<   2009年 04月 ( 49 )   > この月の画像一覧
英語質問教室
1日の終わり、人員確認のために班全員が談話室に集まります。

語学の中間テストも近づいてきたということもあり、
語学テキストを広げながら会話することも多くなりました。


英語学習者の班員から質問を受けまして、

  <冠詞a/theの使い分けと無冠詞との扱いについて>

教えてほしいと・・・。

そうとなったら教師の血が騒ぎ、談話室が英語質問教室に。

「ふむふむ。それは、かくかくこういうわけで・・・」

と、うまいこと説明できたみたいで、みんなスッキリ納得してくれました。

教師冥利に尽きますね。


「えらい上手に説明してくれますねぇ~」って言ってくれた班員に、

「実は・・・」

と、中学校で英語の先生をしていたことを打ち明けると、

納得した顔と意外な顔の両方を見せてくれました。


これを機に一気に素性がバレてしまいました・・・。


でも、いつでも質問教室は大歓迎ですよ!
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-30 23:21
所外活動 1日目
f0204561_2194015.jpg『所外活動』 (酪農体験)

訓練所近隣の公共施設、農家等をグループに分かれて訪問し、
受入先の方々とのコミュニケーションを図りながら日常業務を体験する。

自分の受け入れ先は「酪農場」です。

ボランティア訓練生の中でも一番の超大人気の受け入れ先でした。

そんな高い競争率の中、運を味方につけて、
掻い潜るかのように唯一の男性枠を獲得!

酪農作業ということだけに朝はどこよりも早い。
6:30集合、出発。
昼の弁当だけでなく、朝の弁当も持参。

酪農場に到着。
つなぎ服に着替えて、さっそく牛さんとご対面。

おー!

「なんだ、コイツ?」と言わんばかりの牛さんたちの視線を感じつつ、
せっせと作業をさせてもらいました。

f0204561_2113050.jpg
自分は業務内容として以下のことを体験させていただきました。
  ・飼養
  ・搾乳(乳房清拭、試し搾り、ミルカー搾乳、消毒)
  ・牛舎の清掃
  ・糞尿堆肥処理
  ・飼い犬の散歩

牛さんのそばで背を向けると、
牛タンでペロッっと自分のお尻を触られまくりでした。

そういえば乳牛なんですべてメス牛なんですよね。
ある意味、ハーレム状態です。
そう考えると、牛さんのこちらを見つめてくる表情がなんともアンユイな感じがして・・・。


昨日、生まれたての赤ちゃん牛さん(と言ってもデカイです)に
母親牛さんから搾ったお乳をあげました。

お乳を飲む様子がなんともかわいらしかったです。
まだ下手くそなんで、顔がお乳まみれになっちゃいました。

搾乳はミルカーでするのですが、
こっそりと搾乳もちょっぴりお試し体験。

おじさんはきしめんのようにお乳を搾ります。
自分は、そうめんかな。
はじめての乳搾りでした。


おじさん、おばさんともとてもいい人です。

飼い犬のヒデも自分を気に入ってくれたようでなついてくれました。


また次回も楽しみです。

おじさん、おばさん、またよろしくお願いします。

牛さん、待っててね。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-30 18:02
精神衛生
『精神衛生』 (講師:松崎 淳人)

任国で心身ともに健康で過ごすことの重要性を理解し、
任国でのストレス対処法を学ぶ。

  ・メンタルヘルスに関する基礎知識
  ・予防と早期発見
  ・ストレスに対処するには
  ・周囲との関係
  ・任国とストレス
  ・心理テスト(エゴグラムなど)


派遣任国でのストレス要因として
語学力、現地の人との人間関係、配属先の仕事、文化の違い、気候
などがあるようです。

またそのストレスを感じる時期は
赴任後2、3カ月後あたりが最も多いらしいです。

今までの生活環境がガラリと変わるわけですから、
リズムが狂ったり、いろいろ気遣いをしたりで
ストレスを感じることは多々ありそうです。


そのストレスにどのように対処していくのか。

何があっても心の中で「マイペンライ!」(大丈夫!気にしない!)
って合言葉にしておくことですかね?


