ひざ枕
f0204561_2242175.jpg子どもたちとの活動の合間
お互いに少し疲れたので一緒に一息リラックスタイム。

適当にそこら辺りで腰かけて
子どもたちといつものように他愛のない話をする。

そこへひとりの子どもが自分のところへ潜り込み
ひざの上にチョコンと寝そべる。

この活動先チェンマイ少年の家の子どもたちの中には
甘えを乞うようにスキンシップを求めるように
自分の背中や腕にしがみついてくることがしばしば。

親元を離れている子どもたちにとってはその気持ちがなお強いだろう。


そう思いながら
さあ、そろそろ・・・
と活動の続きを再開しようかとよっこいしょと腰を上げようと思い
ひざで寝そべっている子どもの様子を窺うと

いつの間にかスヤスヤと気持ちよさそうに眠りの中。

身動きするのを躊躇する自分。
続きはまだかと急かす子どもたち。
人さし指を立てて口の前につけて苦笑いの自分。

今回もう少しだけ休憩時間を延ばしてあげることにしよう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-11-04 22:41


<< シャツを引っ張るのは誰? 独創性 >>