帰り際の中学数学
f0204561_3175931.jpg子どもたちとの1日の活動を終え
もはや日課となりつつあるランニングで疲れ切ったカラダを労わろうと
ストレッチやら水分補給やらでのんびり構えながら
そろそろ自宅に帰ろうかと考えていると

ひとりの子どもに引き留められる。

数学の宿題を手伝ってほしいと請う中学3年生。


小学生の宿題については
外部からチェンマイの女子大学生がボランティアとして
名目上は学習支援をしてもらえているようなので

自分はそれとは別に
たまに子どもたちから個別に要望があれば引き受けるような
個別オン・デマンド方式で対応している。


今回の宿題の内容は一次関数。
座標上の2点をもとに一次関数の式とグラフを求めるもの。

傾き、切片、座標、代入法、連立方程式・・・。
懐かしい記憶を呼び起こし
昔取った杵柄で学習指導。
幸いまだ錆びついていないよう。


f0204561_328575.jpgというわけで
最初の設問は説明を交えながら
自分主導でひと通りの解法パターンを示す。

ふむふむ、なるほど。
と子どもが解法を消化したところで
残りの問題は見ていてあげるからやってみてごらん。
といった感じで。

設問パターンが変わるたびにこの方式で
次々と練習問題をこなしていく。

足元に蚊の集中攻撃に遭おうとも
帰宅時間がはるかに遅くなろうとも
子どもが宿題に取りかかって正しい解法を導く術を身につけてくれるのなら
そんなこと知ったこっちゃない。


なるほど、分かった。
あとは自分でやってみるよ。
と清々しい顔を見せてようやく解放してもらえる。

女子大学生の学習ボランティアに教えてもらうのではなく
あえて自分を選んだ彼は
なかなかホンモノを見極める眼を持っているのか。
なんて思ってみる自分。

子どもたちから数学ができてスゴイと褒められるが
この自分を見くびってはイカンよ。
と言いながらも
数学は中学程度まででお願いしたい。

高校数学になるとカンペキお手上げ。

微分積分  Σ(シグマ)  数列  漸化式  ベクトル  虚数  三角関数  指数関数  対数関数  ・・・・・。

なんかこういうコトバあったようなおぼろげな記憶だけ。

脳裏によぎっただけで
アタマがパァーーーンッ!てなりそう。

ああ、一次関数程度で面目保ててよかったよかった。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-26 23:45


<< 切り紙 パズル >>