもたちに腕を取られ手を引かれ
汗だくになりながら振り回されて疲れました。

チェンマイでにわかにブームの子パンダも
テレビ画面越しで感動薄・・・。

動物園の動物よりも
子どもたちの方が見ていて楽しいんだけどね。

そう思うとおサルさんに見えてきた。

あちこち自由気ままに行動しているようで
度々の人員点呼のときにはしっかりそろって集合しているから
それがなぜか不思議。

とりあえず事故なしケガなしで
子どもたちも思う存分楽しでくれてよかった。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-12 21:30
なかよしのしるし
f0204561_21442929.jpg自分と子どもたちとのあいさつ的なコミュニケーションとして。

お互いのこぶしを合わせると同時に
手を開いてお互いの手の甲を合わせる。

言うなれば「グータッチ・パー」

声には出さないものの
気分的には「イェ~イ♪」といった感じで。

いつからかオリジナルで考えたのが始まって
今では自分と子どもたちの間の特別なやりとり。

f0204561_21471829.jpg子どもたちのノリのよさも手伝って周知されると
我も我もと自分のところへ「グータッチ・パー」をしにやって来る。

おもしろいように一気に流行りだした。

子どもたちの中では
自分とこの「グータッチ・パー」が上手くできることが
ある種のステータスになりつつあるよう。

子どもたちと心通うこのやりとり。
子どもたちも自分もかなり気に入ってる。

なかよしのしるしみたい。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-11 22:14
鍵盤ハーモニカの練習
f0204561_2313233.jpgどこからともなく聞こえてくる音階の繰り返し。

音の主はサッカーグランドの隅っこの木陰から
一人の子どもが鍵盤ハーモニカで奏でている。

ドー レー ミー ファー ソー ラー シー ドー
ドー シー ラー ソー ファー ミー レー ドー

ただひたすらこの繰り返しを聴かせてくれる。


この単調なリズムの繰り返し。
どこかで聞き覚えのあるような・・・

あ・・・

体力測定テストの20メートルシャトルラン。
あの往復持久走。

体力測定テストのシーズンに
教室で授業しているときに
体育館から聞こえてきたあのメロディを思い出した。


思わず苦笑。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-10 22:58
15歳の算数
f0204561_22435444.jpg彼は15歳。
中学3年生。

でも

彼が取り組んでいるプリントは
小学1年生程度の足し算。

様子を見るとまるで理解できていない。

直感的に知的発達遅滞があるように察する。
・・・おそらく。

この施設にも知的障害の子どもたちも何人かいるように思える。
いや、何人かというか、かなりいるかもしれない。


タイでは学習弱者に対しての支援はどのようにされているのだろうか。

彼らは学校でどのように過ごしているのだろうか。


あらゆる子どもたちに
教育や学力を保障するってホントすごいこと。

タイは中進国になり教育水準も高くなってきているとしても
学習弱者へのケアに関してはまだまだなんだろうかな。


と考えているよりも
まず自分は目の前の子ども。


腰を据えて一緒にプリントに向き合う。

正解するととてもいい笑顔を見せてくれた。

勉強って楽しいでしょ?
「わかる」「できる」って気持ちいいでしょ?

そんな気持ちを分かち合うことができてよかった。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-09 20:49
早くも2回目
f0204561_2335480.jpg自転車がパンク。

早くも2回目。

今回は前輪。

昨日の通勤への道、
避けきれずに何か尖ったものを踏んでしまった。

帰り道は特に気になることもなかったので
大丈夫かなと思っていたけど
徐々に空気が抜けていったようで。

前回と同じお店で同じように修理へ。

お店の人も顔を覚えてくれた。
というか
こないだ後輪のパンクの修理に来たばかりだから。


タイヤチューブ交換 100バーツ(約300円)。


これで前後両方ともタイヤがパンク。

次はペダルが外れるのかな?
なんて自虐的に。

いやはや自分の不注意もあるにせよ
ここのへんの道路状況は
自転車にとってはあんまりよろしくないです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-07 21:30