<   2009年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧
ミサンガ
f0204561_20553838.jpg
同じ生活班のウガンダ派遣家政職種の
ボランティア仲間が作ってくれました。

配色は「赤」「青」「白」で
自分が派遣されるタイの国旗をイメージしたもの。

さすがと思わせるほどの出来栄え。

もちろん自分の分だけでなく、
他の班員の派遣国のミサンガもつくって、
みんなそろってミサンガをつけています。

他の生活班でもミサンガ作りが流行っています。


腕に何かをつけるのは苦手な方だけど、
派遣任期中はこれを身につけて、
頑張っていこうと思います。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-31 22:16
語学交流会
語学交流会。

日本に滞在している派遣国の人々との交流を通じて、
言語運用能力や表現力の向上を図る。

自分の語学クラスには東北大学大学院生のタイ人留学生が来ました。

さすが「微笑みの国 タイ」と思わせる素敵な笑顔。

いやホント、ずっと笑顔だったのが印象的でした。


それぞれタイ語で自己紹介をしたり、
質問コーナーで盛り上がったり、
日本文化紹介で空手やよさこいで汗をかいたり。

大いに楽しんでくれました。

なんでも楽しんでみようという彼女の積極的な姿勢には
自分も任国へ臨むにあたって見習うべきところ。

自分もタイであらゆることに好奇心をもって
遠慮せずたーくさん楽しんでやろうと思います。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-30 23:11
教室から飛び出す笑い声
f0204561_2050291.jpgタイ語学習。

  ・新出単語(乗り物、交通・移動に関する動詞・名詞)
  ・~したらいいですか?
  ・~すべき、~すべきだった、~する価値がある
  ・~以外、~を除いて
  ・交通機関に関する会話ダイアログ
  ・アウトドアレッスン報告書作成


「タイ語クラスの教室って楽しそうな声が聞こえるよね。」
と他の言語クラスから評判を耳にすることが増えました。

その仕掛人は何を隠そう、この自分??・・・らしいです。

とにかく授業を楽しく盛り上げようと
そのことを中心に考えています。

一応チームタイランドの切り込み隊長ですから。


授業が楽しかったら、学習もグーンッと伸びるはず。
このこと学校教育現場でも肌で感じていますから。

学習の雰囲気って大切です。


あと自分の声は大きくてよく通るんです。

だから笑い声が教室の壁を越えて
他の語学クラスの教室へお邪魔しているようですが、
とりあえず、迷惑はしていないようです。

いや、迷惑していたらごめんなさい・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-29 22:24
タイ語 アウトドアレッスン
f0204561_20425740.jpgタイ語学習。

本日は「アウトドアレッスン」

いつのも教室から飛び出して、
日常社会生活でタイ語会話を実践!

JICA二本松訓練所を脱出して郡山市内へ。



f0204561_20432315.jpg地元の老舗饅頭屋さんで薄皮まんじゅうづくり体験。
これがなかなか難しい・・・。
できたてを試食。
おいしー!

アジアンレストランで昼食。
自分は韓国ビビンバ。
先生のタイ料理グワイティアオを試食。
おいしー!

おいしいものをたくさん食べて、
1日中あちこち歩いてくたびれて。

あれ?
メインはタイ語の学習のはずが・・・。

まぁ、気にしない、気にしない。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-28 17:35
派遣前レポート提出
これまで行われた派遣前訓練講座を踏まえ、
4つのテーマに基づきレポートを提出します。


  (1)異文化理解・適応 (400-800字)
     自身が考える異文化適応の要諦と、任国でたどるだろう異文化適応の経路・プロセスについて

  (2)安全管理 (400-800字)
     任国での治安状況・交通状況を踏まえ、自分がどんな安全管理を心がけるか

  (3)健康管理 (400-800字)
     任国でかかる可能性のある病気をあげ、その予防と対策法を述べる。
     また、生活環境や活動内容を踏まえ、健康管理やストレスについて自己対策を述べる。

  (4)国際協力/ボランティア事業 (800-1200字)
     自身が目指すJICAボランティア像



これまで受講した講座を1つ1つ思い起こしながら、
パソコンと向き合って仕上げました。

意外に書き始めると書くことが盛りだくさんで、
ついつい字数が増えてしまい、字数制限内にまとめ上げるのが大変なくらい。

ひとまず明日の締め切りまでにうまく仕上げることができてひと安心です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-27 23:23
生活技法講座
f0204561_13191083.jpg『生活技法・日本文化紹介』 (講師・アシスタント:ボランティア訓練生有志)

