2010年 01月 09日 ( 2 )
子どもの日@ビエンピンチャイ少女の家
f0204561_131366.jpgチェンマイ少年の家での子どもの日イベントが終わり
祭りのあと的なさみしさをちょっと感じていると
どこからともなく大音量の音楽が。

隣接しているビエンピンチャイ少女の家(Vieng Pingjai Home)でも
子どもの日イベントが開催。

ふだんは男子禁制の施設に
自分もお邪魔させてもらいました。
もちろんチェンマイ少年の家の男の子たちも。

この隣接する女子の施設には
チェンマイ少年の家の子どもたちの
姉妹がいたり、恋人もいたりすることがあって
自分にも紹介してもらったわけで。


f0204561_1332747.jpgメインステージではやっぱりカラオケ。

各ブースには射的ゲーム、特大すべり台、ペインティングなど。

自分にもフェイスペインティングを勧められたが
こんなんで自転車で帰宅しようものなら
間違いなく警察の職務質問を受けるだろうから断った。

けどやってみてもよかったかな…なんて。


f0204561_1342665.jpgやはりここでも
お菓子をこれでもかとばかりにあげていく。

タイの子どもたちはホントお菓子が大好き。


そんなこんなで

1日中子どもたちの盛り上がりを感じつつ
こんな感じで子どもたちの笑顔があふれる日が
いつまでも続いてくれればなぁ
って子どもたちのシアワセを祈るばかり。

ちょっとしみじみしました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-09 23:14
子どもの日@チェンマイ少年の家
f0204561_1124046.jpg子どもの日。

日本の子どもの日は毎年5月5日。

タイの子どもの日は毎年1月の第2土曜日。

チェンマイ少年の家でも
子どものためのイベントを開催。

施設の子どもたちだけでなく
近隣市民へ一般公開。
参加者もたくさん。

メイン会場ではタイ伝統舞踊やポップダンス。

f0204561_1173495.jpg各ブースではいろいろなゲームが設置。

イス取りゲームや目隠し缶叩きゲーム
そしてボクシング大会。

このボクシング会場の設置は
自分も手のマメをつぶすほど
穴掘ったり木を切ったり。
前日ガンバった甲斐があったかな。


f0204561_119355.jpgとにかくいろいろなところでお菓子がもらえる。

テーブルにどっさり。

配っても配っても
無尽蔵に湧いて出てくるお菓子。

子どもたちの認識にも
子どもの日=お菓子がたくさんもらえる
というくらいだから。

終盤に差し掛かると
残ったお菓子をすべて配り切ろうと
ここぞとばかりにラストスパートをしかける。

f0204561_1215337.jpgもうこうなるとスクランブル状態。

人だかりの先に何があるのかも分からない。

そんな盛り上がりの中
すっかり出遅れてしまった日本人をよそ目に

子どもたちは大きな袋やリュックに詰め込んで
ガッチリお菓子をゲットして
子どもの日イベントを満喫してました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-09 22:55