カンタン便利な折り紙エコ箱づくり
f0204561_9303270.jpg子どもたちと一緒に折り紙。

折り紙活動のねらいは
楽しく折り紙をすることを通して
 1:丁寧に取り組む姿勢を身につけるとともに
 2:指示や説明をしっかり聞いて理解すること


自分と子どもたちが折り紙で最も多く作っているのは
「箱」づくり。
(過去記事参照:『折り紙 箱づくり』

日本でも広告や新聞紙を使って
エコで日常に役立つちょっとしたゴミ箱に使っていた代物。


f0204561_9312449.jpg自分の折り紙のレパートリーの乏しさも手伝って
折り紙の活動のときには
かなりの頻度でこの箱づくりをしているので
子どもたちの中にはそろそろ作り方をマスターしつつある子どもも出てきそう。

生活にもなにかといろいろな場面で役に立つ折り紙なので
この箱の作り方を覚えておいて損はないだろう。

しかしこの子どもたち
作っているのは「箱」のはずだったのに
出来上がったら「帽子」になっているから。
ちょうど子どもたちの頭にスッポリ納まる大きさだから。

ちなみにこの箱づくりに使う紙は
日本から送られる地元の県の広報機関誌だったり
JICA事務所から送られる情報誌「クロスロード」や「JICA WORLD」だったり。
もちろん、ふむふむと熟読済みのものを再利用させてもらって。

とことんエコな折り紙というわけで。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-10-21 22:26


<< カンチャナブリ クウェー川鉄橋 ペア対戦式ペットボトルのキャップ積み >>