任国で役立つ生活上の知恵・技術・日本の文化について
実践を通して理解する。

ボランティア訓練生の中から有志が講師・アシスタントになり、
自分の得意分野を活かして講座を実施する。
 
たくさんの講座コースがあり、その中から1コースのみ選択。

  ・健康エクササイズコース(ストレッチ、ヨガ、よさこいなど)
  ・パソコンコース(ワード・エクセル活用、画像・動画処理、ウィルス対策など)
  ・アウトドアコース(野外活動、自転車修理、堆肥づくりなど)
  ・日本文化(うどんづくり、折り紙教室など)
  ・レクリエーションコース(レクリエーション、手品、ネイチャーゲーム、工作など)
f0204561_1319516.jpg
任国での活動や日々の生活を充実したものにするために、
限られた材料や設備の範囲内で実施でき、
短時間で身に付き、すぐに活用できる活動が盛りだくさん。

自分はレクリエーションコースに振り分けられ、
やってみたらみたで大いに楽しむことができました。

これだけボランティア訓練生がそろっていると、
持ち合わせている引き出しの数も充実していて
その引出しにあるものの質もかなり高いものだと
感心するばかりでした。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-27 22:20
語学クラスの先生の誕生日
f0204561_13155453.jpgタイ語学習。

  ・タイ語スピーチプレゼン
  ・会話文ダイアログ
  ・宿題の確認
  ・新出単語(乗り物、交通・移動に関する動詞・名詞)


今日は2つある語学クラスのうち、
もう1つ別のタイ語語学クラスの先生の誕生日です。

というわけで盛大にお祝い。

タイでは誕生日に誕生日を迎えた人が、予算の許す限り盛大に送るのが
タイ流の誕生日のならわしのようです。

ということで、先生よろしくお願いします。


なんて言っていますが、
ちゃっかり誕生日プレゼント。

バナナに
バナナチップに
豆乳バナナ。

自分はバナナが大好きだ!ってことを紹介してきたので、
そんなキャラクターを裏切らずに

グルーアイ(バナナ)づくしで攻めてみました。

どーですか?
参りましたか?
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-27 22:11
講座テスト結果
昨日行われた講座テストの結果が発表されました。

スタッフのみなさん、仕事早いですね。


ひとまず不合格者には連絡・通知があるみたいでした。

それを聞いた矢先、
講堂で休憩時間にくつろいでいると、
後ろから自分の名前を呼ばれて肩をトントン・・・

まさか不合格通知の連絡?

・・・と思ってめちゃくちゃ驚いて後ろを振り返ると、
相手も自分の驚いた反応に驚きながらも
「はい、飴ちゃん。」って・・・

・・・紛らわしいです(汗)。


とりあえず、連絡・通知はなかったので
めでたく合格ということです。

ちなみに心配していた新卒の仲間も無事合格できたと報告いただきました。


めでたし、めでたし。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-26 23:32
B型肝炎予防接種 2回目
毎週のように火曜日に予防接種。

さすがに「まだあるんかーい?」って感じになってきました。


ここNTC訓練所に来て以来、毎週さまざまなワクチンを接種するので、

狂犬病なんだか
A型肝炎なんだか
B型肝炎なんだか

もう分からなくなってきます。

かと言って予防接種ワクチンの違いによって
注射の打ち味の違いが分かるわけではないんですが…。


とにかく、これで残るは来週の破傷風ワクチンだけになりました。


訓練期間も残りわずかになってきたということを感じさせます。


うーん、複雑・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-26 23:22
ふるさと紹介プレゼン
f0204561_0213116.jpgタイ語学習。

  ・タイ語スピーチプレゼン
  ・他(の)~
  ・ほとんど(の)~
  ・~かもしれない
  ・たぶん~だろう
  ・もちろん/きっと/絶対~
  ・~もない/少ない
  ・~だけ、しか
  ・ずっと~
  ・会話文ダイアログ


f0204561_0434156.jpg自分の出身都道府県についてタイ語でスピーチプレゼンをしました。

おそらく任地においても自己紹介の1つとして
自分の「ふるさと」について紹介をする場はたくさんあるはず。

異文化理解という観点においても
まず自分自身の国や郷土の文化について十分理解することは大切。

自分の「ふるさと」の特長は何なのか、魅力は何なのか。

そのことを改めて見つめ直し、考えることができました。

そして自分の「ふるさと」の十分の伝えることができたと思います。

もっとタイ語の表現力があれば、もっと伝えることもできたんですが・・・。


全国人口最少の県だけど、
ただのどかなだけの田舎っぺなところかもしれないけど、
やっぱり自分が生まれ育った地元は
愛着があり、こよなく大好きだし、誇りに思っています。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-26 23:13