<   2009年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧
タイ語 語学中間テスト直前!
タイ語 語学中間テスト直前。

・中間テストに向けての練習問題
・自主学習


なんてったって明日は中間テストですから、
この訓練生活の中でも今までにない集中力で勉強に取り組んでいます。

これまでの総おさらい。
・・・といきたいところなのですが、

試験範囲をきめ細かく網羅しようとすると
おそらく時間が足りない。

なので、

とりあえず全般的に浅く広くしながら、
ヤマを張ったところは重点的に。

もっと早くから取りかかればよかったなぁ・・・
と中学生の時からまったく同じ言い訳を繰り返しています。

とにかく明日。

力試し的な要素もあると思いますが、
くじけずがんばります。


緊張しますねぇ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-07 23:10
タイ語における弱点④ 「聴解」
タイ語学習。

中間テストに向けての練習問題。


リスニングテスト速すぎる!

聞き取れない!


リスニングは英語でも弱点なんですが、
やはりタイ語でも聞き取れない。

まだタイ語の脳ができてなくて、
聞き取ったタイ語を日本語に変換する作業を脳内で行ってる間にも、
容赦なく次から次へとタイ語が入ってきて間に合わなくなり・・・。

それより何より、
タイ語学習1ヵ月の自分らに対して、
手加減をしない先生。

どれだけできるか実力を見たくてと言ってましたが、
自分らの実力はまだまだですよ!

中間テストではそこのあたり、しっかり手加減のほどよろしくお願いします。


「マイカウチャイ」(分からない・・・)と口にしながら
いかにも「分かりません」と困った表情はしっかり板につきました。

耳を鍛えるには、まず「習うより慣れろ」しかないです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-06 18:54
A型肝炎予防ワクチン接種 1回目
毎週火曜日・・・といえば、


注射です。



予防接種。
今日はA型肝炎ワクチン。

先週はB型肝炎ワクチンだったのですが、
A型とB型で注射の打ち味の違いが分かるわけでもなく、
自分にとっては結局は同じような注射です。

だんだんと注射に慣れている自分はいるんだけど
やっぱり好きにはなれないなぁ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-05 23:43
プレーングファン
f0204561_23545129.jpgタイ語学習。

・前時の学習内容の復習
・会話ダイアログ
・練習問題
・自作小テスト問題


タイ語で「歯みがきをする」というのを「プレーングファン」って言います。

自分は朝、昼、晩の食後には歯みがきをします。
しかもしっかり丁寧に。

食後、研修棟のこのラウンジでのんびり歯をみがくのが日課となってきて、
さすがに1カ月以上も同じことをしてきたら、
自分の歯みがき姿がいつもの光景のように見られるようになってきました。


タイ語の先生2人ともに

「チョープ プレングファン」(歯みがき好きだね)

って言われて、
すっかり「歯みがきキャラ」が浸透されました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-05 23:31
開発教育ワークショップ(貿易ゲーム)
『開発教育ワークショップ(貿易ゲーム)』

世界経済の動きを疑似体験し、そこに存在する諸問題について考える。


国際貿易は平等なルールに則って行われています。

にもかかわらず、富める国と貧しい国の格差が広がっていくのは何故か?


ゲームのグループ分けでは、
先進国、中進国、途上国、最貧国の4つのグループカテゴリーがあり、
それぞれ持ち合わせる資金、資源、技術、信頼性に差があるという設定。


この体験ゲームを通して、
世界経済の基本的な仕組みや自由貿易・経済のグローバル化が
引き起こすさまざまな問題に気付いていきました。

たとえば先進国グループは資源はないが、技術と信頼があるので、
豊富な資源を持て余している最貧国と交渉(貿易)し、
しかも国際的信頼度が高いので、すぐにマーケットで商品が高く売れて豊かになっていく。

