金持ちジャンケン 銀行係
f0204561_18395887.jpg子どもたちと金持ちジャンケンゲーム。

紙幣に見立てた新聞紙を手にして
2人1組でペアを組んで協力して
ジャンケンで勝って所持金を稼いでいくゲーム。
(詳細記事:『金持ちジャンケン』 『握手で宣戦布告』参照)


子どもたちの中でも人気の高い活動の1つで
多くの子どもたちがこぞって参加する。

参加人数が多くなってくると
紙幣に見立てた新聞紙5枚ずつを
それぞれの子どもたちに配る作業に
手間と時間がかかってしまううれしい悲鳴。

そこで誰か子どもにこの役割をしてくれないかと企てたとき
子どもたちの中から率先して手を挙げる立候補者続出。


f0204561_18374776.jpg金持ちジャンケンゲームの重要アイテムである
紙幣を取り扱う銀行係として活動に貢献。

ズルして枚数のごまかしなど横領事件が起こらないように注視しつつも
彼らの仕事ぶりを見るにつれてしっかり任せることができた。

役割をもらい
その責任を担おうとして懸命な子どもたち。
うれしそうでいきいきしている。

役割を責任もって担っていくことは大事なこと。
(過去記事:『役割』参照)

役割を任せられることは信頼の証であり、
だからこそこのように
誰かから信用され頼りにされると感じることは
自己肯定感や自立心を使っていくことにどれほどの強みになるだろうか。

子どもたちに限らず大人だって
誰しも誰かの役に立ちたいと思っているはず。

自分の存在意義を感じるし
そのことで社会は成り立っていくのだろうと。
[PR]
by satoshi_0813 | 2011-01-22 22:32


<< ペットボトルボウリング 別れはいつも忽然と >>