2009年 05月 21日 ( 1 )
所外活動 2日目
f0204561_1604953.jpg所外活動の2回目が来ました!

前回と同じく酪農場でお世話になりました。

活動内容は前回とほぼ同じで、
  ・飼養(乾草、配合飼料)
  ・搾乳(乳房清拭、試し搾り、ミルカー搾乳、消毒)
  ・牛舎の清掃
  ・糞尿処理
  ・飼い犬の散歩
  ・牧草刈取
  ・ラップサイレージ

f0204561_162666.jpg牛舎に入ると牛さんみんな一斉にこちらを向いて
「お!また来たか」
と言っているようにも…。

飼い犬のヒデも相変わらずの落ち着きのない歓迎ぶり。

仕事も前回よりはるかに効率よく進んでいるのを実感。
午前中の作業も1時間も早く切り上がりました。


この所外活動で学んだこと。

初めて訪れた施設で初めて出会った人と一緒に初めての酪農作業体験。
初めてづくしの環境の中で活動を円滑に進めるために、
意識的に行ったことはやはりコミュニケーションを図ること。

作業を行いながら何気ない会話や質問を交わし、
徐々にお互いの心理的距離が短くなり、
相互理解や信頼関係を深まっていく実感ができるようになりました。
f0204561_1625592.jpg
時間がたつにつれて、作業の要領をつかんでいく上に、
お互いの関係性によって作業効率が向上していくことにもつながると感じることも。

任国での活動でも、自分ひとりで仕事をしていく場面はまれで、
たいてい誰かあるいは周囲と協同で活動に取り組んでいくものだと思っています。

そのような時に、コミュニケーションを通じで相互理解や信頼関係を図り、
充実した活動が展開されるように努めていくことが大切だと思いました。

さらに、
自分の仕事に「誇り」と「愛情」をもつこと。

どんな仕事にも苦労は付き物。

それでも酪農場のお父さん、お母さんもあたたかく、
自分の仕事にまっすぐで、楽しんでいるよう。
f0204561_1632654.jpg
そんな仕事に対する姿勢を見て、
改めて見習うものがたくさんありました。

この2日間で自分がした仕事以上に
あたたかいもてなしを受けたこと、
きっと忘れません。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-21 22:28