最貧国グループの中には、生産技術面をあきらめ、
有り余る資源を売ることで資金を手に入れて豊かになる国も。


また、自分は途上国グループだったので、その立場も体験。

資源はまずまずあるが、それを活用する技術がない。

国際的にも信頼が薄いため生産活動による商品をマーケットに出しても高く売れない。

資金を手に入れることができないため国民の生活を十分に満たせない。

どれだけ生産活動を頑張ってもお金が手に入らない。

やがて資源もわずかになっていく。

ないものづくしで、やがで希望や展望、意欲が失われていく。

そうなると、どうにかしてお金を手に入れようと思い、
略奪、テロ、戦争でも起こして・・・
そんなことが頭をよぎることがありました。

あー、なるほど・・・と思いました。

窮地に立たされたとき、愚かにもこのような行動をとってしまうのかとハッと気付かされました。

ゲーム上での情勢や自分によぎったこの思いは、世界で行われていることの縮図だと。


さらに、貧富格差などの解決に向けて国際協力などの
あり方についても考えることができました。

先進国グループは自国がこれ以上になく満たされて、
他の国を見渡すとどうも何かが違うと気付いたようです。

そうすると、技術がないとか商品が売れなくて困っている国に
援助の手を伸ばしていくことが終盤に見られました。

どのような支援をしていくのか、必要な支援は何か、なども考えながら。


ゲームと言うには実によくできた体験教材でした。

非常に複雑な現実社会の出来事を単純化・モデル化し、
世界経済の基本的な仕組みについて学習者の理解を助け、
特に先進国と途上国の経済的あるいは社会的な格差をはじめとする
国際社会の問題について考える一つのきっかけを与えてくれるました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-04 22:22
5分間の集中力
タイ語学習。

  ・復習小テスト(24時間 午前0時から午後11時まで) 満点合格!
  ・新出単語(趣味の動詞)
  ・普段は、普通は
  ・だいたい、約、およそ
  ・~し始める
  ・~するのをやめる
  ・~するとき
  ・~した後
  ・~する前


今回小テストがあることを知らなくて大慌て!

授業が始まって、いきなり「さぁ、これから小テストをするよ」となって気がついた!

「ちょっと待ってぇ!5分間ください!」とお願い。

この5分間、これ以上にない集中力で必死こいて覚えました。


おかげさまで、満点です。

今回は結果オーライでしたが、
しっかり小テストの予告を確認せねばと猛省したことです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-04 20:10
肋骨にヒビ?
f0204561_1410392.jpg
胸が痛い・・・。


と言っても、

恋煩いでもなく、

心の病でもなく、

ただ単に物理的に痛いんです。


原因は、この間の火曜日に忘れ物を取りに戻りに全力疾走していたときに、
重たいドアを引いた瞬間、そのドアが自分の左足に引っ掛かり、
そのドアの縁に勢いよく左胸をドスーンと衝突。
う~・・・痛いなぁ。

って思っていながら数日間。

なんだか少しずつ地味に痛みが増してきて、

息を深く吸うと痛み、
笑うと痛み、
咳込むと痛み、
運動すると痛みが増し、
入浴後も痛みが増し、
ついには普通にしていても静かに痛い。

そんな症状を同じ班の看護師派遣の人に言うと、

「んー。肋骨、ヒビ入ってるかもね・・・」

とりあえず病院に行ってレントゲン診断などの検査を行うことを勧められました。

どちらにしてもヒビが入っている程度なら整形外科でも
特に処置を行うこともなく、安静にするという程度のようです。

それよりJICAに知られたら最悪の場合、隊次変更なんてことも。
現職教員参加の自分の場合、派遣辞退の可能性も。

そんな理由で、訓練所診療室や病院には行かない方向で。

幸いガマンできる程度の痛みですので。


とにかくしばらくの間、「絶対安静するように!」
と同じ班の看護師派遣の方からきつく命じられました。

でも、今日、しっかりフットサルをしてしまったんですよね・・・。

しかも昨日はバレーボールも・・・。



ちょっとヤバいか。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-03 23:31
Bafa Bafa 異文化の理解と適応
『Bafa Bafa 異文化の理解と適応』 (講師:関谷 雄一)

