2010年 04月 05日 ( 3 )
ラオス入国?
f0204561_23303834.jpgタイ極北部 弾丸日帰りツアー。

ゴールデントライアングルからメコン川をボートで進み、
ラオス領ドン・サオ島へ上陸。

ラオス領土の小さな島で
ビザやパスポートなしで入国できる。

となると正式な出入国扱いにはならないのか。
どーなんだ?

と何だかんだ言いながらも
ちゃっかり入国した。

一応、国を越えての
ラオスへの入国になるのかな。

よく分からないんだけど。
それだけに感動もちょっと中途半端。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-04-05 23:55
ゴールデントライアングル
f0204561_23182491.jpgタイ極北部 弾丸日帰りツアー。

ゴールデントライアングル!

チェンマイに来て以来一度訪れたかったスポットの1つ。

メコン川を境界に
タイ、ラオス、ミャンマーの
3つの国の国境が交わるポイント。

ボートに乗ってそのポイントの辺りをウロウロ。

目の前に見えているほんのすぐそこが他の国だと思うと
ほぉ~、へぇ~っ て感じ。

写真で
手前がタイ、
左側がミャンマー、
右側がラオス。

中央の中州はどこの国になるのだろうか。


3つの国境が接する地点に位置するってのは
めったにない体験をしたのかな。

ちょっぴり感慨深し。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-04-05 23:43
真っ白な寺院
f0204561_2312569.jpgタイ極北部 弾丸日帰りツアー。

まずはチェンマイからチェンライへ。

ワット・ロン・クンという寺院。

一般的にタイの寺院と言えば
煌びやかに輝いていたり
色とりどりのモザイクで装飾が施されたりしているが

このワット・ロン・クンは
そのタイの寺院のイメージを覆す斬新なデザイン。

とにかく真っ白。
底抜けに真っ白。
ひたすら真っ白。

白一色の寺院は異色ではあるが
それだけに奇抜な特徴でもあり
とても見応えがある。

先端部がツンツンしていて
細部まで細やかにこだわりが見られる。

遠くから全体を見ても魅了され
近くから細やかに見ても魅了される。


f0204561_23141751.jpg本堂への入り口の通路の足元には
無数の手が気色悪く伸びていて
まるで地獄を通り抜けているように感じる。

それを通るとそれと対照的に
白く輝く寺院の本堂が天国のよう。


この煌々と輝く純白の寺院は
タイの有名な芸術家が建築に携わり
現在もまだ建築中。
完成まではまだいくらかの年数を要するという大作のよう。

灼熱の太陽のもと
ワット・ロン・クンはますます白さを増しまぶしく輝く。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-04-05 23:27