バスガス爆発 バスガス爆発 バスガス爆発
f0204561_9435298.jpgタイでは庶民の足としてバスがよく利用される。
がしかし
長距離バスと言えども
バスの故障に遭遇してしまうことも少なくない。

今回はそんな話。


日本語キャンプが行われるムクダハーンへ
チェンマイからバスを乗り継いで向かう。

チェンマイからムクダハーンまで直行便はなく
コンケンという都市を経由して行く。


そのチェンマイ-コンケンまでのバス。
発進したバスのエンジン音がやけにふかし気味なので
なんだか嫌な予感が胸に去来。

深夜にガソリンスタンドでいったん停車し
今さらながらエンジン整備して再出発。

でも結局
翌朝には力尽きて無念のストップ。


f0204561_9451998.jpg後続のバスがやってくるのを待つ。

30分ほどでやって来たはいいが
乗車率200%で座るところがなく
ギュウギュウ詰めで根性で立ち続ける。

次第にバスの中が空いてきて
やっと座れると思ったが
ちっちゃな子どもが自分の隣で立っていて

さすがに悩んだ。

3時間以上立ち続けていて
ようやく確保した座席。

泣く泣く譲る。

結局
出発地チェンマイから経由地コンケンまで
定刻なら12時間のところ
5時間遅延の17時間かけて到着。


f0204561_946975.jpgさらに
経由地コンケンから目的地ムクダハーンまでのバスで
バスターミナルを出発するというところで
いきなりストップ。

バスを乗り換える。

やれやれやっと出発かと思いきや
1時間ほど走ったところでまたもやストップ。

またバスを乗り換える。


そして
この乗り換えによって座席を失うことに。

またもや長距離バスで立ち続ける状況に。
足腰の鍛錬にはもってこいだ。


そんなこんなで
経由地コンケンから目的地ムクダハーンまで
定刻から1時間遅延の5時間かけて到着。


実にチェンマイからムクダハーンまで総行程
3回のバスの故障による乗り換え
27時間(バス搭乗22時間)の長旅。


めったにできる体験ではないね。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-29 00:17


<< 日本語キャンプ@ムクダハーン 苦言を呈する >>