一休さんのCM入りの言葉にもありましたよね。
「あわてない、あわてない・・・ひと休み、ひと休み」

この一休さん的な精神ですね。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-29 23:01
ゴールデンウィークは関係なし
f0204561_23523913.jpgタイ語学習。

  ・復習小テスト 今日もなし!
  ・前時学習内容の復習
  ・お店屋さんごっこ(買い物表現練習)
  ・宿題の確認
  ・タイ語作文スピーチ
  ・新出単語(日、曜日、週、動詞など)
  ・感情の理由を述べる
  ・~しなければならない、
  ・なぜ
  ・なぜなら
  ・また、もう1度
  ・~から~まで



今日は「昭和の日」なんですね。

訓練生活においてはゴールデンウィークなど全く関係なしでしっかり課業に励んでいます。

ますますここでの生活と一般世界の距離を感じさせますね。

たしか今年は9月にも5連休があるみたいです。
秋のゴールデンウィークみたいな。

それも自分にはあまり関係のないことになっているかと。

その時にはタイにいることを思いながら・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-29 22:28
B型肝炎予防ワクチン接種 1回目
火曜日恒例の予防接種デー。

今日はB型肝炎ワクチンを接種。

狂犬病が筋肉注射なのに対して、
B型肝炎ワクチンは皮下注射。

なので、それほど深く刺すこともなく、
痛みも少ない。・・・なんて説明を受けました。

注射の知識のない自分にとっては、同じ注射。

どちらにしてもやっぱり注射は痛い。

むしろ今回の方が痛かったです。

結局は注射を打つ人によるのかな。

それとも気が緩んでいたのかな。


来週はA型肝炎ワクチン接種の予定です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-28 23:21
マンゴー屋さん
タイ語学習。

  ・復習小テスト 今日はなし!
  ・前時学習内容の復習
  ・複数の答えを期待する表現
  ・たくさん
  ・そして
  ・いくら、どれくらい
  ・何~
  ・とても~ですね!(感嘆)
  ・この、あの、その
  ・会話文ダイアログ
  ・お店屋さんごっこ(買い物表現練習)


今日の授業の終盤にはこの章のまとめとして
お店屋さんごっこをして買い物表現をおさらい。

先生に何屋さんにするかそれぞれが聞かれて、自分は果物屋さんを選択。

果物が好きだからっていう安易な理由です。

他の人は服屋さんだったり、ペットショップだったり、家具屋さんだったり・・・。


自分はこだわりの果物屋さん。

マンゴーしか置いてありません。

「バナナ?パパイヤ? よそに行ってくれ!」って感じで。

とりあえず1キロあたり30バーツの価格設定。

テキトーです。

さぁ始めようか!という時になって先生から
自分の持ち金1000バーツ以上をすべて使い切るという買い物ルールを知らされました。


果物屋さん、ピンチ!

すぐに売れ切れちゃう!

こそっっと値上げ。
・・・みんなにバレてましたけど。

いずれにせよ、果物だけに関わらず、
タイの物価は日本に比べるとうんと安いんです。


実際にタイへ行ったらおいしいフルーツをたくさん食べたい!

きっとマンゴーやバナナをたらほどキロ買いしますよ~。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-28 23:11
ジェンダー入門
『ジェンダー入門』 (講師:水野桂子)

ジェンダー開発について基礎的な知識を養う。

  ・ジェンダーの一般的定義
  ・ジェンダーの語源と使い方の変化
  ・Sex(生物学的性別)とGender(社会的性別)
  ・ジェンダーの視点の必要性
  ・ジェンダー統計
  ・グループワークショップ

