2009年 07月 23日 ( 3 )
勤務先チェンマイ少年の家 到着
f0204561_13163061.jpgチェンマイ空港で配属先のチェンマイ少年の家の
スタッフらしき人が待っていてくれました。

用意してくれた車に乗って
話をしていきながらだいたい20分ほどで
自分の勤務先チェンマイ少年の家に到着です。

ここが自分の仕事場になります。

目の前にするとイメージが固まります。
モチベーションも上がりまくりです。

たくさんの子どもたちと
たくさん触れ合っていく中で
たくさんのものをお互いに分かち合えたらと。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-07-23 17:52
任地チェンマイへ
f0204561_13135428.jpgみんなが「ドナドナ」を満喫しているだろうそのとき、
スワンナプーム空港からチェンマイへ。

当然のようにエクセスが発生したので、
自腹で超過料金を払うことに(痛)。
でもたぶん重量かなり少なく見積もってくれました。

スワンナプーム空港からチェンマイまで1時間10分。
飛行機ならあっという間。

チェンマイの地に降り立ったとき
1か月前にバンコクに着いたとき以上の
ちょっとした高揚感を感じました。

ここでやるんだな!という思い。
ワクワクドキドキです。

やっとこさ任地チェンマイに到着です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-07-23 17:36
TICAセレモニー そしてドナドナ
f0204561_1351184.jpg任地出向の直前にJICAとTICAとのセレモニーがありました。
日本とタイ、両国の国際協力機関どうしの連携・友好を図るもの。

それぞれの事務所関係者や受入機関や勤務先の関係者も勢ぞろい。

双方の事務所の所長さんのあいさつの後に
自分たちボランディア隊員のスピーチ。

スピーチでしっかり笑いをとることもできて
タイ語でユーモアを取り入れる余裕ができたのは上達の証かな?

セレモニーもそこそこに、
他のボランディア仲間は息つく暇もなく
セレモニーに来ていた勤務先関係者と一緒に
バンに乗ってそれぞれの任地へ出発。

通称「ドナドナ」

自分は任地チェンマイまで1人で飛行機で行くことになり、
あまり「ドナドナ」気分は味わえなかったのは少し残念だったんけど
仮にみんなと同じ自動車での移動だったら10時間以上。

どちらがよかったのかは・・・難しいところだなぁ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-07-23 17:24