ギター復興
f0204561_9521730.jpg一時は自分の中でセンセーショナルを起こすマイブームとなったギター。
(過去記事:『ギターに食指』 『ギター初心者の指導』参照)

ギターも購入して毎日のように練習に明け暮れたころもあった。
(過去記事:『ギター購入』参照)


楽器に関してはとても不器用な自分にしては
そこそこの腕前が上達したものだが

気付いてみると今ではすっかり
ギターは部屋のインテリアとしての存在を誇っている。



f0204561_9535190.jpg眠ったままのギターを起こすためにも
活動先施設チェンマイ少年の家に持って行くことに。


活動先でギターを練習していると
興味津々に引き寄せられる子どもたち。


初めてギターに触るような子どもたち。
自分の目から見てもとても筋があるとは言えないほどだけど

興味を持ったことをやってみる

というのはよいこと。



f0204561_9542372.jpg自分から教わった数少ないギターの知識を
お互いに共有し合う子どもたち。

下手クソなりに
ギターの弦を弾いて歌を歌う子どもたち。

手探りをしながら
ギターの奏でる音を確認し合う子どもたち。

俺のギターを聴けとばかりにひょっこり現れて
弾き語りを披露する守衛さん。


f0204561_9573362.jpgギターを弾くことにまつわる子どもたちの
一生懸命な姿をみると

自分の部屋でインテリアとして眠っているよりも
あるいは自分だけが練習するよりも

この活動先でいろいろな人にギターを弾いてもらう方が
ギターのためにも子どもたちのためにも
とてもよいことなんじゃないかなと思いつつ。


と美談を語って
自分の三日坊主ぶりを正当化しようとしてみる。

そんな錆びついたギターの腕前をリハビリするためにも
ギターの練習を復活させなければ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-02-10 22:47


<< 見極める観察眼と駆け引きのチカラ 腕相撲 絶対に負けられない闘い >>