バスチケット紛失
f0204561_235348.jpg任国外旅行マレーシア。

マレーシアの旅程も消化し
あとは無事にチェンマイに帰るだけ。

コタキナバルの空港で帰りの行程をチェック。

Eチケットあるしもちろんパスポートもあるし。
よし、OK。

バンコクからチェンマイは夜行バスだから
バスのチケットは・・・

・・・ない。

バックバックの中とことん探したけど
やっぱりない。

やっちまったか。

バンコクからチェンマイへの道がとたんに暗雲たち込めてきた。

飛行機に乗りながらいろいろなケースを想定。
 <1>チケットなくてもなんとかバスに乗れて無事チェンマイに帰る
 <2>チケット買い直しで痛い出費でチェンマイに帰る
 <3>チケット買い直ししようにも売り切れてチェンマイ帰れず

もちろん希望は選択肢<1>

バンコク北バスターミナルに到着してカウンターに問合わせ。

「すみません。チケットなくしちゃいました。
今日の22:00発バンコク-チェンマイ間のバスで
名前は某で、座席は1Aをとっていると思います。」

と言うとカウンターの女性はパソコンで予約状況をチェックして
「身分を証明するものある?あっちでコピーして持ってきて。」

パスポートをコピーしてくると
その下の余白に名前、出発地及び到着地、出発時刻、座席番号、プラットホーム番号を記載して
「これをバスに乗るときに見せればOK」

意外にあっけなくなんとかなった。

言われる22:00発のバスに乗るべく待っていたのだが
バスの運行が全体的に30分遅れになっていたせいもあって
プラットホームはドタバタ。

そんな中自分が乗るように指示されたのは21:45分発のバス。

「これ22:00発のバスじゃないですよね」と確認したが
なんだかよく分からずこれに乗って行きなさいとプラットホームスタッフに乗せられた。

まあ、いいか。(←いや、いいのか?)

すでにバスが出発してしまったので
ヘタにとやかく問い詰めると今度は強制降車ということもありえなくもないので
とりあえずひたすら黙って気配を消すことに専念。

なんやかんやでなんとかチェンマイに帰る。


テンパりそうになるときには
おまじないの言葉。

「楽勝、楽勝。余裕、余裕。何とかなるって。」
と半ば強制的に前向き思考。

往々にして自分がイメージした結果になるから。
失敗を考えると結果もおのずと失敗になる。
だからうまくいくことを考えることだけでもアドバンテージ。

これ、意外に効くみたい。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-08-09 08:44


<< 地図を広げて サピ島ビーチアトラクション >>