2010年 01月 25日 ( 5 )
サンセット@プノンパゲン遺跡
f0204561_2245960.jpg任国外旅行カンボジア。

アンコール遺跡群の中でも
人気ナンバー1の夕日スポットと呼び声高い
プノンパゲン遺跡でサンセットを見る。

1時間ほど前からサンセット目当ての見物人が集まり出し、
ちょっとした場所取り合戦が繰り広げられる。

なんとかベストポジションをキープ。
振り返ると夕日を見ようと集まった観光客がたくさん。

そして、いよいよサンセットの瞬間。

f0204561_22532100.jpg夕方、アンコールの神々が眠りにつく頃
クメールの大地に沈む夕日。

1日のクライマックスにふさわしい
壮大で神々しいサンセット。

きれいな夕日の命は短く、
あっという間に沈んでいく。

その美しさと儚さに胸を打たれる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-25 22:23
アンコールワット!
f0204561_10257.jpg任国外旅行カンボジア。

まずは手始めに
アンコールワットとご対面。

人生で一度は行ってみたかったところ。
ようやく念願叶った。

世界文化遺産として有名すぎるくらいのアンコールワット。

カンボジア国旗にも描かれているくらい
カンボジアのシンボルでもある。

建築、造形の美しさはまさにアジア、世界の至宝。



f0204561_1103376.jpgいろいろな国から観光客が訪ねている。

しかし多すぎる!

特に韓国からのツアー客が目立ち、
大きな声のハングル語が飛び交い
遺跡の雰囲気をまるでブチ壊される。

うーむ・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-25 22:07
待ち人来らず
f0204561_1323712.jpg任国外旅行カンボジア。

空港を出ると
ホテルやゲストハウスなどそれぞれの宿泊施設のお迎えがお待ちかね。

自分もゲストハウスに事前に送迎をお願いしていたので
自分の名前が書かれたのを持っている人を探す。

ぐるーっとひと通り見てみる。

が、
いない・・・。

2、3回見直してみる。
どうやら、いない。

おいおい・・・。

待っていても仕方ないので
近くにいたバイクタクシーでゲストハウスへ。

ゲストハウスに行ったら行ったで
予約していた部屋は埋まっていて
結局ドミトリーに宿泊するハメに。


カンボジア、テキトー過ぎる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-25 21:58
税関フリーパス
f0204561_0421798.jpg税関ゲートには
職員だれひとりとしていなかった。

3分間だけ待ってみたけど
本当に気配すら感じない。

待ってもしかなないかなと思ったので

とりあえず税関申告書を
手前のボックスの中において
スルスルーっと通過させてもらいました。


カンボジアのチェック体制って
これでいいのかい?

カンボジア、テキトー過ぎる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-25 21:46
公用パスポートの実力発揮
f0204561_0403765.jpg任国外旅行カンボジアへ。

カンボジアへの入国にはビザが必要。
ビザ申請用紙に必要事項を記入し、
タテ4.5センチ、ヨコ3.5センチの顔写真を持参。
そして観光ビザなら申請代20ドルが必要となる。

ビザ発券の窓口へ。
パスポート、申請用紙、顔写真、20ドルを準備して列に並ぶ。

職員の人に諸々を渡すと
パスポートを確認して
「公用バスポートはビザ代はいらない」
とのこと。

JICAボランティア業務は国の用務であるということから
公用パスポートで渡航する。

なるほど。

公用パスポートではビザ代は不要なのらしい。
もちろん他の国の入国に際しても。

知らなかった。


カンボジアでの20ドルは大きい。
だいたい今回の3泊分の宿泊費に相当する額だから
どれくらいの価値なのかは想像できるかな。

初めてこの公用パスポートのチカラを見せてくれました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-25 21:35