いいこと。
f0204561_1883459.jpgいつものように活動先からの帰り道。(過去記事『明日へ続く帰路』参照)

「何かいいことないかなぁ~」

というのが口癖になりつつある最近。


あーだこーだ考えながら自転車をこいで
自宅に向かっている先

クアンシン交差点の信号で止まっていると
親子みたいな女性ふたりが
ちょっと困ったような雰囲気で
自分に歩き寄ってきて訊いてきた。

信号待ちしていたのは自分の他にたくさんいたのに

人がよさそうに見えたのか
他のタイ人と雰囲気違ってちょっと浮いて見えたのか

なぜか自分に。


ふたりの話を聞くと
「タニン市場に行きたいのだが、どこにあるのか」

つまり
彼らは道に迷ってたわけで

自分にとって庭のような場所なので
一緒についていって案内する。

とても喜んでくれた。

「あ~、いいことしたなぁ」
と自分の心がほっこりした。

で、直後ふと気付いた。


 いいこと。


「何かいいことないかなぁ」と思っていた自分は
「いいこと」が誰かから自分に施されることばかりしか考えていなかったのではないかと。

「いいこと」を自分から誰かに施すことも
まぎれもなく「いいこと」

他の人に「いいこと」を施すことで
こんなふうに自分の心の中にほっこりした気持ちが生まれることが
自分にとって「いいこと」になる。

ちょっと気持ちに余裕が少なくなって求めることばかり考えていて
こういう大切なことを見失いかけていた。

あの親子ふたりは
自分にその見失いかけていた大切なことを気付かせてくれた。

出会いは必然。

この親子との出会いは
今の自分に必要でタイムリーな出会いだったのだろう。


  いいこと。


「何かいいことないかなぁ」と
施されることをアテにして指をくわえて待ちぼうけしているだけより

「何かいいことできないかな」と
自分が施すことを考えていく方が素晴らしい。

それが世のため人のため、そして自分のためになる。


そう考える生き方をしていきたい。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-30 22:12


<< マレーシア任国外旅行へ ちびっこ赤シャツ隊 >>