2009年 11月 11日 ( 1 )
冷戦状態
f0204561_11492672.jpg冷戦状態突入

と言ってはだいぶ大げさだが。

最近のところ同僚との会話がめっきり減少。

相変わらず職場は自分の活動については無関心。

向こうから要求される一方で(しかも自分の活動とは関係なし)
こちらの話は一向に聞いてくれない
まさに一方通行なやりとりばかり。

なんだか自分がボランティアとして赴任したことで
ここでの余計な仕事が1つ増えたくらいにしか思っていないのが
どことなく伝わってくるようなのが現状。

自分で勝手にやってくれと放置状態。

なので同僚の協力は自分もあきらめてきた。
いい意味で。

職場にいても息がつまりそうだから
朝来たら荷物を置いてすぐに外に出て子どもたちの元へ。

子どもたちとの時間を何より大切に有意義に。

子どもたちにとってどういう存在でいられるかを最優先。

子どもたちと一緒に楽しくやっていくのが一番。
子どもたちの笑顔がどれだけ見ることができるかが大切。

ありがたいことに
ここの子どもたちとの関係はすこぶるよい。

それに自分が救われている部分がある。

ここの施設のスタッフの誰よりも
子どもたちのことを考えて見守っているという自負もできている。
子どもたちからの表情や行動にもそれが伝わってくるような。


ひとまず自分のやるべきことやできることをやって
向こうがウズウズと動き出してくれる(のかは分からないけど)のを待ってみる。

さすがにデカイことはできないけど小さなことを積み重ねる。


押してダメなら引いてみる。
職場に対しては今はこの姿勢でしばし静観。

デタントはいつか来るのかな・・・
とわずかに期待は残しつつ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-11-11 21:46