2009年 12月 04日 ( 2 )
タイの父の日@チェンマイ少年の家
f0204561_2327191.jpgタイ国王の誕生日。

日本で言うところの天皇誕生日ってところじゃないかと思う。

タイではこのタイ国王の誕生日を「父の日」として国民の祝日と定めている。
タイ国民が敬愛してやまない、国民の父のような存在ということ。

街中では国王の写真や肖像画が飾られこの日を祝福。

タイでは国王は絶対的に偉大な存在。
国王に対する深い尊敬、信望の厚さをハンパなく感じる。
まさに「畏敬」という難しい漢字がふさわしい。

タイの父の日前日だけどチェンマイ少年の家でも
タイ国王の誕生日を祝ってセレモニーを開催。

f0204561_23291779.jpg子どもたちもスタッフもみんなお揃いでのピンクのシャツ。
どこ見てもピンク!
そんな中、自分は紺のポロシャツ・・・。


式典の厳粛な雰囲気を味わう。

司会である同僚の長い話があって
施設長が式台の国王の肖像画に礼拝をして。

キャンドルライトを灯したり
歌を歌ったり
花火や爆竹をしたり
男性職員(←父の日なので)何人かがスピーチをしたり
絵画コンクールの表彰で盛り上がったり。

なぜか最後が子どものカラオケで締めるのはどうかなと思ったけど。
さすがカラオケ好きなタイ人ならではなんだろうな。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-12-04 23:18
警察へ事情聴取
f0204561_2249432.jpgオートバイとの交通事故の事情聴取に警察へ出向。

交通事故の翌日には加害者だけの事情聴取はあったらしいけど
この日は自分も加わって確認するということ。

この警察出向の予定だけど
最初は月曜の午前中だったのが
今日の午前中になりさらに変更で結局午後からになって。

こんな感じで警察もいい加減なタイなのか?
いいように振り回されてしまった日本人。

相手はやっぱり聴覚障害者。
自分と同じくらいの年齢。
手話通訳の人と母親みたいな人が付き添い。

カタコトのタイ語を話す日本人と
手話通訳を通すタイ人とのやりとり。

タイ語でのコミュニケーションも大変なのに
時間もかかってひと苦労。

とりあえず事実に相違がないかの確認。

事故の原因は相手の前方不注意。
バイクの後部座席に座っていた人に振り返っていたのだという。

で、いきなり「いくらいるか?」とか聞かれて示談めいた話が出てきた。
予想外の話にビックリしてよく分からないから「必要ないです」と答えた。

とっさに返事をしたけどこれが正解だと信じておこう。

カラダも無事に至らずよくなってきたし
自転車も修理で復活しそうだし。

ややこしい話は要りませんってことで。

これで一件落着、よしとしよう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-12-04 22:52