2009年 07月 04日 ( 2 )
ワット・アルン
f0204561_1541036.jpg次に向かったのはワット・アルン。

チャオプラヤー川を挟んでワット・ポーの対岸に位置します。
ワット・ポー西に位置するター・ティアン(ティアン船着場)から渡し舟で行きます。

しかしその時はどこから乗りつければよいのか分からず、
また迷いながら、人に聞きながら。
困った時の人の親切ほどありがたいことはないなぁ。

渡し船の運賃はたったの3バーツ。
危うくトゥクトゥクのおっさんにぼったくられるところでした。

渡し船の戦場から見たワット・ワルンの大仏塔。

f0204561_1543831.jpg近くから大仏塔を見上げると、
でかい!
高い!

この大きくて高い大仏塔を階段で登ることができるのだが、
とても急勾配な階段で高い所が苦手な自分にはきつかった。

仲良くなった現地の子どもと一緒に登りました。
その子が覚えた日本語は「こわい」
せっかくならもっといい日本語を覚えてもらいたかったけど。
・・・申し訳ない。

それにしても、よくぞこんな立派な建物を建てたなぁと感心感銘。

「アルン」とは日本語で「暁」という意味らしく、
風情や趣きがあってとても美しかったです。

ワット・アルンが包み込む雰囲気に酔いしれました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-07-04 20:15
ワット・ポー
f0204561_1591216.jpgタイは今日から5連休!

どういうわけで5連休なのかはよく分からないけど。
苦行の語学漬けから抜け出せる素敵な息抜きタイムになります。

単独行動でバンコク市内の観光へ。

よちよち歩きのしどろもどろのタイ語で、
あちこち迷いながら道行く人に聞きながら。

困っている日本人にみんなやさしく接してくれました。


まずはワット・ポーに行きました。

1788年にラーマ1世によって建立されたバンコク最古の寺院。
学問修行の施設として建てられ、タイ式マッサージの総本山としても知られている。
長さ49m、高さ12mの巨大な涅槃仏が有名。


大きいなー。
すごいなぁー。

・・・ボキャブラリー貧弱すぎ。
が、感動しました。

飽きもせず1時間くらいずーっと眺めていました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-07-04 19:56