タイガーキングダム
f0204561_2037356.jpgチェンマイ市内の自宅アパートから15キロほど。

自分が2年近くボランティア活動をしていた配属先を中間地点に通過するところにある
「虎の王国」ことタイガーキングダムに乗り込む。


トラというと
「猛獣」をイメージするが
そんなトラとこれでもかと触れ合うことができる
というのがウリのトラ専用アニマルパーク。

f0204561_20511152.jpg自分自身、トラに触れるのは初体験。

にもかかわらず
妙に怖いもの知らずでいきなりかなり大胆な自分。

実際、間近に近寄って触れ合ってみると
コワイどころが実にカワイイでないか。


クンクンと匂いを嗅いでみると
トラの匂いがする。

うーん、その匂いを例えるなら
使い古した毛布をお日さまいっぱいに干したような匂い。




f0204561_20524589.jpg超至近距離から見たトラは感動的な美しさ。

トラ柄模様の鮮美さ。
毛並みのよさ。
金色に潤う瞳。
耳の後ろのおしゃれな白い斑点。
気持ちよいさわり心地。

などなど。



f0204561_2054024.jpgかなり成長したデカいトラも
おとなしく人に慣れている。

なぜ襲わないのか不思議なくらい。

生まれながらに檻の中での生活で
全く野性味を取り除かれてしまったのか。


こっちの触れ合いたい気持ちなんて知ったこっちゃないのか
気まぐれに自分の元から離れ
飄々とどこかへと行ってしまうところは
いかにもネコと同じ仲間なんだなと思わせる。



f0204561_20543218.jpgとりあえず
でかいトラと一緒にガオーッ!


ガオーッ! ガオーッ!


ガオーッ!




f0204561_20554275.jpg一見するとでかい猫のように見えるタイガーキングダムのトラも
ふと仲間同士でじゃれ合いケンカするときの殺気は
さすがに猛獣を思わせる迫力。


プールの中でバシャバシャじゃれ合うトラたち。

暴れる2匹のトラが飛ばす水しぶきに
傍でカメラを構えていた自分はびしょ濡れ。
隣で自分を案内していた係員さんはもっとずぶ濡れ。



f0204561_2115562.jpg15分間の観光客への接客業を繰り返すトラたち。

  大型トラ(15分間) 420バーツ(約1200円)
  中型トラ(15分間) 420バーツ(約1200円)
  小型トラ(15分間) 520バーツ(約1500円)
  ちびトラ(10分間) 520バーツ(約1500円)
                            (他に様々なお得なセット価格あり)

時給換算するとかなりの高給な接客業のトラたちだが
檻の中で次から次へと観光客への接待をして
かなりのストレスを抱えて
いっそのことガブリッ!とやってしまいたくなることもあるかもしれない。


f0204561_2121872.jpgそれならせめて
自分に割り当てられた15分は
こんなふうにゆっくりまったりだらーんと
穏やかに寝そべっているのも悪くなかろう。


ぐたーっとしているトラさんと
一緒にお日さまにあたりながらお昼寝。

無防備にお腹をひれ返して
なかよしふたりで添い寝。




f0204561_213261.jpgさてタイガーキングダムまでのアクセスだが
市内から15キロ以上離れた外国人向けのテーマパークということもあって

市内から路線ソンテウで往復30バーツ(約90円程度)
ソンテウをチャーター 交渉次第 往復400バーツから(約1200円程度から)
トゥクトゥクをチャーター 交渉次第 往復250バーツから(約750円)
レンタルバイク 200バーツ(約600円)
その他タクシーやツアーバス

で行くのがほとんど。

駐車場を見渡すとトゥクトゥク、ソンテウやタクシーやツアーバス、あるいはバイクだらけ。

その中にたった1台の自転車。

そう、自分の自転車。

周囲の人も自転車を乗る自分にまさか的な視線をくれる。

完全に周りから浮いている青年海外協力隊。
しかし
これが青年海外協力隊。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-03-13 02:35


<< 涙のソムタム 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) >>