2010年 07月 15日 ( 1 )
明日へ続く帰路
f0204561_13767.jpg職場から自宅アパートまでの帰り道。
(行きの通勤は『自転車通勤』参照)

毎日日が暮れてから
それなりに荷物を背負って
車道わきを必死こいて自転車を疾走。

行きは微妙に緩やかな上り坂がだらだらと続いて地味につらいが
帰り道は逆に緩やかな下り坂を進むのでずいぶん楽。

そんな帰り道。

距離にして片道7キロ強。
時間にして25分弱くらい。

自転車に乗りながら
いろいろと頭の中で考える時間になっている。

今日その日のこと。
あれがよかった。あれが悪かった。
うれしさを思い出したり凹んだり。

明日やこれからのこと。
どうやって活動を展開させようか。
この先どうなるんだろうか。

いろいろ考える。

「明日」って
「明るい日」って書く。

素敵な漢字。
この「明日」という漢字をあてた人を
すばらしい感性の持ち主として称えたい。

明日は明るい日だから
明日についても明るく前向きに考える。

往々にして自分がイメージした結果になるから。
失敗を考えると結果もおのずと失敗になる。
だからうまくいくことを考えることだけでもアドバンテージ。

凹むこととあっても気持ちを切り替えて。

明日も明るいよい日でありますように。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-15 23:35