2009年 04月 11日 ( 2 )
全体自己紹介
午後は写真撮影と自己紹介。

写真は公用パスポートなどの身分証明書や
ビザなどの申請書類のため当然必要となります。


写真撮影の傍らで1人ずつ壇上に立ち、
ボランティア訓練生全員の前で自己紹介を行うことになりました。

持ち時間は35秒。

自分の自己紹介は・・・その時間制限を逆手にとって大いに盛り上がってくれました。
面白い!うまい!と大好評!

へへっ! してやったり。


総勢191名の自己紹介が約2時間半ずっと行われるのだが、
個性あるそれぞれの自己紹介スピーチに引き込まれて
少しも退屈ではなかったです。

それどころか、みなさんしっかりオチを作っていたり、
関西人の独特の笑いサービス精神などに感銘。


この日の課業終了後、生活班15人で懇親会に出かけました。

こういう場だとやはりみんな一気に自分を曝け出す。

お互いの意外な本性を知ったり知られたり。
より親近感を持つためにメンバー内でそれぞれのニックネームをつくり、
名前でなくニックネームで呼ぼうという方針もあったり。

生活班メンバーの結束が高まるとやはり訓練生活も楽しくなりますね。


たぶんどこの生活班も同じことを言っていると思いますが、
自分の班は楽しくていい班ですよ~。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-11 23:38
土曜日も課業日
f0204561_2348086.jpg今までの学校生活であれば土日の週休2日なんですが、
ここでの訓練生活においては休日は日曜のみ。

したがって土曜日もフル課業日。


ほぼ毎回のように行われるという小テスト。
1つ凡ミスがあり、96点。

限られた期間内での語学研修ということもあり、
こちらの予想をかなり上回るほどの進度で授業が進む。

しかし、こちらがまだ十分に理解できていないときには
先生に「まだよく分からないからもう1度」と訴えれば、
みんなが理解に至るまで何度でもじっくり指導してくれるようです。

「聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥」

しかも知らないことが当たり前だから、聞くことは恥でもなんでもない。

先生も喜んでじっくり対応してくれる。
知ったかぶりは損をする。

それでも1日基本5時間の語学授業の中では
かなり進み、1日当たりの学習内容も多い。

しっかり復習して1つ1つ学習事項を確認して、
その日その日に対応していかなければならない。


・・・なんて。
言うのはカンタンだか、
実際できるかどうかは・・・

とってもムズガシイ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-04-11 22:28