2010年 02月 09日 ( 1 )
社会開発人間安全保障省 訪問
改めて
自分の配属先チェンマイ少年の家を管轄する
社会開発安全保障省が自分の活動や様子を伺いに訪問。

自分のボランティア活動にまだ焦燥感や閉塞感を抱いている自分としては
何とかこの機会を状況打開のひとつの転機にしたいと臨んだ。

普段は自分のことを聞き入れようとする姿勢があまり見られない配属先だから
ダメ元でも直接上の方にぶっちゃけて訴えてやろうと。


遠慮なしで言ってやろうと思っていたけど
実際切り出すタイミングが難しかった。


子どもたちと一緒に活動するのはとても楽しい
と一応のプラス面を挙げてから

でも正直に言うと…と切り出して

今のところの自分の活動には満足していない。
職場の協力が全くなくて困っている。
最近スタッフルームにいること自体がストレスに感じる。

などなど。

言いたいことの半分くらいは言えたかな。
もっともっと言いたいこと知ってほしいことはあったんだけど。


どれくらい自分のことが伝わったのかは分からない。

どれくらい配属先に響いたのかは分からない。


さぁ、これでどーなるのか。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-09 22:27