ジェンダー(社会的性別)とは:<内閣府男女共同参画局>より

社会通念や慣習の中には社会によって作り上げられた
「女性像」「男性像」があり、このような男性、女性の別をいう。    

で・・・、

社会における男女の関係性の状況を把握するために
「ジェンダー視点」という重要な視点があり、
男女間における役割の違い、規範の違い、ニーズの違い、地位の違い・・・
などについて認識し配慮する視点に焦点を当てて考えていくことが重要であると。

ジェンダー統計については、例えば日本の場合、
人間開発指数(HDI)が177カ国中8位の上位にも関わらず、
ジェンダーエンパワメント指数(GEM)は93カ国中54位。

ジェンダーギャップ指数では130カ国中98位。

国会における女性議員が占める割合では188カ国中104位。


というようにジェンダー開発においては日本もまだ下位グループに属しているようです。


このように講座の前半ではジェンダーに関する基礎知識を養った上で、
開発におけるジェンダーの視点に目を向けていきました。


後半は「男だから・・・」「女だから・・・」などのジェンダーに関わる発言を書き出しながら
グループごとでのワークショップの中で様々な意見を聴き、
日常生活の隅々にある身近なジェンダーに気付いていきました。


母に「長男なんだから嫁さんもらってしっかり家を継ぎなさいよ!」
と耳にタコができるくらい言われるのも、そうなのかな・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-27 22:29
難敵「類別詞」
タイ語学習。

  ・復習小テスト(衣類の単語7、色の単語7、類別詞分類) ぎりぎり満点
  ・タイ語作文スピーチ
  ・どう、どのように
  ・1単位につき~
  ・~することができる、できない、できますか(可能、許可)
  ・~にしましょう(自己決定)
  ・~をください
  ・~させてください
  ・ためしに~してみる

今回、頭を悩ませているのが「類別詞」。

ものを数える場合の「~個」「~本」「~台」に相当する言葉がタイ語にもあり、
このものを数える言葉が類別詞なのだが、
これがまた種類が多くて分類がこれまたややこしいこと・・・。

整理して頭に入れようとしてもすぐに抜けてしまう。


くじけそうになった・・・。


それでも小テストではなんとかできて、ひと安心。
ぎりぎりのところでつながった。

でもニガテ意識を感じてしまったかなぁ。


ほんのわずかずつでも頭に入れていくしかないようで、
欲張らずにがんばります。


まだまだ難敵は他にも待ち構えていそうで・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-27 22:15
オリジナルTシャツ・パーカーをつくろう!
f0204561_22211523.jpg
JICA二本松訓練所 平成21年度1次隊のオリジナルTシャツを
つくろうという動きがあります。

Tシャツ制作実行委員が立ち上がり、デザインや色などを決めているようです。

190名くらいの大人数の多種多様な職種の訓練生の集団ですから、
その中には家政や服飾の職種の方もいるので、
ある意味、その道のプロフェッショナルがいます。


生活班でも負けじとオリジナルパーカーをつくろうと
消灯前の談話室でパソコンを囲んで制作会議を開きました。

これからみんなでデザインやパーカーの種類などを決めて、
仕上がりは訓練中のできるだけ早い時期を目指しています。

派遣中もそのTシャツやパーカーを着て、
今の派遣前訓練のことを思い出していきたいと思います。


どんなのができるのか楽しみです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-26 23:13
二本松イリュージョン
f0204561_2202272.jpg
JICA二本松訓練所で男性と女性の訓練生どうしが
互いに恋心を抱き、ロマンスに発展することを

 「二本松イリュージョン」

と言うそうです。


ちなみに、もう1つの訓練所であるJICA駒ヶ根訓練所では同様のことを

 「駒ヶ根マジック」

と言うそうです。


たしかに、この訓練所に来ている人たちは、
みんな優しくて、親切で、・・・。

その優しさを受けて想いを抱いても不思議ではありません。

ましてや非日常的な集団生活という環境も
そいうったことを助長させているのかもしれません。


しかし「イリュージョン」っていうネーミングって、けっこう絶妙。

どことなく、はかなさを感じるような。


今回の隊次でも「二本松イリュージョン」は見られるかな?
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-26 06:44