2009年 10月 07日 ( 1 )
非協力宣告
カウンターパートと活動方針について相談。

今のところの自分が地道に活動参加希望者を募っている手法では
自分が想定しているよりも多くの子どもたちが来てくれないことがあったり
活動の効果が今ひとつ。

さらなる活動の段階を見据えて
できれば全員に参加してくれるようになればという思いがある。

そこでカウンターパートから子どもたちに呼びかけてもらい
できるだけ多く(できれば全員)の子どもたちに自分の活動に参加してもらうように
協力してくれないかと頼んでみた。


しかし却下された。


何度か食い下がったがそれでも断られた。


子どもたちがひとまず活動に参加するきっかけができていけば
自分の活動も軌道に乗っていくと目論んでいた重要事項と考えていたのだが。

それだけに頼みの存在であるはずのカウンターパートの
非協力宣告とも受け取れる今回の返答は
さすがにショックが大きかった。

と言うより現場の人たちの意識がこのようであるならば
自分の活動もあまり意味がないのではないか。


ひとりでやるしかないのか。

と思うと同時に

本当に自分は必要なのか。

ならばなぜ自分を呼んだのか。

という思いに駆られる。


自分のしたいことを十分に伝えられていないというのもあるんだけど。


くじけそうに、心が折れそうになる。



さぁ、どうしようか・・・。



とりあえず


まずは少し凹んでおきます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-07 22:42