<   2009年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
チェンマイ-バンコク 夜行バス
f0204561_23291450.jpgチェンマイはバンコクから北へ約700キロ。

バンコク-チェンマイ間の移動には
飛行機、長距離バス、鉄道を使うのが一般的のよう。

飛行機での移動は70分程度なので便利だけど
今回の隊員総会での交通費は陸路のみ実費立替支給なので
長距離バスでの移動になりました。

バスでの移動所要時間は約10時間程度。

バスターミナルは
バンコクは北バスターミナル(モーチット)
チェンマイはアーケード・バスターミナル。

長距離バスにはいろいろなクラス(等級)あるみたいだけど
とりあえずVIPバスに乗り込みました。
806バーツ。

左側1列、右側2列の座席。
リクライニングもぼちぼち。

実際に長距離夜行バスに乗ってみて分かったこと。

エアコンが効いているので
特にエアコンが苦手な人は長袖が必要。

あとテレビや音楽、周りのケータイなどいろいろな音が気になるので
耳栓をたまたま持ってきて助かった。

夜行バスなのでがっつり熟睡できたのかはさすがに実感なし。


次回バンコクへ向かうのは3カ月後の健康診断のときの予定。

このときは空路OKなのでひとっ飛び!

やっぱり飛行機移動の方がいいです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-30 22:19
隊員ハウス大掃除
f0204561_019818.jpg2日間の隊員総会明け。

朝8時から隊員ハウスの大掃除を決行。

1階に全員集合して作戦会議。

自分が割り当てられた掃除場所は1階リビング。

大きなソファーを外へ移動させて
床を掃いてから雑巾がけ。
一番大変だったのは網戸の掃除。

雑巾も真っ黒。

けどきれいになったという実感がないのはなぜだろう。

ひたすら2時間。

終盤はスタミナ切れてくたくた。

大掃除が終わったら
部屋でぐったり休んで疲労回復に勤しみました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-29 16:21
隊員総会2日目
f0204561_1135549.jpg隊員総会2日目。

大まかな日程はこんな感じ。

  ・受付
  ・隊員活動報告会③ 20-2 日本語教師
  ・隊員活動報告会④ 20-3 コンピュータ技術
  ・自主講座① 「タイの行政」
  ・自主講座② 「日本語教師による授業活動例紹介」
  ・自主講座③ 「カレン族難民古着支援について」
  ・OVによる講話
  ・これからの隊員総会について
  ・新隊員歓迎会(隊員ハウスにて)


中でもカレン族難民については特に関心を引かれた。

自分の派遣期間中に機会があれば
カレン族難民キャンプに訪問できればと。


今回の隊員総会の終わりに
隊員総会のあり方について考えることになりました。

そもそも隊員総会の目的・意義は何なのか。
それをすべての隊員が共通理解しなければならないのではないか。

赴任後1カ月後に開催された初めて参加する隊員総会ということもあり
久しぶりに同期隊員に再会したり先輩隊員と顔を合わせたりして
話しをすることだけで満足していた自分。

もう1歩深く踏み込んで隊員総会に参加せねば。


f0204561_1204246.jpg夜には隊員ハウスで自分たち新隊員の歓迎会。

個性豊かな先輩隊員たちのアツい歓迎もあり
久しぶりのアルコール摂取。

最後の最後には
自分のバースデーケーキを用意してくれて
みんなで誕生日を祝福してくれるサプライズも。

その準備のためだったのか
先輩隊員に別室に呼び出された時には
キツイ洗礼を受けるのかとイヤな緊張感でしたが。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-28 23:07
隊員総会1日目
f0204561_13372020.jpg隊員総会1日目。

隊員総会とは
タイに派遣された派遣期間中の青年海外協力隊員が
バンコクへ集まって会議、情報交換、懇親会などを行うものです。

チェンマイから夜行バスで早朝にバンコクに到着。
朝早すぎてJICA事務所もまだ閉まっていました。

大まかな日程はこんな感じ。

  ・受付
  ・自己紹介、レクリエーション
  ・隊員活動報告会① 19-1 日本語教師
  ・隊員活動報告会② 20-4 PCインストラクター
  ・JICA事務所より連絡(SV合同)
  ・SV/JOCV合同懇親会


隊員総会開催の時期に合わせて
隊員紹介、任地紹介活動報告などをまとめた冊子があります。

内容も楽しいもので隅から隅まで読み通して
また何度もじっくり読み返しても飽きないくらい。


初めての隊員総会。
久しぶりの同期隊員との再会や
先輩隊員との対面を何より楽しみにしていました。

みんなが顔を合わせて情報交換だけでなく
お互いの苦労や普段の生活のことを
よもやまと話をすることができることができました。

正直少し活動に対してどうしたものだか
モチベーションを維持するのが精いっぱいなところがあったのですが
今回の機会があったことで少しだけ回復。
これからもガンバんなきゃって気持ちになれます。

自分ひとりだけがもがいているんじゃないって奮い立たせられます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-27 22:23
隊員総会に行ってきます
明日から隊員総会があります。

