難民キャンプの子どもたちとの交流
f0204561_1302493.jpgカレン族メラ難民キャンプの子どもたちと交流の場。

即興でそれぞれの歌を披露。

子どもたちの合唱(おそらく讃美歌)のクオリティーの高さに感嘆!

もちろん歌詞は全く理解できないが
子どもたちから発する魂めいたものが
自分の全身に向かってくるように感じた。

歌の力は凄まじい!

それに対してこちら側は
「上を向いて歩こう」を即興披露。
やはりもっと準備しておけばよかったか。


f0204561_136317.jpgその後お互いに自己紹介をしたり質問し合ったり
ざっくばらんなおしゃべりの場。

日常はカレン語を話すカレン族の子どもたちは
日本語はもちろんタイ語も英語も全く理解できないのがほとんど。

そんな子どもたちの中に英語が話せる
英語は話せる子がいたのが大きかった。

彼に英語で話しかけて彼がカレン語に通訳する。
すごい!かっこいい!

改めて英語は大切!
もっと勉強しよう。


f0204561_1305853.jpg外に出て「だるまさんがころんだ」を紹介して遊びの交流。

しかし
だるまさんがころんだのローカルルールの違いに
JOCVボランティア隊員同士が戸惑う場面も。

それでもなんだかんだでやってみると
大勢の子どもたちと楽しく大盛況。

その後も
なぜか自分が「ドラえもん」を歌いながら踊りながらというムチャ振りを受けたり
いろいろと子どもたちとの交流は続き
お互いに楽しい時間を過ごすことができた。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-25 23:41


<< 難民キャンプ笑顔のある風景 難民キャンプ古着支援 >>