バスケットゴール移転
f0204561_220473.jpgHIVの子どもたちの寄宿舎が新築移転。
(過去記事『新しい寄宿舎 完成』参照)

その寄宿舎にほどよいスペース。


子どもたちが自分に言ってきた。

「バスケットゴールをここに移して
 ここをバスケットコートにしてみるのはどうか」


おっ!
いいんじゃないか?

それを聞いてうれしかったのは
子どもたちがバスケットのためにアイディアを考えてくれたこと。

そして何よりも
その子どもが自分にそのアイディアを提案してくれたこと。


よし!

思い立ったが吉日。
子どもたちのの意気を素直に買った。

さっそくやってみた。

いつもの場所に鎮座していたバスケットゴール。

いざ動かそうと思うと
やけに重たい。

f0204561_2213959.jpgそこらにいた子どもたちみんなで移転作業。
こういうときの子どもたちの協力は頼もしい。

今日からここが新しいバスケットコート。

1年前は活動先の誰ひとりとして
バスケする子どもはいなかったところからのスタート。

それが今では少しずつフットサルを追い越そうとしている勢いすら感じる。

これがきっかけで
子どもたちのバスケ熱が一段と広まるかな。

そんな予感と期待を抱く。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-09-16 22:17


<< 数字の「5」の意味 どしゃ降り「水の都」チェンマイ >>