メークローン 列車市場
f0204561_22455013.jpgバンコクから西へ車で1時間いったところ
メークローンへ。

途中下車の地だったので
危うく乗り過ごすところだった。

線路沿いにはみ出している市場で有名な地。

一見すると狭い路地にできた市場に見えるが
実はよくよく見ると分かるように
線路まで露店がはみ出している。

それら露店のほとんどが
レールぎりぎりまで商品を並べ広げており、
線路は完全に市場に飲み込まれてしまっている。

まさに線路を占拠している「ゲリラ市場」。


f0204561_22474435.jpgこうやって素知らぬ顔でジワリジワリとよそ者の陣地(タイ国鉄所有地)に
踏み入れていくあたりはいかにもタイらしいし
それをよしとして排除しないタイ国鉄もまたタイらしいし
さらにそのことを観光の目玉としてしまうあたりが
まさにタイである。


どこからともなくプワァァーンと警笛が鳴る。

列車がやって来る。

ディーゼル車両がこちらに向かってくるのが見える。


列車がやってきて
いよいよここ名物である露店の撤収風景が繰り広げられる。


f0204561_22494642.jpg列車が通るとなると
一斉に露店の人たちは地面に広げてあった商品をせわしなく片づけ
日除けテントをバタバタたたみ始める。

それでも商品はレールのギリギリまで置いたまま。
列車に踏み潰されないか心配してしまうほど。

そして列車がすれすれ通るスペースをこしらえて
そこを列車がゆっくりと走り抜ける。

本来は当然列車の通るためのレールであるはずなのに
申し訳なさそうに遠慮しがちにゆっくりゆっくり。

列車が通過しきると
日除けテントをバタバタと広げ直し
商品を並べ直し
まるで何事もなかったかのように。


f0204561_22511743.jpg名付けるなら「トレイン・マーケット(列車市場)」

前に言及した「ゲリラ市場」よりかは幾分訊こえはよいだろう。

1日4本の運行だから
列車の往来に対応できるだろうが
日本のように1時間に何本も運行していたら
商売どころではない。

いろいろな意味でタイらしさが覗える光景である。




[PR]
by satoshi_0813 | 2010-10-25 22:44


<< アンパワー水上マーケット<宵のころ> アユタヤ遺跡を巡る その4 >>