タイに派遣された派遣期間中の青年海外協力隊員が
バンコクへ集まって会議、情報交換、懇親会などを行うものです。

今回自分が派遣されて初めて開催される隊員総会で
もちろん隊員総会初参加。

自分たち新隊員の歓迎会もあるようです。

先輩隊員からいろいろアドバイスも戴きたいです。


隊次、職種、任地を越えて
半年に1度みんなが顔を合わせて
さまざまな話をすることができる貴重な機会。

隊員同士の情報交換はもちろんのこと
日本語でたくさん愚痴もこぼし合って
ちょっとスッキリできればなと企んでいます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-26 17:22
自転車パンク
f0204561_23432790.jpg市場へ向かいに自転車に乗ろうとすると、
後ろのタイヤが「くたぁ~っ」としてやる気が見られない。

おいおい気合いが足らないぞ!
と思ったがよく診てみると


パンクしてる・・・。


あ~あ、やってしまったか。
どおりで最近べダルが重たく感じるわけだ。

ついこの間、なんかイヤ~な感じなものを踏み通った感触があって
なんとなく心当たりはあったんだけど。

自転車屋さんでパンク修理してもらうことに。

パンクっていうタイ語が分からないので
「こっちの後ろのタイヤから空気が出ているかもしれない」
とちょっと回りくどい表現で伝えることになったけど、
「シュー」という擬音語とジェスチャーで十分通じたらしい。


タイヤチューブ交換 100バーツ(約300円)。


活動期間中にあと何回自転車の故障に遭うんだろうか。
覚悟しておこう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-25 22:40
名前を覚えられない
勤務先チェンマイ少年の家に赴任して早いもので1カ月。

本当に申し訳ないんだけど、
いまだに子どもたちの名前が覚えるのにかなり苦労してる。

顔の区別はつくようになってきたんだけど。

名前を聞いて覚えては忘れ、覚えては忘れ・・・。

子どもたち総勢200人以上。
そのうち何人の子どもたちの名前を言えるだろうか。

みんなの名前を覚えるのはいつになることやら。
というか自分の考えていることは無謀なのか?

日本のときには子どもたちみんな名札してくれてたから覚えやすかったんだけど。

何かいい方法はないかなあ・・・。


とは言え、あんまりこだわりすぎて
他にもっと大切なものを見失っていてもいけない。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-24 20:17
ベスト8で惜敗
f0204561_1381979.jpg先週に引き続き
草サッカー大会ボール7カップ準々決勝。

大雨で最悪のピッチコンディション。
持ち味のスピードサッカーが封じられる。

セットプレーから先制するものの
ゲームの流れは相手が支配している。
パスが思うようにつながらない。

終わってみたら1-2で逆転負け。

負けて帰るときの重苦しい雰囲気。
やっぱり負けるのはイヤだなぁ。
悔しいですっ!


惜しくもベスト8で敗退したけど、
このチームはいいチーム。

いいチームって言うのは強いってのもあるけど
他のチームと違って悪質なファウルをしない。
そのフェアプレー精神がいい。

このチームはもっと強くなる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-23 21:11
模造紙 カサカサ クルクル
f0204561_23371251.jpg今回も先週と同じ活動。

  「自分のよいところ よくないところ」で自分というものを見つめ、
  「よくないところを直すには」というテーマでグループで話し合い。

ただし今回は前回より対象の子どもの学年がやや低い。

なんせ少年の家に寄宿している子どもたちは
小学生から高校生以上だから
対象となる子どもの数が多いだけでなく年齢の幅も広い。

前回と同じ活動、同じような流れ。

小さな子どもたちなりにしっかり考えて・・・

と思いきや

さぁみんなで発表という時に誰からともなく自分たちの模造紙を
カサカサと音を立てたりクルクルと丸めてみたり。

こちらの予想を上回る遊びの発想力は大したもの。

f0204561_23374212.jpgなるほど。
集中力の脆さの程度を把握できました。


もう少し落ち着いてくれてもいいんだけど
子どもたちはホント容赦なくわんぱくなんだから。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-22 23:39
社会開発人間安全保障省 勤務先訪問
自分の勤務先であるチェンマイ少年の家を管轄している
配属先でもあるタイの社会開発人間安全保障省の職員が自分の勤務先へ訪問してきました。

主たる目的としては
赴任後1カ月近く経過しての自分の様子を見に来たことと
勤務先職員に自分のボランティア活動の計画書WORK PLANについての説明。

このWORK PLANという計画書。
JICAに提出する計画書や報告書とは別に
タイの国際協力機関であるTICAや配属先に提出するボランティア活動計画書。
しかも英語または可能ならばタイ語でも作成するというもの。

追々じっくり考えて作成していくとします・・・。

この活動計画書の話よりも
自分のことについて集中していろいろと訊かれることに。

職場の同僚が自分が深刻に考えている様子があると伝えるもんだから
「疲れは出ていませんか」
「日本が恋しくなっていませんか」
「深刻に考えなくても大丈夫」
「2年間あるからじっくり焦ることはないから」
「何か問題はありますか」
などと質問攻め。

自分に話しかける心配そうな表情を見ると
それほどでもないと思っている自分も
雰囲気に飲まれてそんな感じに思わされてしまいそう。

いやいや、それほどじゃないですから。
気にかけてくれるのはホントありがたいんですけど。

大丈夫ですから。
すみません、ご心配かけて・・・ていう感じです。


あ、でも活動計画書や報告書を作成するとなると少しは考え込んでしまうけど・・・。

うーむ・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-21 23:51