2011年 03月 09日 ( 1 )
フラッシュ百まい計算の成果
f0204561_11573514.jpg活動先施設の子どもたちひとりひとりに対して
地道にかつ継続的に取り組んできた活動である
「フラッシュ百まい計算」。

この「フラッシュ百まい計算」のねらいと成果をまとめる。


ねらいについて。
  ・蔭山式メソッド「百ます足し算」をアレンジした独自教材
  ・加数・被加数それぞれ0から9までのかけ合わせた100通りの組み合わせの足し算を取り組む。
  ・足し算100枚すべて終わったタイムを計測する。
  ・基礎計算能力や集中力を高める。
  ・単純な計算を大量に取り組むことで達成感を与えて子どもたちに学習習慣をなじませる。


ゲーム感覚で単純・簡易ではあるけれど一度に大量の計算問題を矢継ぎ早に取り組むことで
基本的な計算処理能力や集中力の向上を図ったり
学習を楽しむ素地・態度の涵養を図ったり。

そして短縮時間にはそれぞれ個人差はあるものの
自己の記録を更新することで、できる喜びや達成感を感じ
さらなる自信や意欲を培う手段として貢献している活動として継続して取り組んだ。


成果について。
この「フラッシュ百まい」取り組み期間はおよそ18カ月。

活動先施設内の子どものうち
のべ121人が取り組みに参加。

ひとりひとりについて記録データをとっていき
子どもたちが「フラッシュ百まい計算」にさらなる意欲と内発的動機づけを図るため
その記録の伸び具合、記録を更新していく推移を子どもたちと共有していく。

大切なのは
全体の中での相対的な個人個人の実質的なタイムよりも
どれだけ自分のタイムを短縮することができたか
という個人内の伸び率。

その個人内伸び率ベスト3を紹介すると

第3位。
小学5年生の11歳の子。
伸び率(タイム短縮率) 67%
5分35秒から1分50秒に。タイム短縮3分45秒。

夢の2分台突破を目指して毎日夕食後に食堂に居残って取り組んでいた子。
(過去記事:『残り3カ月の誓い』参照)
悲願達成のときはそれはもう歓喜の瞬間。


第2位。
小学2年生の8歳の子。
伸び率(タイム短縮率) 76%
8分19秒から2分12秒に。タイム短縮6分07秒。

学校休業期間に行った「4週間集中特訓プログラム」で
一気に才能を開花させ頭角を現した子。
(過去記事:『4週間短期集中特訓チャレンジプログラム』参照)


そして第1位。
学校に通わないでいた12歳の子。
伸び率(タイム短縮率)77%
8分45秒から2分03秒に。タイム短縮6分42秒。

学校に通わなかったものの
その分、平日から自分との個別指導をみっちり受ける。
呑み込みがとてもよい子で
グングンと伸びていくのが本人にも実感でき
それがさらに彼のやる気や才能を伸ばしていった。
(過去記事:『別れはいつも忽然と』参照)



f0204561_115838100.jpg個人別データから全体のデータに視点を移して
「フラッシュ百まい計算」の成果を考察してみる。

毎回メモしていた個別記録データを集計。

のべ121人の記録をまとめて
分布グラフにして推移を視覚的にとらえる。

初回取り組みのの平均タイムは
4分45秒。

分布的には
3分台の子どもが最も多い。

また下位の子どもたちが多いということも挙げられる。




f0204561_115984.jpg約18カ月の取り組みを重ねるごとにつれて自己記録を更新していく子どもたち。

最高タイムの平均は
3分13秒。
平均伸び率32%。平均短縮時間1分32秒。


上のグラフと下のグラフの構成員は
もちろん全く同じ121人の子どもたち。

全体的に左に左に寄って密集していき
左端の方へ高いグラフ棒を連ねていく。

分布的には
2分台の子が最多になり3分の1の子が構成する。
1分台の子がそれに次ぐ分布に躍進し、4分の1を占めるようになる。

また下位の子どもたちが激減したのもうれしい要因。


この「フラッシュ百まい計算」の取り組みで
ここまで劇的に変貌を遂げていった子どもたち集団。


個人の記録・短縮時間にはそれぞれ個人差はあるものの
自己の記録を更新することで、できる喜びや達成感を感じ
さらなる自信や意欲を培う手段として貢献している活動としてこの活動を取り組んだが
この2つのグラフの推移を見れば
子どもたちの中でどのような心の変容がなされてきたのかが分るのではないだろうか。


この取り組みの隠れた姿勢として
「記録更新するまであきらめずに何度も挑戦する」
というもの。

「成功するための最大の方法は
成功するまであきらめずに失敗し続けること」

失敗を恐れず、失敗にめげず
自分を信じてあきらめずに努力し続けることの大切さを
子どもたちがこの取り組みで少しでも感じることができただろうか。


子どもたちホントに頑張ったね。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-03-09 22:50