<   2009年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
JICAタイ事務所
f0204561_2291386.jpgバンコクのスクンヴィット通りにあるJICAタイ事務所。
スクンヴィットはバンコクでもかなりのオフィス街のようです。

そこにあるビルの31階にJICAタイ事務所オフィスがあります。

とてもきれいで設備も整っています。

着任オリエンテーション説明
ボランティア班スタッフ紹介
事務手続き
所長挨拶
などなど・・・

これでまだなんとなくですが、
組織としてのJICAボランティアの一員になることができたのかなと
じんわり実感が湧いてきました。

やるっきゃない!
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-23 17:29
隊員ハウス
f0204561_223212.jpgスワンナプーム空港から直接向かったのは

「隊員ハウス」
あるいは「ボランティアハウス」
あるいは「ボランティア連絡所」

という名の借家。


今回のJICAタイ事務所でのオリエンテーションを行う際や
公私用でのバンコクでの活動などの際の
ボランティア隊員の生活拠点の宿舎になります。

現在派遣中の他のボランティア隊員と共有し、
ボランティア隊員の自主管理で運営されているようです。

1階にキッチン、リビング
2階に図書室
3階に会議室、浴室
4階に男性部屋
5階に女性部屋
といった感じ。

f0204561_2232165.jpg男子部屋は定員12人。
といっても決してそれだけ部屋が広いというわけではなく、
ただ2段ベッド6台が部屋狭しと置かれているからだけ。

そこで今隊次の男性3人がルームシェアをする。
女性3人はそれぞれ個室があるらしい。
この違いは一体・・・。

とりあえずこのハウスでの3、4日間の仮住まい的な生活を
快適に楽しんでいきたいと思います。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-23 17:17
日本出発!タイへ渡航!
f0204561_1253954.jpgいよいよ日本を出発し、タイへ渡航しました。

   成田空港(NRT)10:30発
   バンコク(BKK)15:05着 
   JAL717便 6時間35分 のフライト。

成田空港にみんなで集合。

搭乗手続きや手荷物検査などを済ませるんですが、
自分の荷物が3キロちょっとエクセス(超過手荷物)が発生してしまって、
それでも総勢7人いたので荷物が少ない人ので相殺してもらいました。

すみません。
実は確信犯です。
でもみんなを信じてました。

成田空港からバンコクまで飛行機で6時間35分のフライト。

その間機内でほとんど居眠りしていたから
あっという間に着いたという感覚。

フライト途中で出入国カードを書くときに
CAさんに青年海外協力隊であることを伝えると
「がんばってください。応援しています。」
と笑顔でエールを送ってくれました。
飛行機から降りるときにさらにもう1度。

その言葉、その笑顔、しかと戴きました。


f0204561_1275088.jpgバンコクのスワンナブーム国際空港に到着!

入国審査は「公用旅券・外交旅券専用」窓口で行えば
長い列に並ぶことなくスムーズに通過できたのですが、
そのことをすっかり忘れていたので、
一般窓口からふつうに入国審査をしました。


とにかく、
もうここはタイなんです。
もうここは日本ではないんです。

って考えただけで

じんわりと気持ちが高まってきます。

第一印象としては、
不思議と違和感はほとんど感じることはそれほどなく、
これから少しずつタイの国について感じていくだろうと思います。


さぁさぁ!

ついにタイに足を踏み入れました!

いよいよタイでの生活がスタートですよ!
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-22 17:22
成田空港へ
任国タイへの渡航に向けて、f0204561_14202791.jpg
成田空港第2ターミナル集合が

6月21日 午前7:30

ということで、
前日に成田へ移動、前泊。


飛行機で東京へひとっ飛び!

JICAからはJR分の移動費しか支給されないのですが、
飛行機の方が早くて便利で疲れないので
差額は自己負担で飛行機で移動しました。


チームタイランドみんなまとめて予約したホテルで
訓練所以来およそ10日ぶりにそれぞれ顔を合わせると、
なんだか懐かしいというよりホッと安心しました。

いよいよ、明日、出発です!
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-21 19:15
日本の味
f0204561_251815.jpg日本を離れる日が近づいてきました。

いったん任国へ渡航すると1年9カ月は
一度も日本に戻って来れないです。

となると
しばらく日本での日本の味は食べられない。

というわけで
最後に日本の味を食べておこう!

