2010年 12月 17日 ( 1 )
ナ~ウ
f0204561_9571055.jpg熱帯モンスーン気候に属するタイといえども
さすがに12月や1月は涼しくなる。

乾季のため空気は乾燥して
日差しも春のようにうららかとして
日にあたってもポカポカ気持ちよいくらい。


今日は乾季には珍しく雨模様。

朝から分厚い雲に覆われ
光を遮断されたされた太陽も1日じゅう休閑中。

代わりにひんやりとしたからっ風がピリッと活躍。


そうなると途端に冷えて肌寒くなる。

と言っても
多少防寒すれば凌げる程度なのだが
半袖半ズボンが基本的な服装の子どもたちには厳しかろう。

あるいは
年中ほとんどが暑いタイで過ごすタイ人は
暑さには強いが寒さには耐性がないのかもしれない。


こういうまれにタイを不意打ちに襲う冷えた日には

  「ナ~ウ」(寒い)

とこの言葉が決まって口々に揃えて出る。


Tシャツを重ね着して
バスタオルにくるまって
なんとか寒さをしのごうとする子どもたち。

タイのこの程度の寒さなら
まったく問題としない自分は常に半袖。

それでもタイにいるせいか
1年前より暑さには強くなったが寒さの耐性は鈍っているのかもしれない。



今頃日本は冬真っ盛り。
しんしんとした雪が自分の街を白く覆っているのだろう。

2年間も雪を見てないと思うと
なかなか日本の雪も情緒があってよいものだと
改めて日本の味わいをはるか遠くからじんわり感じる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-17 19:16