アユタヤ遺跡を巡る その3
f0204561_9312390.jpg古都アユタヤの遺跡を巡る旅。
前記事『アユタヤ遺跡を巡る その2』の続き。



ワット・プー・カオ・トーン遺跡。


日本語に訳すると「黄金色の山」寺院という名にふさわしく
アユタヤ北西の水田地帯に秀峰のごとく高くそびえ立つ。

ひときわ目を引く高い仏塔からは
アユタヤ郊外の田園風景が一望。

もはや恒例となった座禅のポーズ。



f0204561_9315165.jpg夕暮れが近づき
アユタヤ遺跡のサンセットをどこから眺めるか写真スポットを探る。

夕日が沈むのはあっという間だから
一刻の猶予も許されない。

急げ、急げ。


そして
1つの場所に落ち着く。


f0204561_9322233.jpgチャオプラヤー川支流の対岸
ワット・プー・カオ・トーン遺跡に落ちる夕日。

あいにく厚い雲が夕日を遮るが
それでも負けじと赤焼けた夕日は
空を焦がし、雲を焦がし、川面を焦がし
遺跡の情緒あふれる風景を赤く赤く染める。




f0204561_9325010.jpg日も沈み夜暗くなると
アユタヤ遺跡は昼間とは別の顔を見せる。

暗闇が遺跡を支配すると
遺跡周辺の往来はぱったりと途絶え
神聖な静寂がかえって騒々しく感じる。

暗闇に浮かぶライトアップされた
ワット・プラ・シー・サンペット遺跡。

まるで黄金色に輝いているようで
神々しい幽玄さを感じる。



f0204561_9331899.jpgワット・プラ・ラーム遺跡。

日中訪れたときには
ほとりからの優美な遺跡の姿に心が動いたが
黒いスクリーンにライトを浴びて浮かぶその姿も
昼間の明るいときとはまた違う趣きを感じる一興。

といった幻想的な夜のアユタヤ遺跡の世界。



というわけで
『アユタヤ遺跡を巡る その4』に続く・・・。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-10-23 23:03


<< アユタヤ遺跡を巡る その4 アユタヤ遺跡を巡る その2 >>