2010年 09月 08日 ( 1 )
遊戯王カード
f0204561_23461618.jpg活動先のチェンマイ少年の家の子どもたちの中で流行っている遊びのひとつ。

遊戯王カード。


タイでも遊戯王カードは広まっている。
子どもたちは店かどこかでひと束5バーツでモンスターカードを買って来る。


遊び方は
もちろん公式ルールのデュエル形式とは違い
子どもたち独自で考えられた遊び。

2~4人くらいで
各自の手札を裏返しにしたまま持っていて
自分の順番に手札の一番上から
中央の場に表向きにして投げ置いていく。

モンスターカードの属性(闇、地、炎、光、水、風)を見て
1つ先のカードのモンスターの属性が同じだったら
それまで重なったカードを獲得できる。

といった遊びらしい。

他にも微妙にバリエーションが変化があるものの
基本的にはモンスターの属性の一致を元にしたカードゲーム。


ひと通りルールを把握したあと
自分もやってみる。


手札を切り出すテンポが悪いのか
いつも途中から子どもたちが
「代わりにやって見せてあげる」と言われて

結局子どもたちの独壇場になってしまう。

あらら。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-09-08 23:28