2009年 07月 05日 ( 1 )
ワット・プラ・ケオ
f0204561_9242738.jpgワット・プラ・ケオ

王宮とワット・プラ・ケオに行きました。

タイ仏教の頂点に立つ寺院。
本堂に安置されている本尊が
エメラルド色の翡翠(ひすい)で作られていることから
別名エメラルド寺院とも言われている。

タイ・バンコクのどのガイドブックにも
観光スポットのトップに来るくらい有名な観光地。
早いうちに1度行ってみようと思って行きました。

王宮周辺に来ると賑やかさが増してきました。
現地の人はもちろん、
世界各地の観光客らしき姿も多かったです。

f0204561_9245015.jpg入場料(外国人)が350バーツ。
高い!

中の建物には金や宝石、綿密な彫刻で彩られ、
タイ独特の色彩美と建築様式を誇る。

印象的だったのは
黄金に輝くプラ・スィー・ラタナ・チェディがどどーんとそびえる。

本堂前にはみんななにやら聖水らしきものを
頭にちょんちょんとつけている。
日本でいうところのお寺で煙を体の各場所に
つけていくようなものなんだと解釈。

自分もちょんちょんと・・・。

f0204561_9251619.jpg本堂に入ると
ずどーんと高い所にエメラルド色の本尊が安置され、
本堂に入っている人たちがみんな礼拝をしている。

自分も見よう見真似で。

手を顔の前で合わせて
ひざまずいて、
拝む。
これを3回繰り返す。

その場に坐しているだけで
なんだか見えざるチカラが自分の中に入ってくるような気がして。
しばらくその場を離れることができませんでした。

タイ仏教のすごさを肌で感じました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-07-05 18:23