残り3カ月の誓い
f0204561_14404157.jpgフラッシュ百まい計算を取り組む彼。

毎日夕食後の食堂に残って
1回2回ほどフラッシュ百ます足し算を取り組むのが習慣になる。

「継続は力なり」と言うように
毎日反復して取り組んでいるので
著しく進歩を見せてくれる。

しかしさすがに壁にぶつかり
伸び悩みを見せる。

念願のフラッシュ百まい足し算のタイム2分切りを
あともう少しというところで立ち往生。

お互いにため息をつく。


そんな膠着した状況を打破しようと起爆剤とばかりに言ってみた。
「自分がここにいるものあと3カ月。
 それまでにはタイムが2分切れるように毎日がんばろうな。」

この言葉を耳にすると
ふと宙を見上げて考える彼。

そして
「できるまでがんばってみるよ。」と誓いの言葉。

ここまで付き合いが長くなると
言葉がなくても何を考えているか理解できる。

フラッシュ百まい足し算のタイムが2分切れるかの算用していたというより
自分とあと過ごせるのが残り3カ月になってしまったのかと
感慨にふけているように映る。


残り3カ月。
彼はきっとフラッシュ百まい足し算のタイムを2分切る。
彼自身が自分に誓ったのだから
自分もここに宣言する。

そうでなければ
とっておきの切り札の言葉は彼にはあげなかっただろうから。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-21 22:33


<< ボランティア報告書 第4号 ムクダハーンマラソン >>