タイでの2回目の誕生日
タイで迎えた2回目の誕生日。
(去年の誕生日:『大台到達の誕生日』

年齢的にも自信を持って若いとは言い切れず
そろそろオッサンというのにも開き直り始めてきた年齢。

タイで取った年齢2つ分は
日本では換算されなければいいのに
なんて無駄な抵抗的な考え。

日々のボランティア活動のこともいろいろ考えるけど
ぼちぼち帰国後のことも気になりまくってくる。

年齢的にも
この2、3年から5年の身の振りようが
これからの自分の人生にも大きくかかわる重大な時期だろうと
我ながらひしひしと感じる。

いろいろと進むべき道や選択肢があるだけに逆に悩ましい。

若者とオッサンの狭間で揺れ動く激動のお年頃。

さて、どーしようか。
いよいよ考えないとね。

いい年齢になっているのに未だ青臭さが抜けていな感ありあり。

数字上の年齢に全く追いついていない自分。
毎年年齢を重ねるごとにその差が広げられていく。

やばい、やばい。
いつまでたってもコドモなオッサンになりそう。

ま、それはそれで、それでもいいか
と思ってる自分に甘い自分。


いずれにしても
自分の道は自分で切り拓く。

自分で考えて
自分で選択して
自分で決断する。

一方で世界には
貧困のため
飢餓のため
病気のため
紛争のため
その他いろいろな自分ではどうしようもない要因のせいで
自分で自分の道を切り拓くことができたい人たちがいる。


ほとんど制限されることなく自己選択・自己決断できる自分は
きっと恵まれているんだろうな。

どの道に進もうとも自分の人生。
精一杯生きてやる。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-08-13 05:15


<< 名前を書こう タイの母の日 >>