2010年 03月 23日 ( 1 )
バリ島ウブド
f0204561_22395022.jpg任国外旅行インドネシアへ。

インドネシアのバリ島ウブド。

バリ島というと
「海」「ビーチ」というイメージが先に立つが
田園風景など豊かな自然に恵まれていて
きれいな曲線を描くライステラス(棚田)が眼下に広がる。

斜面を活かしたライステラスはまるで芸術品。
ちょっと足を止めてのんびり緑の景観を満喫。


f0204561_22412338.jpgウネウネと山道をひた登ってたどり着いた湖畔。

キンタマーニ。

バドゥール山とアバン山が霧の中にそびえ立つ高原地帯。
バドゥール山とバドゥール湖の雄大なパノラマが広がる景勝地。

その名前から面白おかしく取り上げられる地名であるが
実際の景色は大自然の雄大さを感じられる。

でもやっぱり名前の方が勝ってしまってるか。


f0204561_22414777.jpgブサキ寺院。

バリの人々が聖なる山と讃えるアグン山麓に建つバリ・ヒンドゥー教の総本山。
バリ最大にして最重要の寺院。

ヒンドゥー三大神であるシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマを祀り
30もの寺が建ち集まる総合寺院。

バリ島ウブド地方でもかなり有名な観光地らしく
怪しいぼったくりガイドやしつこい客引きを追い払うのにウンザリ。

神聖なパワースポットの雰囲気が台無しである。


f0204561_22421959.jpg夜はバリ伝統舞踊へ。

バリの人々にとって舞踊を奉納することは
神々と交わるために重要な儀式の1つ。

芸能の村ウブドと呼ばれるだけあって
毎晩いくつもの定期公演が行われているよう。

踊り手も演奏者もホントに楽しそうにリズムカル。

それにつられるようにこちらもカラダにリズムを感じたり
自然と表情もほころんでくる。


インドネシア・バリ島の雰囲気を味わえた。

神々の島と称されるこの島の魅力を
感じることができたよう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-03-23 22:37