異文化を疑似体験し、異文化について理解を深める。
異文化理解の意味と適応について学ぶ。

異文化体験ゲーム「Bafa Bafa」とは、
文化や国民性が全く異なるα国とβ国に分かれ、
それぞれの国から少数ずつ交流して、
カルチャーショックを疑似体験するという活動。

これ以上の説明はネタバレになってしまうので避けますが。

たかがゲーム、されどゲーム。

参加者みんなマジで活動に入り込んでいるから、
より一層活動が効果的で楽しかったです。


他国の言葉や行為などの意味が理解できず、
怒られたり、無視さたりして困惑したり。

他国を訪問して帰った時に、
改めて自分の国がどうなのかが明確に理解することができたり、

カルチャーショックのお手本のような正直なリアクションでした。

そんなカルチャーショックから抜け出すためには、
言葉を理解すること、文化を尊重すること、情報を収集すること・・・
などか大切かなと身をもって体験することができました。

そして、後半の講義においては、
カルチャーショックの適応方法、異文化にあっての心構えについて学びました。

異文化を「好きになる」というよりは
「平気になる」というスタンスが大切なんだと教えていただきました。

たとえば、灼熱の暑い気候を好きになるのは無理ですが、
なんとかそんな暑さをしのげるようになることが大事ですもんね。

現地に行ってどのようなカルチャーショックを体験するのか。

帰国した時の逆カルチャーショックもあるようで、
むしろそちらの方が自分には大変なのかなと思いました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-02 23:38
問題を作る→交換する→解答する
タイ語学習。

この日は語学研修は午前中のみ。

  ・自作小テスト
  ・新出単語(時刻、時間)

自作小テストという活動では、
これまで学習してきた表現を使った問題文を
自分を含めた学習者5人がそれぞれ10問ずつを事前に準備をして
授業でお互いに交換して回して問題に取り組みました。

「問題を作る」→「交換する」→「解答する」

という学習活動。


これがなかなか!

みんなこだわりのある問題文を作ってきていて、
ゲーム感覚で楽しく頭を使いました。

問題に解答するのにタイ語力が必要ですが、
その問題を作成するのにもそれ以上にタイ語力が必要です。

どのような例文を作るのか、以外に労力と時間がかかるものです。


実力試しにはもってこいでした。

めでたく満点!

でも怪しいところがあったので、
しっかりトップトゥーアン(復習)しなければ!・・・です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-02 23:24
バケラッタ!
タイ語学習。

  ・復習単語テスト(曜日) 満点!
  ・前時学習内容の復習
  ・~なので、~だから(理由)
  ・毎~、すべての(every)
  ・もう、すでに(already)
  ・~することになっている(be supposed to)
  ・タイ語作文スピーチ
  ・新出単語(日、曜日、週、動詞など)
  ・宿題の確認
  ・会話文ダイアログ


「バケラッタ!」というフレーズ。

アニメ漫画、オバケQ太郎に出てくるO次郎の言葉なんですが、
タイ語の語学教室でちょっとしたブーム。

仕掛け人は・・・自分ですが。

みんなが「バケラッタ!」「バケラッタ!」と口をそろえて言うために、

先生も気になって

「パーサーアライ?」(何語なの?)

と訊ねてきました。


すると先生も上を見ながら小声で繰り返し練習して、

「バケラッタ・・・」

と笑顔で合わせてくれました。

律儀というか、純真というか・・・。

言葉を教わってばかりでなく、たまには教えるのも悪くない。


こんな雰囲気の中、タイ語を楽しくお勉強できています。


次はどんなフレーズを覚えさせてあげようかなぁと思案中(悪だくみ)。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-01 22:10