2010年 01月 26日 ( 3 )
サンセット@プレ・ループ遺跡
f0204561_22245338.jpg任国外旅行カンボジア。

前日のプノンパゲン遺跡でサンセットに続き、
プレ・ループ遺跡でサンセットを見る。

寺院の最上部からの眺めはとても壮観。

一面ジャングルに囲まれ
中央祠堂からカンボジアのジャングルに沈む夕日。


当然ながらレンズ越しで見るよりも
肉眼でナマで見たほうがと感動は格段に大きい。

吸い込まれるようにじーっと見つめていると
ついついシャッターを押すのを忘れてしまう。

きれいな夕日の命はあっという間。
まさに美人薄命。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-26 22:27
アンコール・トムとその周辺の遺跡群
f0204561_22202386.jpg任国外旅行カンボジア。

アンコールワットでの朝日をあとに
アンコール・トムとその周辺の遺跡群を
廻れるだけ廻ってみることに。

午前中は
バイヨン、バプーオン、王宮、
ピミアナカス、ゾウのテラス、ライ王のテラス。

アンコール・トムの中央にバイヨン寺院。
古代インドの宇宙観による神々の住む聖域を象徴している。

f0204561_22205649.jpg建築も壮大であるのと同時に
第一回廊のレリーフ(浮き彫り壁画)もすばらしかった。

当時の日常的な庶民生活や貴族の暮らしがいきいき盛り込まれている。

・・・と傍にいた日本語ガイドさんを盗み聞きしながら廻る。

ツアー客が多いとどうしても
遺跡の雰囲気がなくなってしまう。

心静かに遺跡との対話をしたいのだが。

韓国人ツアー観光客がこの日も多い。
ブームになっているのだろうか。
とにかく韓国語が耳に障ってトラウマになりそう。


f0204561_22211749.jpg午後からは
プリア・カン、ニャック・ポアン、タ・ソム
東メボン、プレ・ループ。

ここまで遺跡を巡ってみると
目に入るものが石だらけで酔ってくる。
正直ちょっと飽きが来た。

少し欲張りすぎたか。

けどアンコール・ワットやアンコール・トムほど有名でないところで
静かな遺跡の雰囲気を味わうことができた。

いい感じの遺跡臭さが心地よい。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-26 22:18
サンライズ@アンコール・ワット
f0204561_22103920.jpg任国外旅行カンボジア。

早朝4時半に起床、5時半前にはアンコール・ワットに到着。

空はまだ夜空と言った方が近い。
無数の星が散りばめられている夜空も美しい。

聖池から朝日を鑑賞。

暗くて何も見えなかった周りに
アンコールワットのシルエットが浮かび始める。

やがて太陽が昇り始め
神々が目覚める瞬間を迎える。

f0204561_22105912.jpgそしてご来光!

アンコールワットの中央塔と朝日が重なる
なんとも感動的な瞬間。

何百年、何千年と繰り返されてきたことだろうに
なぜかこの瞬間は特別なものに感じる。

古の人も眺めてたであろう太陽の光は
今も変わらず神々の大地を照らし続ける。

そんなとても幻想的な光景にじんわり感動。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-26 22:02