2009年 05月 11日 ( 2 )
海外交通安全
『海外交通安全~交通事故に遭遇しないために~』 (講師:佐藤英徳)

任国での事例をもとに、交通交通安全意識の改革を行う。

JICAボランティア派遣国の交通事情と交通事故の事例を解説と共に紹介し、
日本と開発途上国の交通事情の相違を確認し、
派遣国における交通事故防止に必要な安全意識を図る。


任国では日本と交通事情や交通環境が異なり、
交通ルールを守っていれば安全、という認識は通用しないようです。

なので、自らが「安心と安全」を確保する努力と注意をしていかなければなりません。

任国で交通事故に遭わないためには、
日本での交通常識を払拭し、意識改革が必要になってきます。

任国の交通環境を変えることができないので、自分が順応していくしかないようです。


交通事故はほとんどが人為的ミスによって発生するものです。

他人や自分の過失により事故の当事者になることから、
自らが優先意識を払拭し、安全確認の励行と
安心・安全の確保に努めることが無事故につながります。


とにかく、無事故で。

とにかく、無事で。

何事もなく、日本へ帰国できますように。

・・・と、最後は結局願掛けです。

気休めにお守り持って行こうかなぁ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-11 23:22
プゥーッ パーサータイ
タイ語学習。

  ・復習小テスト(12の月) 全問正解
  ・新出単語 確認
  ・まだ~
  ・~していない、しなかった(する機会がなかった)
  ・~しましたか?まだですか?
  ・いつ
  ・たった1~だけ
  ・同じ~
  ・もし~なら


中間テストが明けて、
今日から授業もタイ語中心で進行展開されるようになりました。

このことは最初の授業のオリエンテーションでの約束事項。

やっぱりそうですか・・・といった感じ。

とはいえやっぱりこちらはついつい日本語で話してしまうことも。

そうすると先生は、

「アライ?」(何?)

と言って日本語分かるのに芝居をしてすっとぼけるんですよ。



言葉は使ってナンボ。

使うことで身に付きます。

英語と多少チャンポンになっても、

ルー語みたいな使い方になっても、

パヤヤーム プゥーッ パーサータイすることがインポータントなんです。



・・・こんな感じです。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-11 23:10