ということで
自分が選んだのが「吉野家の牛丼」

しかも
大盛り、つゆだく、温玉付き。

おいしくいただきました。

帰国したら真っ先にまた食べに行こうと思います。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-20 20:47
免許証更新と転出届
今日も渡航直前の各種手続きに追われる1日に。


免許センターで自動車免許証の更新。

更新期間まであと1か月ちょっとなのだか、
それまでに派遣国へ渡航してしまうので、
前倒しで更新。

この場合、次回更新時期が1年間短くなるらしい。
でも仕方ないこと。

4年間はこの顔写真かぁとしげしげと見つめる。



役場で転出届。

表敬訪問の時に済ませるつもりでしたが
すっかり忘れてしまっていました。

転出先として記入したのは、
  「タイ国」
ってだけ。

これで本当にいいのかなあとも思いながら、
とりあえず手続き完了のようです。


さぁ、あとは荷造りを終わらせないと!!
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-18 16:44
ケータイ解約
f0204561_2361283.jpg渡航日までわずかになってきて、
渡航するまでにあたってしなければならない
諸手続きを次々と片付けていかなければなりません。


この日は携帯電話の解約手続き。

海外でも使おうと思えば使えるのですが、
あまり甘えた生活もどうなんかと思い、
大学入学から持っていたケータイをついに手放すことに。

この現代の情報社会の中で
ケータイを持たないとどこか心もとない気がします。

ずっと持っていてそれが普通だっただけになおさら。


それでも任国へ渡航すると、
緊急連絡手段としてケータイが渡されることになっているので、
今持っているのまでは必要ないかなって。

それでも、しばしケータイとのお別れです。


さよなら、ケータイ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-17 16:33
市町村 表敬訪問
f0204561_230423.jpg県庁表敬訪問の翌日、
次は市町村に表敬訪問。

地元の町の役場へ出向。

11:00から町長と面談。
県庁表敬訪問と同じく、
自分の派遣国や職種、要請内容、そして意気込みなどを話しました。


任地で地元を紹介するにあたって
町のDVDをいただきました。

さっそく見てみると、なかなかいい感じです。
改めて自分の町ってのどかでいいなぁと感じました。


この田舎な地元で生まれ育ち、
ここからタイへ青年海外協力隊として渡航することになることを考えると
なんだが不思議な感じで感慨深いものがあります。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-16 13:48
県庁 表敬訪問
f0204561_2261677.jpg県庁へ表敬訪問に行きました。

9:20に県庁集合
9:30から副知事と面談。

自分の派遣国や職種、要請内容、そして意気込みなどを話しました。

そして県の「国際協力大使」を委嘱されました。

JICAボランティア事業に参加されている県出身者は
「国際協力大使」として就任することになっているようです。

海外での活動中、JICAボランティアとしての活動状況や
赴任地に関する情報を提供することにより、
県民に赴任国の情勢を身近に感じてもらい、
異文化理解と国際協力に対する理解を促進する。

あわせて県の紹介、PRを行っていただき、
赴任国と本県との架け橋として活動することを目的とする。

その他、毎日新聞社と読売新聞社からも取材。


日本代表、県代表としてしっかり活動に邁進していきます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-15 16:24
ふるさとと自分
任国へ派遣されると約2年(現職参加なので厳密には1年9カ月)は
日本を離れることになります。
その間、1度も日本へ戻ることはありません。
f0204561_2185381.jpg
自分が生まれ育った土地。

派遣期間中も忘れずに胸にしまっておきたいし、
任地の人たちに自分のふるさとを紹介することもあるだろう。

自分の住んでいる周辺を思いつくまま写真におさめる。

このような立場にいなかったらこんなことしなかっただろうなぁ。


自分の家
自分の集落風景
ふるさとの山や川といった自然風景
小学校や中学校

なんか懐かしい。

f0204561_2191474.jpg学校なんていつぶりに行っただろうか。
懐かしい思いからか
思い出し笑いがこみ上げてくる。

写真を撮りながら
改めて自分の故郷や自分の生い立ちを考えてみる。

そして今、青年海外協力隊として
タイへ渡航・派遣されようとしている自分。

今までの自分。

今の自分。

これからの自分。

今までの自分があるから今の自分があるし、
今の自分があるからこれからの自分へ向かっていく。

すべてが線でつながっているんだなぁって思いました。

日常ではあまり考えなかったことだけど、
改めてそう考えると面白い。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-06-14 16:39