ボルネオ熱帯雨林ジャングルクルーズ
f0204561_0595693.jpg任国外旅行マレーシア。

ボルネオ島サバ州コタキナバルでジャングルクルーズ。

熱帯のジャングルが広がるボルネオ島には
豊かな自然が作り出した未知の世界が広がっている。

固有種や絶滅の危機に瀕しているものも多く
希少動物の宝庫と知られている。

広い地球にボルネオ島だけに生息するテングザルを見に行く。

f0204561_122935.jpgテングザルは
オスは大きく垂れ下がった鼻を
メスと子どもは少し下を向いた鼻を持ち
太鼓腹が特徴のサル。

このテングザルも絶滅危惧種。

ボートに乗りながら
うっそうと茂るマングローブやアブラヤシをかきわけ進む。

ガイドが指差す方に
次々とテングザル発見!

f0204561_142234.jpgでも
遠すぎてかろうじて茶色の物陰が分かる程度。

自分が持ち合わせている標準レンズでは
とてもではないが太刀打ちできなかった。

こういうときに強力な望遠レンズが欲しくなる。

満足のいく写真をおさめることができず残念。

そして嘲笑うかのようにポツポツ雨に降られる。


f0204561_1144610.jpg今回のジャングルクルーズで一番間近に見られたのは
このカニクイザル。

クルージングの前の小休憩に自分たちの前に姿を現し
ときに自分たちの食事を強奪してくるなんとも悪ガキなサル。

まだ子どもが食べてる途中でしょがぁ!

それ以上に他の観光客!
カニクイザルに食べものをあげちゃだめって言われたでしょうがぁ!
それだからサルも調子に乗っちゃうんでしょうがぁ!


悪いのはこのサルの悪態を助長している愚かな人間の方か。


ムキーーッ!
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-08-05 22:28


<< マレーシア環境教育プログラムの... マレーシア少数民族文化に触れる >>