切り紙特別講座
f0204561_024478.jpg子どもたちと切り紙の活動をしていたときに
(過去記事:『切り紙』参照)
そこを偶然通りかかった食堂のおばちゃん。

自分が子どもたちと何をしているのか興味を惹かれ
子どもたちがはさみで切り入れた切り紙の模様を見ると
「まぁ、キレイ。」と感嘆の声。

またあとで自分にも切り紙を教えてほしいと自分に尋ねるが
半ば社交辞令的なものだろうと受け取っていた自分。

が、しかし
食堂のおばちゃんは本気だった。


f0204561_0244798.jpgボーっとしながら食後の歯みがきをしていると
自前のはさみと紙を持ち出して
「それじゃぁ、さっそく。」
みたいな感じでテーブルに座ってスタンバイ。

慌てて歯みがきを済ませ
食堂のおばちゃんに切り紙の特別講座。

こちらのはさみの方がよく切れると思いますよ。
こちらの折り紙の方が出来上がりがキレイだと思いますよ。

そう言って自分のはさみと折り紙を渡すと
うれしそうな照れ笑いを見せる。


f0204561_0252716.jpg模様を象る切り口を書き入れるペンの軌道。
その切り口にはさみを入れ流す動作。

ぎこちなく映るけど
ひとつひとつがゆっくり丁寧にココロを込めているよう。

出来上がりの切り紙を開くと
やさしい食堂のおばちゃんの笑顔の華も開いたのでした。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-12-07 23:02


<< 脚を失った椅子 カレン首長族に会いに >>