難民キャンプ古着支援
f0204561_1104916.jpgタイ派遣の青年海外協力隊員は平成18年度1次隊から有志によって
ミャンマー難民キャンプへの古着支援を続けている。

ミャンマー軍事政府からの迫害を受けて
まさに着の身着のまま難民キャンプへ避難して生活する難民にとって
衣類は必要不可欠な日用品の1つであるという。

特に避難して間もない人たちや
成長のためにすぐに服のサイズが変わる子どもたちは
古着を必要としているらしい。

ということで
今回自分も使い古したTシャツを3着ほど
他のJOCVボランティア隊員もそれぞれ持ち寄って
難民キャンプの子どもたちに渡した。

自分の活動先の子どもたちも
少なからず古着は必要としていると思いながらも。

難民キャンプで生活している子どもたちの数からしたら
ごくわずか焼け石に水かもしれないが
これらが少しでも彼らの生活に役に立てば。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-25 23:16


<< 難民キャンプの子どもたちとの交流 カレン族メラ難民キャンプ概要 >>